PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

セレッソ大阪の試合で、高らかにファンファーレを演奏しました!

先週の土曜日、2013Jリーグディビジョン1、第23節セレッソ大阪VS清水エスパルスの試合に応援に行きました。
実はセレッソ大阪と大阪フィルは、練習場が共に大阪市西成区にあるのです。
17日の試合は西成区民デーだったという事もあり、優勝に向かって直走るセレッソ大阪にとって勝利への景気付けになれば!という思いで、試合直前のファンファーレを演奏しに行ったのです。

画像 16142

昨年もやはり、西成区民デーに応援に駆け付けました。
昨年は長居競技場でしたが、今年はとなりにあるキンチョウスタジアム。

画像 16141

昨年は天気が怪しかったこともありスタンドでファンファーレを吹きましたが、今年は快晴! と言うか、暑過ぎます・・・(ふぅ)
今年はピッチで演奏することになりました。
演奏風景をカメラが撮影し、

画像 16140

場内にはこんな感じで映像が流れます。
もう少し見た目の画像は美しいのですが、写真で撮ると荒くなってしまいます。

画像 16145

今回のセレッソ大阪応援ファンファーレ隊、出番は2回あります。
1回はもちろん試合直前のファンファーレですね。
もう1回は試合前のイベントで演奏させて頂きました。
実はこの日、スタジアムでは婚活イベントが行なわれておりました。
メインスタンドの一画には婚活シートが用意されてありまして、
男女の参加者がカップル成立を目指しゲームなどを行なうのですが、
それを大阪フィルが音楽で盛り上げ、ムードメーカーの役割を果たす訳です。

今回の金管五重奏のメンバーは、
前列左がトランペット篠崎孝、右がエキストラ西馬健史さん。
後列左からホルン藤原雄一、チューバ川浪浩一、トロンボーンエキストラ菅崎誉さん。

婚活イベントの本番では、セレッソ大阪さんから頂いたTシャツを着て演奏しました。
Tシャツに着替えてご機嫌な様子のメンバー。

画像 16149

婚活シートに向き合うカタチで演奏する金管五重奏。
                                             
画像 16152

クラシックではなく、尾崎豊「アイラブユー」、そしてサザンオールスターメドレーお演奏しました。
この時点で時間は18時20分くらいです。
試合前のセレモニー、ファンファーレを奏でるまで30分少しとなりました。

画像 16167

そして、あっと言う間に18時54分。
(リハーサル風景を写した為、時計の時刻は違います。ご了承ください。)
大型ビジョンに大阪フィルの文字が映し出されました。

画像 16165

スタジアムDJの西川大介さんが語りかけます。

「都市(まち)の誇りが育てたもの・・・
 それは、フットボールの名門クラブチームと、名門オーケストラ。 
 イタリアのミラノ。
 ドイツはミュンヘン。
 そしてイングランド、マンチェスターでも。
 伝統のある都市に無くてはならない存在、
 名門クラブチームと名門オーケストラ。」

画像 16166

「この日本の、ここ大阪の、都市(まち)の誇りといえば、
 名門「セレッソ大阪」と、
 名門「大阪フィルハーモニー交響楽団」。
 両者の拠点は共に西成区。
 西成区民デーの今宵、
 二つの名門が、キンチョウスタジアムに並び立ちます!」

画像 16157

「皆さん、改めてご紹介しましょう!
 「セレッソ大阪」と共に、大阪が誇りとする世界的オーケストラ、
 「大阪フィルハーモニー交響楽団」から、金管セクションのプレイヤーの方々が、
 本日のオープニングを盛り上げるために駆けつけてくれました!
 「セレッソ大阪」の勝利を祈って、
 「大阪フィルハーモニー交響楽団」の演奏するファンファーレが、
 今、高らかに鳴り響きます!」

この間、1分少々、
ポール・デュカス 舞踏劇《ラ・ペリ》より「ファンファーレ」が高らかに鳴り響きました。

画像 16159

ファンファーレが終わると、ファンの有志の方たちでしょうか、
隣のTシャツ姿の皆さんのアンセム斉唱へと流れて行き、
最後はスタンドのサポーターと一体となって、三方に向かって(アウェイ側を外す)
「セレッソ!」「オオサカ!」、「セレッソ!」「オオサカ!」、「セレッソ!」「オオサカ!」と叫び、セレモニーは終了しました。

画像 16158

この時、5人のメンバーも隣のファンクラブ有志の方と一緒になって「セレッソ!」と客席のサポーターに叫んでいましたし、満面の笑みで拍手に応えていました。

この為に作ったプロモーションビデオから、ファンファーレ、アンセム斉唱の流れは、鳥肌が立つほど格好良かったです。

画像 16162

セレモニーでは、この後選手を呼び込み、
互いの選手が握手をして、試合開始のキックオフへと流れていきました。

燃えるような暑い1日、セレッソ大阪の勝利をひたすら祈り、心を込めて演奏を致しました。

その甲斐あって、試合は4対1でセレッソが勝利!
スタンドで応援していたメンバーも感激の素晴らしい試合でした。

セレッソ大阪は優勝に向かって直走っています。
これは大阪フィルも負けていられませんね。
勝利の景気付けに行った私たちが、元気を貰って帰ってきました。

この勢いで暑い熱い「大阪クラシック」に向けて進んでまいりましょう!

これからも大阪フィルをよろしくお願い申し上げます!

(広報:H.I)

スポンサーサイト

| イベント | 18:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT