PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

私たちのホームで行う「にしなりクラシック」が終了しました!

先週13日から16日までの4日間、事務局、チケットセンター、大フィル会館を夏季休業させて頂きました。
ご不便をお掛けした点も有ったと思いますが、ご協力ありがとうございます。
おかげさまでスタッフは気分一新、暑さに負けず元気に頑張れそうです。
9月の大阪クラシック目指して、突っ走って参ります!

20130809151856_00001.jpg

休み明け最初のブログは、夏季休業前、いちばん最後のコンサート「にしなりクラシック」のリポート記事からご覧いただきましょう。

私達のホーム、大阪市西成区にある大阪フィルハーモニー会館で年に2回行なう演奏会「にしなりクラシック」が先日開催されました。

画像 16094

この演奏会の企画段階から、プログラミングなどの相談に乗って頂いた指揮者の新通英洋さん。
もちろん本番の指揮と曲解説も新通マエストロにお願いしました。
開演の2時間以上前、ゲネプロを指揮する新通マエストロです。

画像 16096

ゲネプロの時はご覧のようにほとんど人が座っていない客席も、

画像 16097

開演5分前を告げる1ベル直後には大入満員のお客様でした。

画像 16098

先日の「親子のためのオーケストラ体験教室」とは違い、大フィル会館でもドレスコードは黒タキシード。
正装で皆さまをお出迎えです。
コンサートマスターは崔 文洙(チェ・ムンス)が務めます。

画像 16102

‘交響曲への招待’と題して開催した今回の「にしなりクラシック」は、オープニングからベートーヴェンの「第9」第4楽章の低弦による“喜びの歌”で始まりました。

画像 16099

猛暑の夏に聴く「第9」の調べ。
季節外れ?に聴く「第9」も、やっぱり素晴らしい!と改めて実感しました。
ちょうどバリトンのソロが出る直前までを演奏して、終了です。

画像 16105

「演奏は大阪西成が誇る皆さまのオーケストラ、大阪フィルハーモニー交響楽団です!」
マエストロがオーケストラを紹介します。

画像 16107

今回の「にしなりコンサート」のプログラムには曲目解説を載せていません。
曲の解説は、すべて新通マエストロが曲の間にされるからです。
曲に対するイメージが真っ白な状態で、必要な情報だけを頼りに曲を聴いて頂く方が良くわかるのではないか。
そんな実験的な試みで、
マエストロは膨大な資料の中から、時代背景やお客様が喜びそうなエピソードを選んで曲の合間に話をされました。

画像 16109

前半は、「第9」に続いて、モーツァルトの交響曲第1番1楽章、モーツァルト交響曲第41番「ジュピター」第4楽章、ハイドン交響曲第94番「驚愕」第2楽章、ベートーヴェン交響曲第5番「運命」第1楽章と演奏しました。

画像 16114

新通さんの話は面白く、ハイドンの「驚愕」では・・・
「茶目っ気のあるハイドンが、居眠りしているお客様を驚かしてやろうと作曲した曲です。お聴きください!」
マエストロは、お客様が身構えるのを意識して出来る限り小さな音で演奏して、ここ一番大音量の和音を鳴らすというやり方でお客さまを無理やり驚かせておられました。
その瞬間、客席を見てニヤリ!
茶目っ気のあるのは新通マエストロですね(笑)。

「運命」第1楽章の大盛り上がりの中、前半を終え休憩に入りました。

画像 16121

後半はブラームスの交響曲第1番第1楽章、ドヴォルザーク交響曲第8番第3楽章、そしてチャイコフスキー交響曲第4番第4楽章を演奏。
そして・・・
先ほどの「驚愕」に負けないほど、たくさんの方が驚かれたのがチャイコフスキー4番4楽章冒頭でした。

画像 16103

金管楽器はもちろん、木管楽器も打楽器も、もちろん弦楽器も大活躍する‘交響曲’の魅力に触れるにはうってつけの贅沢な今回のプログラム。
ご来場の皆さまは楽しんで頂けたのでしょうか。

画像 16139

チャイコフスキー4番4楽章の最後の音が鳴り終わった瞬間のオーケストラ。
弦楽器奏者の弓が大きく上がっている中で、コンサートマスター崔 文洙の弓が一際大きく上がっていますね。
その直後、大フィル会館メインホールに、割れんばかりの拍手喝采が鳴り響きました。
それを聞いて安心しました。 
皆さまとても楽しんで頂けたようですね。

画像 16128

最後にメンバー全員でお客様へ感謝の気持ちを込めてご挨拶です。
私達のホームに多くの方がお越し頂き、一生懸命演奏を聴いて頂きました。
どうもありがとうございました!

画像 16115

「アンコールはすべての音楽のベースになる‘音楽の父’バッハのアリアを聴いてください!」

画像 16132

バッハ管弦楽組曲第2番より“アリア”がホールに鳴り響くと、
皆さまご存知の曲だけにと隣の人に「G線上のアリアよ!」という感じで耳打ちされる姿が印象的でした。
そして、満員のお客様から温かな拍手をたくさん頂きました。

画像 16133

新通マエストロは最後までオーケストラを称えて下さいました。
しかしこの日のコンサートの主役は、指揮に楽しいお話に大活躍の新通マエストロです。

指揮者という仕事は難しい仕事です。
指揮台で奏者に向かって「ああでもない、こうでもない」と、蘊蓄を語られても困ってしまいます。
「言葉数は少なく、やりたいことは指揮棒で示してくれればちゃんとやるので!」
プロのオーケストラは、これに尽きるのです。
やりたい事がはっきり有るのか無いのか。
そう考える根拠は何なのか。
そういった事を持っている指揮者の練習は百戦錬磨の奏者にはすぐにわかるものです。

しかしお客様には、はっきりと言葉で説明して差し上げるとよく解かるものですね。
またそのやり取りは、奏者が見ていてとても説得力があります。
今回の新通マエストロはそういう意味で、奏者にもお客様にも「なるほど!」と思わせることに成功されました。

画像 16134

楽屋で新通マエストロとコンマス崔文洙の2ショット写真をお願いしました。
神妙な顔でカメラに向かっていたマエストロは、

画像 16135

次の瞬間、ピースサインで応えてくれました。
先ほどの「驚愕」のニヤリ!と振り返ったお茶目な姿がそこにありました。
表情を変えないコンマス崔とのコントラストが面白いですね。

お二人様、どうもお疲れさまでした!
そして、私たちのホームまでお越し頂いたお客さま、どうも有り難うございました。
どうぞこれからも大阪フィルをよろしくお願い申し上げます。


次回、皆さまとお会いできるのは8月末の「青少年のためのコンサート」です。

大阪市営地下鉄の駅など、大阪市政広報板に掲示されているコチラのポスター

画像 16164

結構目立っているので、大阪の方は何気にご覧になっているのではないでしょうか。
これが大阪市が主催する「青少年のためのコンサート」のポスターです。

文字通り、あまりクラシック音楽に触れる機会のない青少年を対象にオーケストラの活躍するクラシックコンサートを、見て聴いて楽しんで頂こうというものですが、
対象は青少年に限りません。
今からウン十年前、青少年だったという方でもお聴きいただけます(笑)。

今回の「青少年のためのコンサート」も今年3月に実施した時と同じく、金聖響さんの指揮で行います。

IMG_0367.jpg
 (C)飯島隆

プログラムは、見て聴いて楽しめる名曲の美味しいところ取り!
そういう意味では「にしなりクラシック」とコンセプトは同じですね。

ワーグナーの楽劇「ワルキューレ」第3幕より“ワルキューレの騎行”から始まって、
大阪が生んだ世界的作曲家、藤倉大の「マイ・バタフライズ」、チャイコフスキー「弦楽セレナード」第4楽章、ベートーヴェン交響曲第4番第4楽章、メンデルスゾーンの劇付随音楽「真夏の夜の夢」より“結婚行進曲”、R.シュトラウス交響詩「ティルオイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」で終わります。
贅沢なプログラムでしょ。

前回の「青少年のためのコンサート」では・・・

0G5A1059.jpg
 (C)飯島隆

オーケストラの音を客席ではなく、普段絶対聴けないステージ上で一部ですが聴いて頂きました。

「青少年限定で、ステージ上でオーケストラの音を聴いてみたい人!」
お客さまに問いかけたところ、パラパラと手が挙がったので、
「今、手を挙げた人はステージにどうぞ!」
と言ったところ、
明らかに先ほど手を挙げた方の数倍の方が、ステージに上がって来られました。

0G5A1065.jpg
 (C)飯島隆

最終的には200人ほどの青少年の方がステージの両サイドと後ろ、空いていいる椅子の上、オーケストラの前にも並んで、ベートーヴェンの「運命」第1楽章を聴いて頂きました。
かつて見たことのない光景でしたね(笑)。

このような試みが出来るのもこのコンサートならでは。

コチラ会場は、大フィル会館ではなくザ・シンフォニーホールで行います。
普段のコンサートとは違った楽しみ方が出来るこのコンサートに、
ぜひお越しください。
現在チケット好評発売中です。

(広報:H.I)

青少年のためのコンサート Part1
~ 見て聴いて楽しむオーケストラ体感コンサート ~

日 時:8月31日(土)18:30開演(17:30開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:金 聖響
司 会:好本 惠

プログラム:
ワーグナー/楽劇「ワルキューレ」第3幕より “ワルキューレの騎行”
藤倉 大/マイ・バタフライズ
チャイコフスキー/弦楽セレナード ハ長調 作品48より 第4楽章
ベートーヴェン/交響曲 第4番 変ロ長調 作品60より 第4楽章
メンデルスゾーン/劇付随音楽「真夏の夜の夢」より “結婚行進曲”
R.シュトラウス/交響詩「ティル・オイレンシュピーゲルの愉快ないたずら」作品28

料 金(全席指定):一般3000円 学生1000円
※学生券は25歳以下の学生が対象となります。当日、学生証等の身分証をご持参ください。
※未就学児のご入場はお断りさせていただきます。

ご予約・お問い合わせ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890

その他チケット販売場所
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:54458】
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:201-256】


スポンサーサイト

| 演奏会 | 02:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT