PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大植マエストロによるプログラムの妙、ぜひお聴きください!

「第470回定期演奏会」初日は大盛況の内に終了致しました。

今回は、ブラームス/シェーンベルク「ピアノ四重奏曲第1番」(管弦楽版)とラヴェル歌劇「子どもと魔法」というダブルメインと言ってもいい豪華重量級プログラム。

068_20130724051809.jpg

桂冠指揮者の大植英次マエストロをはじめ出演者の多い今回の定期。
華やかなステージに成る事はわかっていました。
しかしここまで楽しく、感動的な演奏会になるとは正直思っていませんでした。
お客さまが楽しく感じていただいたなら、必ず出演者も楽しいのです。
どれほど楽しいかと言うと・・・

074_20130724053751.jpg

これほど楽しかったのです。
大植マエストロと「子どもと魔法」のソリスト、コンマスの崔 文洙です。
先ず、終演後の記念写真をご覧いただきましょう。
その上で、ゲネプロの写真を見ながら、初日の模様を簡単にリポートいたしましょう。

009_20130724051811.jpg

大植マエストロの衣装は本番衣装ではありませんので、念のため(笑)。

この日ザ・シンフォニーホールのステージに登場したもオシャレなマエストロは、
「よろしくお願いします」とだけ言い程なく指揮棒を降ろしました。

012_20130724051814.jpg

表情も含めて全身を使って指揮することを私たちに教えてくれたマエストロ。
マエストロ得意なポーズがこの日も随所に見られました。
この腰に手を当てて踊るように指揮するポーズ、「あ、大植さんだ!」ってわかりますよね。

011_20130724051812.jpg

爽やかなマエストロ、熱いマエストロ、そして渋いマエストロ!

018_20130724052227.jpg

ブラームスの「ピアノ四重奏曲第1番」をシェーンベルクが管弦楽版に編曲したものを前半に演奏しましたが、
これが格好いいのです。
オリジナルのピアノ四重奏版とはメロディは一緒ですがまったく別の曲と思ったほうがいいでしょうね。
この機会に一度オリジナルも聴いて頂くと良く判ると思います。

020_20130724052228.jpg

弦楽器も管楽器も大活躍しますが、特筆すべきは打楽器です。
皆さまもお感じになられたでしょう、シロフォンやグロッケンを弾かれていたエキストラ堀内聖子さん、いつもオトコマエですね!
もちろん打楽器奏者、大奮闘の管弦楽版「ピアノカルテット」でした。

023_20130724052231.jpg

華麗なオーケストレーションで聞かせながらも、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロのトップ奏者3人でオリジナルのように聴かせるところもあります。

第4楽章の迫力、こればかりは聴いて頂かないと・・・。
この曲こそ、CDやパソコンから流れる音では本物の良さは伝わりません。
ぜひライブでお聴きください!

059_20130724053420.jpg

後半は演奏会形式でお贈りする、ラヴェルの歌劇「子どもと魔法」です。
コチラがオーケストラ、合唱団、ソリストが乗ったステージです。
最も、合唱団はステージではなく客席に座っていますが。
とてもスケールの大きな曲です。

そして、パイプオルガンの横に何か書かれているのが・・・

028_201307240525414d1.jpg

字幕となっています。
この他にも、上手と下手の花道にも大きなミニター画面で字幕をご覧頂きました。
これなら、何の役の誰が何を言っているのか、お判りいただけます。

032_20130724052545.jpg

ソリストの歌唱シーンを一部ご覧いただきましょう。
子ども役のステラ・ドゥフェクシス(右)とママ役のインゲボルグ・ダンツです。
宿題を巡る最初のやり取りのシーンですね。

050_20130724053139.jpg

雄猫と雌猫のやり取りは、セバスティアン・ノアーク(左)とアネリー・ゾフィ・ミューラー。
場内からも笑いが起きる猫の鳴き声でした(笑)。

047_20130724053135.jpg

この方も素晴らしかったです。
ただ一人の日本人キャスト、天羽明恵さんです。
どの役も素敵でしたが、おとぎ話のお姫様役は本当に素晴らしかったです!
隣で座っているのがソファー、木役のバリトンのルドルフ・ローゼン。

058_20130724053418.jpg

うぐいす役のレイチェル・ギルモア(左)とトンボ役のインゲボルグ・ダンツ(真ん中)、子ども役のステラ・ドゥフェクシスです。
座っているのはティーポットやちいさな老人、雨蛙役を演じたテノールのドミニクヴォルティッヒです。

060_20130724053421946.jpg

ステージ上に並ぶソリスト8名。
本番衣装でずらっと並ぶと、壮観ですよ。
男性は燕尾服ですが女性はそれぞれのドレスです。

ソリストだけで撮った写真で、本番衣装を確認ください。

070_20130724053749.jpg

実力は折り紙つき、大植マエストロが保障します。
演奏会形式でお届けする「子どもと魔法」。

もちろん合唱団も頑張っています。

049_20130724053137.jpg

大阪すみよし少年少女合唱団のメンバー、実に見事です!

055_20130724053141905.jpg

ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団の男声メンバー、皆さまプロです。

043_20130724052858.jpg

ザ・カレッジ・オペラハウス合唱団、女声のメンバーです。
それぞれにリサイタルや合唱などで活躍されている方たちばかりです。
皆さまの頑張りで、初日の公演は上手くいきました。
どうぞ、合唱にも注目してください。

051_20130724053140.jpg

今回の定期のプログラム、「大阪フィルの間」で紹介しているメンバー二人は・・・
一人は「子どもと魔法」で素晴らしいピッコロを聴かせてくれた井上登紀(写真中央)と、

021_20130724052230.jpg

1stヴァイオリンの4プルトアウト側で弾いている黒瀬奈々子(真ん中水色の服)です。
そちらもどうぞお楽しみに。

「第470回定期」初日は大盛況の内に終了しました。
定期は本日もございます。

どうぞ大植英次と大阪フィルの演奏を、ライブでお聴きください。

当日券はA7000円とB6000円ですが、17時半から販売します。

そして、学生・シニア当日券ですが、当日券に余裕が有れば18時半から販売します。
チケットは25歳以下の学生と60歳以上の方は1000円でご入場頂けます。
その際、お席はお選び出来ませんのでご了承ください。
年齢を証明できるものを持ってお越しくださいませ。

本日は、お越しになられる人数にもよりますが、何とか販売できると思われます。
販売時間は18時半からになりますので、よろしくお願い申し上げます。 

皆さまのお越しを、ザ・シンフォニーホールでお待ちしています。

(広報・H.I)

「第470回定期演奏会」

日 時:7月23日(火)、24日(水)19時開演(18時開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:大植英次
独 唱:
ステラ・ドゥフェクシス(子供)
インゲボルグ・ダンツ(ママ、中国の茶碗、トンボ)
天羽明惠(羊飼いの少女、お姫様、コウモリ、フクロウ)
レイチェル・ギルモア(火、うぐいす)
アネリー・ゾフィ・ミューラー(安楽椅子、雌猫、リス、羊飼いの少年)
セバスティアン・ノアーク(大時計、雄猫)
ドミニク・ヴォルティッヒ(ティーポット、小さな老人、雨蛙)
ルドルフ・ローゼン(ソファー、木)
合 唱:ザ・カレッジオペラハウス合唱団
    大阪すみよし少年少女合唱団
曲 目:
ブラームス(シェーンベルク編曲)/ピアノ四重奏曲 第1番 ト短調作品25
ラヴェル/歌劇「子供と魔法」(演奏会形式)

料 金:A7000円、B6000円  CとDとSは完売です

※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。
※プレトーク・サロンを18時半より2階ホワイエで行います。お立ち寄りください。
※学生・シニア当日券を1000円で販売致します。 25歳以下の学生と、60歳以上のお客様は開演30分前の時点で当日券がある場合、お1人様1000円で入場頂けます。 ご入場の際、学生の方は学生証を、60歳以上の方は年齢を証明出来るものをご提示いただきます。 なお、座席はお選び頂けませんのであらかじめご了承願います。

お問合せ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890  


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 15:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT