PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「第471回定期」は、本日もございます。ぜひお越し下さい!

045_20130920001958ce6.jpg

「第471回定期演奏会」1日目は大変な盛り上がりの中終了致しました。
と、いつものような決まった書き出しなのですが、
この日の「トゥランガリラ交響曲」演奏終了後のお客さまの反応は凄かったです。
永遠に続くのでは思うほどのカーテンコール。
最後は井上道義マエストロが制する形で終了となりました。

ソリストやコンマスよりも先に楽屋に戻って来られたマエストロは、

    048_20130920004511493.jpg

ご覧のように、とても充実した表情でした。
ソリスト原田節さん、児玉桃さん、コンマス崔文洙との記念写真は後ほどご覧頂きます。

いつものようにゲネプロの光景を見て頂きながら本番の様子などを語ります。

003_201309200020008be.jpg

今回の楽器の配置が本番会場ザ・シンフォニーホールでどんな感じで響くのか、ゲネプロの1番のポイントはそこに有ったように思います。

005_2013092000200137d.jpg

アーティキュレーションや強弱の確認をし、

006_20130920002002bd7.jpg

音のバランスを整えていく井上マエストロ。

007_201309200020043f9.jpg

ざっと通しても80分かかる「トゥランガリア交響曲」のゲネプロです。
「よっしゃ、本番で燃えるぞ!」というメンバーの余力と気持ちを残して終了しました。

028_20130920002438b7d.jpg

リハーサル風景で楽器の配置を見ていただいて来ましたが、
練習場からザ・シンフォニーホールに場所を移してどう変わるか。
私たちもドキドキだったのですが、寸分違わず、そのままの配置が再現されました。
ステージマネージャーの清水直行、サスガです!

009_2013092000244075c.jpg

ステージ上手後ろに管楽器がまとまって並ぶ絵、あまり見たことありません。

014_20130920002442b58.jpg

指揮台をはさんで上手にオンド・マルトノ、下手にピアノ。
ナント正面後方にコントラバスが並び、

022_201309200024441a5.jpg

弦楽器の並びは1stVnー2ndVnーVc-Vaと通常の並びですが、

030_201309200024461dd.jpg

下手客席寄り、通常1stヴァイオリンが並ぶ位置に、打楽器群が配置されています。
打楽器奏者10名、ジュ・ド・タンブル、チェレスタ、それに独奏ピアノを含めると、総勢13名の島が形成されています。

029_201309200030304ca.jpg

打楽器群と管楽器群が、向き合い、響き合う形になっております。

034_201309200030330ef.jpg

原田さんの奏でるオンド・マルトノの響きが、時には明確な主張をし、時にはオーケストラに溶け込み、お客さまを魅了したと思います。
終演後、近付いてオンド・マルトノを眺めるお客さまが多かったです。

020_20130920003035e95.jpg

「トゥランガリラ交響曲」を演奏するなら、絶対外せないピアニストが児玉桃さんです。
メロディーとして、打楽器として、ピアノの果たしうる表現の限界までを見事に奏でてくださいました。

035_20130920003037168.jpg

コンマスの崔 文洙とトップサイドの渡辺美穂は、オーケストラ全体から見えるように、一段高いところで演奏しました。

037_20130920003039c30.jpg

壮大な歓喜の歌で、第10楽章を終了致しました!
コンマス崔はじめ、弦楽器奏者の弓が一斉に上がっていますね。

038_20130920003507540.jpg

マエストロと児玉桃さんが握手を交わしています。

040_20130920003510e45.jpg

マエストロと原田節さんは何やら打ち合わせ中です。

041_201309200035125bd.jpg

マエストロの元には、フルート上野博昭やホルン藤原雄一らが確認のために並んでいます。

042_2013092000351470e.jpg

井上道義マエストロの指揮する大阪フィルの「トゥランガリラ交響曲」のために出演を快諾いただいたオンド・マルトの原田節さんとピアニスト児玉桃さんが話されています。
この大曲を演奏する上で、現在考え得る最高のソリストです。

以上、ゲネプロの光景をご覧頂きました。

本番の様子は、冒頭に述べたように感動的な演奏で、カーテンコールが止む気配がなく、
最後はマエストロが制するカタチで終了致しました。

050_201309200038497b3.jpg

楽屋に戻って来られたマエストロ、ソリストのお二人、コンマス崔をキャッチ!
記念の写真を撮りませんか!と言う呼びかけに応え、
皆さまご機嫌で「デューワー

皆さまお疲れさまでした。明日もよろしくお願いいたします!

052_2013092000385288d.jpg

井上マエストロは楽屋口でファンの皆さまのサインに応じられていました。


こんな感じで「第471回定期演奏会」初日が終了しました。
定期はもう1日ございます。
ライブで「トゥランガリラ交響曲」を聴ける数少ないチャンスです!

ぜひ、ザ・シンフォニーホールへお越し下さい。
お待ちしております。

(広報:H.I)

「第471回定期演奏会」

日 時:9月19日(木)、20日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:井上道義
独 奏:児玉 桃(ピアノ)
    原田 節(オンドマルトノ)
曲 目:メシアン/トゥランガリラ交響曲
料 金:A席:6000、B席:5000、C席:4000円、
D席、S席は完売しています。

※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。
※プレトーク・サロンを18時半より2階ホワイエで行います。お立ち寄りください。
※学生・シニア当日券を1000円で販売致します。 25歳以下の学生と、60歳以上のお客様は開演30分前の時点で当日券がある場合、お1人様1000円で入場頂けます。 ご入場の際、学生の方は学生証を、60歳以上の方は年齢を証明出来るものをご提示いただきます。 なお、座席はお選び頂けませんのであらかじめご了承願います。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890



スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 13:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT