PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

毎年恒例のコンサート、今年は「炎の7番」を演奏します!

OBIC_20130606143408.jpg

オービック・スペシャル・コンサート2013 コバケンの「炎の7番」は、いよいよ本日本番です。

昨日行われた練習の模様をリポートしましたので、ご覧下さい!

画像 15362

今年の「オービック・スペシャル・コンサート」のプログラムは、
ロッシーニ/歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲、チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番、ベートーヴェン/交響曲 第7番という魅力的なもの。

画像 15371

チラシには、コバケンの「炎の7番」と謳ってあります。
コバケンさんが指揮すると、チャイコフスキーもマーラーも、ドボルザークもブラームスもベルリオーズもすべて炎のような熱い演奏になるのですが、とりわけベートーヴェンの交響曲第7番はリズムが際立つ曲で、マエストロが絶対の自信をお持ちの曲なのです。
前日練習でも第1楽章冒頭から他の指揮者との違いを実感しました。

画像 15363

リストが「リズムの神化」、ワーグナーが「舞踏の聖化」と呼んだとされるベートーヴェンの7番は、リズムの交響曲ですね。
「のだめ」で有名になり演奏機会が飛躍的に増えた曲ですが、やはり凄い曲です。
聴いていてじっとしていられないような昂揚感を覚えます。

コバケンの「炎の7番」、ぜひ皆さまにはライブで聴いて頂きたい!
練習を見ていてそう思いました。

画像 15376

コンサート前半では、マエストロが最も得意とするチャイコフスキーの大曲、ピアノ協奏曲第1番を演奏致します。
ソリストは、マエストロの愛娘にして共演実績の多いパートナー、小林亜矢乃さん。

画像 15373

先日、チャイコフスキーのピアノ協奏曲についてお伺いしたところ、

「大変ロマンチシズムにあふれていて、またピアニズムのあらゆる技巧を尽くした表現が前面に押し出されていますので、気づきにくかったのですが、私にとってはある意味、大変古典的な曲だと思っています。 チャイコフスキーの大河のようなロマンの中で、演奏していくうちに古典に帰らざるを得ませんでした。 全ての曲は古典に帰るといいますが、私にとってはこの曲ほどそこを意識させられたことはありませんでした。」

その上で、

「豪華絢爛、独特の哀愁をかねそなえ、ピアノの超絶技巧はもちろんですが、オケとの兼ね合い、あらゆる要素の盛り込まれた曲だと思います。 CMにも使われているこの曲ですので、「あ、この曲知ってる!」ときっと思われると思います。
雄大で壮大なるこの曲、聴きどころ、見どころ満載です。是非お聴きください。」


と話していただきました。

画像 15382

マエストロにとっても小林亜矢乃さんにとっても特別なチャイコフスキーの協奏曲。
4本のホルンによる力強い歌い出しとピアノの強奏、それに続く弦楽器の奏でる哀愁を帯びたメロディで始まるこの協奏曲は、皆さまにとっても特別な曲だと思います。

ぜひ、音響の素晴らしいザ・シンフォニーホールでライブ演奏をお聴き下さい!
当日券は若干枚数ですが18時より発売致します。

画像 15366

そして、「オービック・スペシャル・コンサート」と言えば、お約束なのがアンコールの曲です。
毎回必ず最後を飾る曲は、決まって同じ。
今年もその曲が最後を飾る予定です。
その曲とは・・・

皆さまのご来場をザ・シンフォニーホールでお待ち申し上げております!

(広報:H.I)

オービック・スペシャル・コンサート2013
~ コバケンの 『炎の7番』 ~

日 時:6月12日(水)19時00分開演(18時00分開演)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:小林研一郎
独 奏:小林亜矢乃(ピアノ)
<プログラム>
ロッシーニ/歌劇「セヴィリアの理髪師」序曲
チャイコフスキー/ピアノ協奏曲 第1番 変ロ短調 作品23
ベートーヴェン/交響曲 第7番 イ長調 作品92
料金:A席5,000円 B席・C席完売
※当日券は若干枚数ですが、18時より発売いたします。
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

お問い合わせ:
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890

スポンサーサイト

| 演奏会 | 05:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT