PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コンサートオペラ「青ひげ公の城」は、本日開催します!

コンサートオペラ「青ひげ公の城」前日リハーサルは、本番の会場フェスティバルホールに場所を移して行いました。
ちょっと覗いてみましょう。

画像 16983

フェスティバルホールのステージは、大編成オーケストラも余裕のスペースですね。
オーケストラを分けるカタチで通路が作られています。

画像 16963

練習場で作ってきた音楽を、この広いフェスティバルホールでどう響かせるか。
「コントラバスは一番大きく、次にチェロ。ヴィオラはこの場面では最も控えめに鳴らして欲しいんだ!」
ユニゾンでメロディーを弾いている楽器を、細かく指定されるマエストロ。

画像 16965

フェスティバルホールに合わせた音のバランスを調整し、昨日までとは違った音楽が生まれました。

画像 16969

来年度シーズンから私達のホームになるフェスティバルホール。
そして、首席指揮者に就任される井上道義マエストロ。
コンサートオペラ「青ひげ公の城」はお披露目公演のようですね。

画像 16968

今回のコンサートオペラ形式で上演する「青ひげ公の城」。
照明の演出にマエストロのこだわりが光ります。
リハーサルの最中も、照明の仕込みは続きます。

画像 16973

ソリストはこの方達です。
青ひげ公役のコヴァーチ・イシュトヴァーン。
アスリートのような体格ですね。
「青ひげ公の城」は過去に何度も歌われています。

画像 16972

青ひげ公に嫁いだユーディト役のアンドレア・メラース。
彼女も「青ひげ公の城」は何度も歌われた作品です。
驚いたのは、お二人ともゲネプロに楽譜を持っていないこと。
練習を曲の途中から始めるのも、小節番号で理解されるのには驚きました。
それだけ手の内に入っていると言うことですね。

画像 16977

コンサートオペラ形式は、出演者の動きもあります。
こんなシーンも出てきます。

画像 16982

正面の花道はどんな使われ方をするのでしょうか。
どうぞご期待下さい。

画像 16987

吟遊詩人役の晴雅彦さんは、出番は冒頭だけですが、とても重要な役割です。
瞬間に会場の雰囲気を決めてしまう吟遊詩人。
皆さまご期待下さい。 晴さん、素晴らしいですよ!

画像 16991

照明の一部です。
照明プランもイメージは井上道義マエストロが示され、足立恒さんが形にされます。
ゲネプロ終了後も夜中まで仕込みは続いておりました。

コンサートオペラ「青ひげ公の城」は本日19時開演です。
当日券は18時から販売致します。
ぜひライブでお楽しみ下さい。

(広報:H.I)

コンサートオペラ「青ひげ公の城」

日 時:9月27日(金)19:00開演(18:00開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:井上道義
独 唱:青ひげ公:コヴァーチ・イシュトヴァーン(バス)
    ユーディト:アンドレア・メラース(メゾ・ソプラノ)
    吟遊詩人:晴 雅彦(バリトン)

<プログラム>
オッフェンバック(ロザンタール編曲)/バレエ音楽「パリの喜び」
バルトーク/歌劇「青ひげ公の城」(コンサートオペラ形式)

料金/A席:6000円 B席:5000円 C席:4000円 BOX席:7000円

※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。
※ハンガリー語上演、日本語字幕付き

ご予約・お問い合わせ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 演奏会 | 13:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT