PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

大阪フィル「京都特別演奏会」は本日開催いたします!

2013-10-05-京都特別

大阪フィルの「京都特別演奏会」はいよいよ本日開催です。

1年に1度、京都のクラシックの殿堂、京都コンサートホールに鳴り響く大フィルサウンド!
今年は京都出身の指揮者・阪哲朗さんを迎えて、世界的なヴァイオリニスト、フランク・ペーター・ツィンマーマンをソリストに迎えてお送りいたします。

画像 17053

プログラムはオール・ブラームス。
この日は交響曲第1番のリハーサル風景を少しだけご覧頂きましょう。
まずはコンサートマスター田野倉雅秋のチューニングからスタートです。

画像 17055

阪哲朗マエストロは、現在ドイツ・バイエルン州のレーゲンスブルク歌劇場の音楽監督を務められています。
忙しい合間を縫って、「京都特別演奏会」の指揮をお願いしました。

画像 17062

オペラ指揮者としてのキャリアを積まれているマエストロ。
2008年から2009年にかけての年末年始には、ウィーン・フォルクス・オーパーで「こうもり」を指揮して大変話題になりました。
マエストロの指揮するブラームスの交響曲は、とても華やかな感じがします。

画像 17056

朝比奈時代よりブラームスの交響曲は大阪フィルの十八番。
重厚なサウンドが大フィルサウンドと言われていますが、阪マエストロの音楽はとても煌びやかな色彩感を感じます。
両者が融合することでどんなブラームスが生まれることでしょうか。
いずれにしてもスケールの大きな音楽になることは間違いないと思われます。

画像 17065

どうぞライブでお楽しみくださいませ。

画像 17071

楽器の並びが少しいつもと違うのでご紹介しておきましょう。
まず、木管楽器はほぼ2管編成です。
1stヴァイオリン、コンマス田野倉雅秋と2ndヴァイオリン田中美奈が向かい合う対向配置。

画像 17066

コントラバスは上手ではなく下手後方に並びます。
1stヴァイオリンの隣にはチェロが並びます。

画像 17067

チェロの隣には、センターから上手になりますがヴィオラがならび、上手客席寄りに2ndヴァイオリンが並びます。
16型でお届けする大フィル自慢のストリングスをお楽しみください。

画像 17064

木管楽器をアップでご覧頂きましょう。
皆さますっかりご存知のメンバーですよね

画像 17060

そしてお待ちかね、第4楽章のトロンボーンのコラールもばっちり。

阪哲朗マエストロと大阪フィルがお送りするブラームス交響曲第1番。
当日券は14時から販売致します。

前半はツィンマーマンの奏でるブラームスの協奏曲。
どうぞライブでお楽しみください!

(広報:H.I)

「京都特別演奏会」

日 時:10月5日(土)15:00開演(14:00開場)
会 場:京都コンサートホール・大ホール
指 揮:阪 哲朗
独 奏:フランク・ペーター・ツィンマーマン(ヴァイオリン)
<プログラム>
ブラームス/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品77
ブラームス/交響曲 第1番 ハ短調 作品68
料金/一般 S席:5000円 A席:4000円 B席:3000円
   学生 S席:2500円 A席:2000円 B席:1500円
※学生券は25歳以下の学生が対象となります。ご購入の際に、学生証のご提示をお願いします。
※当日券は14時から販売致します。
※未就学児の入場はお断りさせていただきます。

お問い合わせ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
エラート音楽事務所  075-751-0617


スポンサーサイト

| 演奏会 | 02:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT