PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

井上道義さんの指揮で「中学生のための交響楽教室」開催!

大阪市が主催する「中学生のための交響楽教室」が今月2日にザ・シンフォニーホールで行なわれました。

これは、大阪市内の中学生に本物のオーケストラサウンドに触れてもらおうと大阪市が企画し、公募型プロポーザル方式により大阪フィルが事業者に選ばれたコンサート形式の音楽教室です。

今年は「井上道義とのぞく音楽の秘密」と題して、指揮者・井上道義さんが指揮とお話を担当。
名曲を分解演奏し、オーケストレーションの秘密を解説し、オーケストラサウンドの醍醐味を味わって頂こう!という魅力的な企画です。

001 (2)

「中学生のための交響楽教室」、コンサートマスターは渡辺美穂が務めます。
「女性ならコンサートミストレスではないの?」と聞かれることがありますが、大阪フィルではコンサートマスターで通しています。
コンマス渡辺美穂のチューニングが始まりました。
コチラがカメラを構えているのに気付き、笑顔で応えてくれました。

014_20130704030218.jpg

今回、指揮をして頂くのは井上道義さんです。

002 (2)

今回のプログラムは、ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)より、ラヴェル/スペイン狂詩曲より、指揮者体験コーナーでブラームス/ハンガリー舞曲第5番より、ラヴェル/「ボレロ」より、外山雄三/管弦楽のためのラプソディーです。

分解演奏をしたり、掻い摘んで演奏したりで、全曲を通す形での演奏にはなりませんが、
例えば「火の鳥」で言うと“序奏”は分解して各楽器が何をしているのかを聴いてもらおう!
“カッチェイ王の地獄の踊り”は迫力十分なので通して聴いてもらおう!
といったように、井上マエストロの中にはイメージが既に出来ているようです。

007_20130704030214.jpg

1stヴァイオリンが倍音を響かせるところでは、マエストロは代表してコンマス渡辺に普通に弾いた場合とハーモニクス(フラジオレット)の場合を弾かせ、指を弦に少し触れると倍音が鳴る弦楽器の特性を説明されました。
専門的なことも積極的に解説していかれるマエストロ。
中学生の皆さまは、この機会に楽器の持つ可能性の幅などにも興味を持ってくれるといいのですがね。

024_20130704030700.jpg

客席に向かって話しかけるマエストロの右耳には、小型のイヤホンマイクが付いています。
これを使って、指揮しながらも色々と説明をされていました。

019_20130704030658.jpg

若い人にクラシックの魅力を伝えたい! 
これをきっかけに、コンサートにも足を運んで欲しい!

このことを中学生に伝えるために、井上マエストロは今回の出演を快諾して頂きました。

030_20130704030701.jpg

中学生に迫力のオーケストラサウンドを聴いて貰いたい!
「ラヴェルの「スペイン狂詩曲」は“前奏曲”の静かな音楽も“祭り”の熱狂的な音楽も両方楽しんでもらえるので、ハープを1台増やさないといけないけど、やろう!」

035_20130704031057.jpg

「同じラヴェルならやはり“ボレロ”は外せないのでは。みんな聴きたいはずなので“ボレロ”は演奏しよう!」
井上マエストロと相談しながら今回のプログラムが決まりました。

本番を見ていて、私達の思いが上手く伝わったところと、うーん、残念ながら伝わっていないなーと反省する点がありました。
「火の鳥」“カッチェイ王の地獄の踊り”や“ボレロ”、「管弦楽のためのラプソディ」から“八木節”などは凄く盛り上がりました!
やっぱり迫力のある曲、元気な曲が皆さまお好きなのですね。

040_20130704031100.jpg

中学生は正直です。
「クラシックのファン層を広げたい!」
「もっと気軽にコンサートに足を運んで欲しい!」と言うのは簡単ですが、
そんな生易しいものではありません。
目指すものはクラシック音楽界が抱える共通の問題です。

いやいや、諦めませんよ。

桂冠指揮者の大植英次が大阪クラシックなどでもいつも言っていますが、
「格調は高く、敷居は低く」
そのためにやるべきことを一つづつやっていきましょう!

この後、8月にはやはり大阪市主催の「青少年のためのコンサート」も開催されます。
そして、9月には大阪クラシックの予定が・・・

これからも色々な形でクラシック音楽の魅力を訴えて行きたいと考えています。

どうぞ大阪フィルをよろしくお願い致します。

(広報:H.I)

20130603123106_00001.jpg

   「青少年のためのコンサート Part1」
~ 見て聴いて楽しむオーケストラ体感コンサート ~

日 時:8月31日(土) 18:30開演(17:30開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:金 聖響
司 会:好本 惠

<プログラム>
ワーグナー/楽劇「ワルキューレ」第3幕より “ワルキューレの騎行”
藤倉 大/マイ・バタフライズ
チャイコフスキー/弦楽セレナード ハ長調 作品48より 第4楽章
ベートーヴェン/交響曲 第4番 変ロ長調 作品60より 第4楽章
メンデルスゾーン/劇付随音楽「真夏の夜の夢」より “結婚行進曲”
R.シュトラウス/交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28

発売日:2013年6月4日(火)

料金(全席指定)/一般3000円 学生1000円

※学生券は25歳以下の学生が対象となります。当日、学生証等の身分証をご持参ください。
※未就学児のご入場はお断りさせていただきます。

ご予約・お問い合わせ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890

その他チケット販売場所
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:54458】
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:201-256】


スポンサーサイト

| 演奏会 | 03:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT