PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リハーサル2日目は、記者発表会の日。 長い1日をリポート!

既にホームページやツイッターなどでお知らせしております通り、2014年度のシーズンより指揮者・井上道義さんが首席指揮者に就任される事になりました。
そして同時に、定期演奏会の会場をフェスティバルホールに戻すことにしました。

「井上道義首席指揮者就任と定期会場変更に関するお知らせ」はコチラからご覧下さい。


記念すべき記者会見を夕方に控えている、「青ひげ公の城」のリハーサル2日目の模様をリポートいたしましょう!

画像 16917

この日からソリストが合流しました。
青ひげ公役のコヴァーチ・イシュトヴァーン(バス)です。
チラシの写真とは随分雰囲気が違いますが、役作りのための‘ひげ’なのでしょうか。
青ひげ公のイメージどおりの朗々とした声量たっぷりのバスの歌声が練習場に鳴り響きました。

画像 16920

周囲の反対を押し切り青ひげ公へ嫁ぐユーディト役、アンドレア・メラースさん。
自信と不安、好奇心や使命感、といった感情を歌に込めて歌い上げる見事なメゾソプラノです。
最後の扉を開けた後、彼女の運命はどうなるのでしょうか。
ぜひご自身の目と耳でお確かめ下さい。

画像 16914

数時間後に‘首席指揮者就任発表’を控えているマエストロ。
リハーサルではその事については一切語られませんでした。

画像 16912

しかし、今回のコンサートオペラ「青ひげ公の城」は、フェスティバルホールで行われます。
秘めた思いを胸に、タクトを振られいたのでしょうね。
こんかいの演奏会は、まさに発表直後の「お披露目公演」的な意味を持つ演奏会となりました。

画像 16925

台本作成から演出に至るまで、本番の指揮以外も獅子奮迅の動きを見せるマエストロ。
1日目のリポートでお知らせしたティンパニと管楽器の間のスペースは、どうやら主役二人が通る花道となるようです。

画像 16923

このような登場の仕方もそうですが、コンサートオペラ形式でお届けする「青ひげ公の城」は、動きのあるステージとなります。
リハーサルではオーケストラの方を見ながら歌っているソリスト。
当然本番ではお客さまに向けて、素晴らしい歌声をお届けいたします。

どうぞコンサートオペラ「青ひげ公の城」にご期待ください!

IMG_1306.jpg
(C)飯島隆

練習終了後、直ちに中之島フェスティバルタワーに移動して、記者発表会の始まりです。
この日、フェスティバルホールはミラノ・スカラ座公演の真っ最中。
記者発表会はフェスティバルタワーの37階、フェスティバルスィートで行われました。

画像 16928

少し会見の模様を覗いて見ましょう!

5K5A1427.jpg
(C)飯島隆

主役の井上道義マエストロをはさんで5名が前に並びました。
上手側からマエストロ所属事務所KAJIMOTOの梶本眞秀社長、フェスティバルホール西部宏志支配人、井上道義マエストロ、大阪フィル事務局長・佐々木楠雄、大阪フィル事務局次長・福山修。

5K5A1373.jpg
(C)飯島隆

マエストロからは「大変光栄なことでありがたい話だが、浮かれているわけにもいかない。大阪を代表するオケとして、しっかりとやっていきたい!」と豊富が語られました。

5K5A1419.jpg
(C)飯島隆

フェスティバルホールの西部支配人やKAJIMOTO梶本社長からも、マエストロと大阪フィルに熱いエールを頂きました。

5K5A1400_20130926122628717.jpg
(C)飯島隆

「一緒に頑張りましょう!」とマエストロと西部支配人ががっちり握手を交わします。

5K5A1492.jpg
(C)飯島隆

フォトセッションでのマエストロ。
もちろん「青ひげ公の城」をアピールされました。

5K5A1508.jpg
(C)飯島隆

最後にフェスティバルタワー1階大階段前で写真撮影です。

5K5A1545.jpg
(C)飯島隆

フェスティバルホールに続く、真っ赤な絨毯の敷きつめられた大階段。
膨らむ妄想を胸に秘め、こんなポーズやあんなポーズ、色々な写真を撮りました。

5K5A1523.jpg
(C)飯島隆

そんなフェスティバルホールを新たなホームに、大阪フィルはますます頑張ります!
まずは、井上道義のお披露目公演となる明日の「青ひげ公の城」です。
当日券はございます。 どうぞフェスティバルホールへ起し下さい。

そして、どうぞ引き続き大阪フィルをよろしくお願い申し上げます。

(広報:H.I)

コンサートオペラ「青ひげ公の城」

日 時:9月27日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:井上道義
独 唱:青ひげ公:コヴァーチ・イシュトヴァーン(バス)
    ユーディト:アンドレア・メラース(メゾ・ソプラノ)
    吟遊詩人:晴 雅彦(バリトン)

<プログラム>
オッフェンバック(ロザンタール編曲)/バレエ音楽「パリの喜び」
バルトーク/歌劇「青ひげ公の城」(コンサートオペラ形式)

料金/A席:6000円 B席:5000円 C席:4000円 BOX席:7000円

※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。
※ハンガリー語上演、日本語字幕付き

ご予約・お問い合わせ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890



スポンサーサイト

| 演奏会 | 12:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT