PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ムジークフェストなら2013」、最後を飾るのは大阪フィルです!

現在、古都奈良では音楽があふれているそうですよ!

6月14日開幕の「ムジークフェストなら2013」は、世界遺産の社寺をはじめホテル・レストラン・大学・教会など、街全体をステージとして、6月30日(日)までの17日間、1300年の歴史を持つ万葉の古都がさまざまな音楽で彩られています。

20130614134901_00001.jpg

この音楽祭は、世界遺産・古都奈良ならではの魅力を生かした音楽祭を開催し、国内外から多くの出演者やお客さまが奈良に集うことで、人々の新たな交流を生み出すとともに文化による地域の振興を目指して、昨年6月に11日間の日程で初めて開催されたものです。
昨年のムジークフェストでは約3万8千人ものお客さまが音楽を楽しまれ、古都奈良の新しい魅力を満喫されました。
今年は期間も会場も出演者も大きくスケールアップ! 奈良のまちなか、西ノ京、学園前から飛鳥・橿原、信貴山まで、万葉の古都と音楽の魅力を県内各地でお楽しみいただける内容となっています。

「ムジークフェストなら」の公式サイトへはコチラからお入り下さい。


20130528172838_00001.jpg

大阪フィルは最終日の6月30日(日)のフィナーレを飾らせていただくこととなりました。

「大阪フィルハーモニー交響楽団&大友直人 DUO YKEDA プーランク 躍動のソワレ」 と題して、プーランク没後50年を記念してその代表作を大友直人さんの指揮、躍動感あふれる大フィルサウンドでお届けいたします。

今月23日に第1回目の練習が行われました。

画像 15523

練習場に登場された、手前から、指揮者・大友直人さんとDUO YKEDAの池田珠代さんとパトリック・ジグマノフスキーのお二人。

画像 15525

皆さま良くご存知の大友直人さんは現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団常任指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザーを務められています。
それ以外にも、2004年から2008年まで東京文化会館の初代音楽監督を務められたり、海外のオーケストラを指揮されたり、オペラにも力を入れられています。
今年1月には三枝茂彰の新作オペラ「KAMIKAZE―神風」世界初演を指揮し、話題になったばかりです。

このキャリアからも現在第一線で活躍されている様子がお判りいただけると思います。

大阪フィルとは朝比奈時代に、専任指揮者として指揮していただいたほど関係の強いマエストロなのです。
過去に遡ると、数え切れない回数大阪フィルを指揮していただいています。

画像 15518

今回のソリスト、DUO YKEDA(デュオ イケダ)のお二人。
パリ国立高等音楽院在学中に知り合ったお二人は、現在フランスで最も活躍するピアノ連弾DUOとして世界で活躍されています。
先のショパンイヤーでは、フランス・ポーランド両大使館主催のショパンイヤーオープニングコンサート招待アーチストに選ばれました。

画像 15519

DUO YKEDAのパトリック・ジグマノフスキーさん。
数々の国際コンクールに入賞したのをはじめ、ソロ、デュオで世界的な活動をされています。
今年の「ムジークフェストなら」では、DUO YKEDAとしてのリサイタルや、「エディット・ピアフのホームパーティーwithプーランク、ミヨー、オネゲル」と題したコンサートへ単独ピアニストとして参加されるなど、大忙しのご様子。

画像 15522

DUO YKEDAもう一人の池田珠代さん。
DUO YKEDAとして活動する傍ら、ソロピアニストとしてもご活躍です。

今回のプログラムはなんと思い切ったオール・プーランクです!
没後50年を記念してプーランクの代表作を取り上げる意欲的なプログラムです。
このプログラムはDUO YKEDAのお二人がおられるから実現しました!

ご主人のパトリック・ジグマノフスキーさんは「ピアノと18の楽器のための舞踏協奏曲『オーバード』」では、ソロで、「2台のピアノのためのコンチェルト」ではデュオで出演されます。

画像 15526

プーランクというとまず思い出すのが「フランス6人組」のメンバーだったということ。
この「フランス6人組」には、ルイ・デュレ、アルテュール・オネゲル、ダリウス・ミヨー、ジェルメーヌ・タイユフェール、ジョルジュ・オーリックとならんで、フランシス・プーランクの名前が登場しますが、
さて、このうち何人の作曲家をご存知ですか(笑)。

しかし、プーランクの作る曲はとても素敵です!

今回演奏する3曲はどれもプーランクの代表作ですが、「子象のババールの物語」はナレーション付きのピアノ曲として、ご存知かもしれませんね。

今回はピアノ版ではなく、ジャン・フランセがプーランクの許可を得て管弦楽版に書き換えたものを、ナレーション付きで演奏致します。

画像 15527

久々登場、大友マエストロの指揮は、華があり格好良すぎでついうっとりしてしまうほど。
大阪フィルのプーランク!
演奏機会の少ないプーランクの作品の魅力をマエストロはしっかり引き出して頂きました。

あまり馴染みがないというのは、新たな好奇心のトビラを開くチャンスです。
ぜひこの機会にプーランクの魅力に触れて下さい。

この練習、26日にも行われるので、もう1日練習の報告ブログを上げます!

「ムジークフェストなら」のトリを飾る大阪フィル「プーランク 躍動のソワレ」にご期待下さい。
チケットはなんと全席指定で2000円!
まだ余裕があるようですので、どうぞよろしくお願い致します。

(広報:H.I)

        ムジークフェストなら2013
大阪フィルハーモニー交響楽団&大友直人 DUO YKEDA プーランク
       ~躍動のソワレ~
日 時:6月30日(日)18:30開演(17:30開場)
会 場:奈良県文化会館 国際ホール
指 揮:大友 直人
独 奏:デュオ・イケダ(パトリック・ジグマノフスキー&池田珠代)
ナビゲーター:中田昌樹

<プログラム>
プーランク/音楽物語「仔象のババールの物語」
プーランク/二台のピアノのためのエレジー
プーランク/オーバード(ピアノと18の楽器のための舞踊協奏曲)
プーランク/二台のピアノと管弦楽のための協奏曲 ニ短調

料 金:¥2,000(全席指定)
※未就学児の入場はお断りさせていただきます。

お問い合わせ:奈良県文化会館 0742-23-8921

[チケット販売所]
・奈良県文化情報センター 0742-22-0200
・チケットぴあ 0570-02-9999 (Pコード:191-983)
・ローソンチケット 0570-084-005 (Lコード:55968)
・イープラス http://eplus.jp/
※大阪フィル・チケットセンターでのチケットのお取り扱いはございません。


スポンサーサイト

| 演奏会 | 22:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT