PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「戦争レクイエム」リハーサルが始まりました!

「第473回定期演奏会」のリハーサルが始まりました。
今回取り上げる曲は、ベンジャミン・ブリテンの「戦争レクイエム」です。
反戦を謳った大曲にして、ブリテンの代表曲です。
ブリテン生誕100年を記念して、今回取り上げることになりました。

画像 17504

「戦争レクイエム」については改めてご紹介いたします。
特別な曲だけに、お伝えしたいことがたくさんあります(笑)。

この日の練習は小編成の室内オーケストラのリハーサルでした。

これも説明しないといけませんが、「戦争レクイエム」には通常の大編成のオーケストラのほかに、1管編成の室内オーケストラも登場します。
コチラのオーケストラでは特にコンサートマスターとは呼びませんが、特別客演コンマスの田野倉雅秋がヴァイオリン奏者として参加します。
ご覧のメンバーが、室内オーケストラのメンバーです。
指揮者の下野竜也さんを拍手でお迎えしているところです。

画像 17511

この10日の日曜日まで、日生劇場でアリベルト・ライマン作曲オペラ「リア」日本初演の指揮をされたばかりのマエストロ。
大変な話題を巻き起こしたオペラ「リア」ですが、
2時間半にも及ぶ大作を指揮した翌週が「戦争レクイエム」。
ちょっと考えられない事ですが、さすが下野マエストロです。

画像 17513

実はマエストロがこの曲を指揮するのは今回が初めて。
しかし、当然のこととしてスコアはしっかり頭の中に入っておられるようです。

画像 17518

通常のレクイエムとして、ラテン語で歌われる典礼文の部分を、オーケストラと混声合唱、児童合唱、ソプラノ独唱とが歌うのに対して、
戦争の残酷さ、醜さを謳ったイギリスの詩人ウィルフレッド・オーウェンの英詩を、テノールとバリトンのソロと一緒に演奏するのが、室内オーケストラです。

画像 17506

こちらが室内オーケストラをマエストロの後ろから見たところ。

画像 17510

室内オケの配置に関しては、この写真からでも判るかとは思いますが、
上手の客席側、通常配置でいうヴィオラのポジションになります。

室内オーケストラの楽器編成としては、
弦楽器がヴァイオリン1、ヴィオラ1、チェロ1、コントラバス1のほか、
フルート1、オーボエ1(イングリッシュホルン持ち替え)、クラリネット1、ファゴット1、ホルン1、そして・・・

画像 17509

ティンパニ1、打楽器1、ハープ1となります。

「このようにオーケストラや歌手が二群に分かれることで、この作品のテーマが立体的に理解できる点が素晴らしいと思います。」とマエストロは語っておられます。 

明日からはオーケストラの練習も始まります。

アニバーサリーイヤーだからこそ演奏出来る大曲「戦争レクイエム」。
合唱、児童合唱、ソリストが加わり、圧倒的なサウンドでブリテンの反戦の思いが奏でられます。

当日券、もちろんございます。 皆さま、会場でお待ちしております。

(広報:H.I)

11月定期


「第473回定期演奏会」

日 時:11月15日(金)19時開演(18時開場)
       16日(土)15時開演(14時開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:下野竜也
独 唱:木下美穂子(ソプラノ)
    小原啓楼(テノール)
    久保和範(バリトン)
合 唱:大阪フィルハーモニー合唱団
児童合唱:大阪すみよし少年少女合唱団
曲 目:ブリテン/戦争レクイエム 作品66 〈ブリテン生誕100年記念〉
料 金:A:6000円、B:5000円、C:4000円 D、Sは売り切れ
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

チケット販売所
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
ABCチケットセンター(ザ・シンフォニーホール内) 06-6453-6000
チケットぴあ 0570-02-9999(Pコード:193-371)

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 12:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT