PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

今シーズン最後の「第9シンフォニー」が練習場に鳴り響きました!

1年を締め括る「第9シンフォニーの夕べ」のリハーサルが始まりました。

大阪フィルにとって「第9」は特別な曲。
朝比奈時代から数えて、今回の「第9」が714回目と715回目の「第9」となります。

昨年アップした『大阪フィルの「第9」の歴史』のブログはコチラをご覧ください


画像 18288

今年の「第9」を指揮するのは、井上道義マエストロ。
来シーズンから首席指揮者に就任が決まっているマエストロが、新たな本拠地となるフェスティバルホールで指揮をするベートーヴェンの歓喜の歌「第9シンフォニー」。
ありがたいことに、2500席のフェスティバルホール2日間がほぼ完売!
これとは別に、やはり井上マエストロとの共演でザシンフォニーホールで行われた「躍動の第九」も、立ち見まで含めて完売でした。

画像 18283

大阪のクラシックマーケットで6700席が完売!!!
たとえ年末恒例の「第9」だとしても、これは嬉しい事です。
来年度の定期演奏会を考えても大変励みになります。
これは演奏でお客さまに感謝の思いを伝えるしかありません。

画像 18281

この日のリハーサルはオーケストラだけで行われました。
第3楽章の天国的な美しさを持つ音楽から始まったリハーサル。
マエストロの緻密かつ丁寧な指示で音楽が変わっていきます。
強弱、フレージング、アーティキュレーション、etc。

画像 18285

「弦楽器が音楽の背骨になるので・・・」
マエストロの真剣勝負を思わせる練習は、続いていきました。

本日のリハーサルはソリストの皆さまも合流されます。
豪華ソリスト陣は、ソプラノ小林沙羅さん、アルト小川明子さん、福井敬さん、青山貴さん。
小林沙羅さんとは、2011年の新春名曲コンサートでご一緒しています。
小川明子さんは2011年「453回定期」のマーラー“大地の歌”で、ナタリー・シュトゥッツマンの代役で歌って頂きました。
福井敬さんは、2011年の「新春名曲コンサート」では小林沙羅さんとご一緒に、そして昨年の「第9」、今年の「新春名曲コンサート」でもご一緒しています。
青山貴さんとは、2012年「第459回定期」のJ.S.バッハ“ヨハネ受難曲”でご一緒しています。

皆さま、日本を代表するオペラ歌手ですし、大阪フィルとの共演実績もお有りです。
それぞれに素晴らしい音楽作りでご一緒した、ぜひ再び共演したい!と望んだ方たちばかり。

ここに、大阪フィルハーモニー合唱団が加わります。

前日リハーサルの様子もリポートいたします。

  20130918161202_00001_20131011202624840.jpg

「第9シンフォニーの夕べ」、チケットは29日は既に完売!
30日は、ステージが少し見切れるお席と、バルコニーボックス席を急きょ開放致しました。
大阪フィルチケットセンターは本日13時以降は営業時間外となるため、フェスティバルホールチケットセンター(06-6231-2221)にお問合せくださいませ。
29日の営業時間中(10時~18時)に予約を受け付けるのと、初日29日の公演終了後まで、ホールチケットセンター窓口で販売しています。

フェスティバルホールのゴージャスな雰囲気の中、2013年を締め括る「歓喜の歌を」皆さまとご一緒に楽しみましょう。
ご来場をお待ちしております。

(広報:H.I)

「第9シンフォニーの夕べ」
日 時:12月29日(日)、30日(月)19:00開演 
会 場:フェスティバルホール
指 揮:井上道義
独 唱:小林沙羅(ソプラノ)
    小川明子(アルト)
    福井 敬(テノール)
    青山 貴(バリトン)
合 唱:大阪フィルハーモニー合唱団
曲 目:ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調「合唱付」 作品125
 
※29日は完売! 
 残りは30日のみ数枚。
料 金:A席:6000円のみ残券あり B席、C席、D席、Box席:は完売
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

<ご予約・お問い合わせ>
大阪フィル・チケットセンター:06-6656-4890
フェスティバルホールチケットセンター:06-6231-2221

スポンサーサイト

| 演奏会 | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT