PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

円光寺マエストロが指揮と司会をされた二つのコンサート!

12月に入ると「第九」モード一色になってくるのですが、前半は「第九」以外のコンサートもございます。
1日に梅田芸術劇場で行われた「阪急ゆめ・まち親子チャリティコンサート」と、12日に行われた「住友不動産販売クリスマスステップコンサート」は、共に名曲を散りばめた楽しいコンサートでした。

   20131213114318_00001.jpg      20131213114344_00001.jpg

この二つのコンサートには共通点があります。
それは何かと言えば・・・

画像 17852

どちらのコンサートも指揮者が円光寺雅彦さんだということ。
円光寺マエストロと大阪フィルは、共演の機会が多いです。
マエストロは大阪フィルの事を良くご存知です。
どうすれば鳴るのか、とか・・・。

画像 17866

そして、マエストロの強みはお話が出来ること。
ソフトな語り口で客席に語りかけるマエストロの司会は、プロ顔負けです。
「お父さんにしたい指揮者No.1の円光寺雅彦です!」
笑いのツボも抑えつつ、嫌味なく上品なのがgoodなのです。

上記の二つのコンサートも、マエストロが指揮と司会のサポートを担当されました。
「阪急ゆめ・まち親子チャリティコンサート」は、元宝塚歌劇団宙組トップ娘役の野々すみ花さんを司会兼ナビゲートに迎え、二人で司会進行を務められました。
二つのコンサート、駆け足でリポートして参りましょう!

ご覧の写真は「阪急ゆめ・まち親子チャリティコンサート」のゲネプロの模様です。

画像 17868

コンサートマスターは崔 文洙(チェ・ムンス)が務めました。
コンマス崔のチューニングで本番は始まりました。

画像 17869

「キャンディード」序曲で始まったコンサート、
マエストロがマイクを持って客席に向かって挨拶をされます。
「あなたの街のオーケストラ、大阪フィルハーモニー交響楽団です!」

画像 17873

野々すみ花さんがステージに登場し、司会進行が始まりました。
野々さんは立ち姿や笑顔、話し声まで素敵で・・・

画像 17871

マエストロも思わず、この笑顔(笑)。

野々さんもオーケストラの魅力にすっかりはまられたようで・・・
ご自身のブログに、この日の様子を書き込まれていらっしゃいます。

野々すみ花さんのブログはコチラをご覧ください。


画像 17878

親子連れの方が大半で、客席の半分が子どもたち。
プログラムもそれを考慮して、判りやすい名曲の数々をお送りしました。
写真は、ルロイ・アンダーソンの「トランペット吹きの子守唄」を吹く、
トランペットトップ奏者・秋月孝之です。

画像 17879

演奏し終えて、コンマス崔と握手を交わすトランペット秋月。
微笑ましい姿ですね(笑)。
この日は、初めて楽器を目にする子どもさんも多いだろうという事で、
次に演奏する「白鳥の湖」の主要楽器の紹介も行いました。

画像 17880

“情景”の最も有名なソロを演奏する、オーボエ大森悠。

画像 17881

オーボエで吹いたメロディを4本のホルンが力強く演奏します。

画像 17882

そして、曲を盛り上げるためには欠かせない打楽器も紹介されました。

画像 17885

楽器紹介の間、ずっと座ってご覧になられていた野々すみ花さんが、
オーケストラに合わせてジークフリート王子とオデット姫の愛の物語を語られます。

画像 17888

「語り」付きの音楽物語「白鳥の湖」のスタートです!

画像 17890

とても判りやすくハナシがまとまっていて(構成:新井鴎子)
これなら子供たちにも楽しく聴けるのではないでしょうか。

画像 17893

音楽と語りが効果的にシンクロして、期待感を盛り上げます。

画像 17894

「愛は勝った!」
象徴的な言葉を野々すみ花さんが語られます。
色々な版が多く存在する「白鳥の湖」。
子どもたちに語るには、やはり愛は勝たないといけません。

画像 17887

全員の弓が上がっていますが、コンマス崔の弓は一際高く上がっています。
「白鳥の湖」演奏終了!

画像 17897

マエストロの右手でもわかるとおり、ちょうどこの後、マエストロと野々すみ花さんは握手を交わされ、健闘を称えあわれていました。

画像 17899

子どもたちは誰も騒がず、ステージに集中してくれました。
静かにお聴き頂き、ありがとうございました。

この後、後半のステージでは、指揮者体験コーナーをやって、ビゼー「アルルの女」より“間奏曲”“ファランドール”、そしてマスカーニ歌劇「カヴァレリア・ルスティカーナ」、ホルスト「惑星」より“木星”を演奏して終了。

阪急阪神ホールディングスグループの社会貢献活動の一環「阪急阪神 未来のゆめ・まちプロジェクト」として行われたコンサートは、大変な盛り上がりの中、終了しました。

阪急電鉄株式会社、並びに梅田芸術劇場の関係者の皆さま、お世話になりました。

画像 18102

一方、こちらは昨日行われた、住友不動産販売「クリスマスステップコンサート」の様子です。

画像 18067

このコンサートも指揮は円光寺雅彦さん。
司会はフリーアナウンサーの好本惠さんが務め、マエストロがサポートされました。

画像 18065

コンサートは、パーセル/「トランペット・ヴォランタリー」で華々しくスタートです!

画像 18069

「クリスマス ステップコンサート」のメインパーソナリティを務められているのは、ご存知千住真理子さん。
司会もされますが、もちろんヴァイオリンも弾かれます。
写真は、第1部の最後を締め括る、ヴィヴァルディの「四季」から“冬”の演奏風景。

画像 18070

指揮者なしの弦楽アンサンブルで指揮者に代わって、
きっかけなどを指示しながらヴァイオリンを弾く千住真理子さん。

画像 18079

普段なかなか共演する機会のないマリンバ。
サルミエントス「マリンバとオーケストラのための協奏曲」は、
マリンバの魅力満載のとても素敵な曲。

画像 18076

今年6月に、「作曲家・林光さんの曲をオーケストラで聴く会」というコンサートで、通崎睦美さんと木琴協奏曲「夏の雲走る」でご一緒しましたが、出田りあさんとご一緒するのは今回が初めてです。
マリンバ、低音は人間の声に近く、とても魅力的な音のする楽器ですね。

画像 18082

その後、千住真理子さんはエルガーの「愛の挨拶」をマエストロと合わせられ、

画像 18092

最後に、メインの曲バレエ「白鳥の湖」から“情景”“4羽の白鳥の踊り”“終曲”を演奏。
クリスマスっぽく、照明効果を狙った演出も登場。
普段のパイプオルガンはご覧の感じですが、

画像 18091

赤い照明を混ぜるとこんな風になり、

画像 18090

青い照明を混ぜるとこんな風に雰囲気が変わります。 

画像 18096

それにしても、「白鳥の湖」って偶然ですね。
先ほどレポートした「阪急ゆめ・まちコンサート」でもやりました。
さすが人気のチャイコフスキー「白鳥の湖」、リクエストが多いです(笑)。

画像 18088

ただし、冒頭の「情景」でオーボエを吹いたのは、大森悠ではなく浅川和宏。
この日のピッチ合わせの音も浅川が担当しました。

コンサートは温かい拍手にお応えして、会場の皆さんとご一緒に「きよしこの夜」を歌い、コンサートは終了しました。

円光寺マエストロの引き出す大フィルサウンドと、和やかなマエストロの語り口調が相俟って、とても楽しいコンサートになりました。
今年も主催の住友不動産販売さまには大変お世話になりました。
そして、寒い中満員のお客さまにお越し頂きまして、ありがとうございました。


明日からはベートーヴェンの「第九」5連続開催に突入します。
そして、クリスマスコンサートを経て、
主催公演の「第9シンフォニーの夕べ」で「第九」を2連続演奏!

そして、年が変わり、新年恒例の「新春名曲コンサート」では、
またまた円光寺マエストロとザ・シンフォニーホールでご一緒します。

(2013年新春名曲コンサート アンコール「乾杯の歌」より市原愛さん、福井敬さん)
5K5A3454_20131213184557a5e.jpg
(C)飯島隆

あっという間に「新春名曲コンサート」がやって来ますよ。
チケットはまだ余裕がありますが、良い席はお早めにお買い求めされる事をお勧めします。

よろしくお願い申し上げます。

(広報:H.I)

    20131213185824_00001.jpg

「第83回 新春名曲コンサート」

日 時:1月13日(月・祝)15:00開演(14:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:円光寺雅彦
独 唱:小林沙羅(ソプラノ)、福井 敬(テノール)
独 奏:吉田 南(ヴァイオリン)
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団

プログラム:
エルガー/行進曲「威風堂々」第1番
レハール/喜歌劇「ジュディッタ」より “私の唇は熱いキスをする” 
A.ララ/グラナダ
ドニゼッティ/歌劇「愛の妙薬」より “ラララララ”
ホルスト/組曲「惑星」より “木星”
チャイコフスキー/懐かしい土地の思い出より “メロディー”
チャイコフスキー/ワルツ・スケルツォ
ラフマニノフ/ヴォカリーズ
プッチーニ/歌劇「トスカ」より “星は光りぬ”
プッチーニ/歌劇「マノン・レスコー」間奏曲
J.ウィリアムズ/映画音楽「スター・ウォーズ」より 
帝国のマーチ~ヨーダのテーマ~王の玉座とエンドタイトル

料 金:A席:5000円、B席:3500円、C席:1500円※完売いたしました。
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

ご予約・お問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890




 
スポンサーサイト

| 演奏会 | 19:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT