PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本日「第9シンフォニーの夕べ」初日。 チケットは完売です!

大阪フィル年末恒例の「第9シンフォニーの夕べ」は、いよいよ本日と明日開催です。
ソリストの皆さまと合唱団と一緒に行った、前日リハーサルをリポートしましょう。

画像 18291

この日、リハーサルに先駆けて、ソリストの皆さまと井上マエストロによる調整が行われていました。
もちろん実力派ソリストの皆さまですが、井上マエストロの曲の解釈を聞くのはこのタイミングが初めて。
マエストロの注文を聞かれて、しっかり修正されていました。

画像 18293

コンサートマスターは首席客演コンマス崔 文洙(チェ・ムンス)。
彼のチューニングからリハーサル開始です。

画像 18313

今年の「第9シンフォニーの夕べ」を指揮するのは、井上道義マエストロ。

画像 18294

第4楽章、喜びの歌のテーマが出る少し前から、スタートです。

画像 18296

すぐにバリトンソロが始まりました。
バリトンは二期会所属で、人気ユニットIL DEVUのメンバーでもある青山貴さん。
一昨年のヴィンシャーマン指揮「ヨハネ受難曲」でも圧倒的な低音ボイスを聴かせて下さいました。
青山さんの「フロイデ!」に対し、合唱団は「フロイデ!」で応えます。
そして、大合唱に発展し、
Alle Menschen werden Brüder  Wo dein sanfter Flügel weilt
「優しき羽に抱かれて、全ての人々は兄弟となる」
と締め括ります。

画像 18303

ソリストの皆さまをご紹介いたしましょう。
左からソプラノ小林沙羅さん、アルト小川明子さん、テノール福井敬さん、バリトン青山貴さん。
皆さん、人気と実力を兼ね備えた日本を代表するオペラ歌手です。

画像 18311

大阪フィルとの共演回数も多いテノールの福井敬さんは、現在もっとも脂の乗ったテノール。
今年、イタリア・ボローニャ歌劇場との提携公演『椿姫』アルフレード、東京二期会『ホフマン物語』ホフマン、東京二期会『ワルキューレ』(神奈川県民ホール・びわ湖ホール共同制作)ジークムントと話題の公演での主演が続きました。
今年の「新春名曲コンサート」のトゥーランドット「誰も寝てはならぬ」が忘れられません。
そんな福井さんと一緒に
Laufet, Brüder, eure Bahn  Freudig, wie ein Held zum Siegen
「兄弟たちよ、自らの道を進みなさい 喜びあふれる英雄のように」
と歌える男声メンバー、幸せですね。

画像 18302

マエストロはオーケストラ同様、合唱団にも細かく指示を出されます。

画像 18317

ドイツ語の発音も強弱記号についても的確な指示が飛びます。
「うーん、それじゃフォークソングのようだ。」
笑いを誘いながら、きちんと合唱団をマエストロのイメージするところに持って行かれます。

画像 18306

今年創立40周年を迎えた大阪フィルハーモニー合唱団。
男声、女声それぞれ30人~40人ほどと、バランスのとれた人数ですが、総勢140人ほどと決して大編成の合唱団ではありません。
びわ湖ホールで開催した「KEIBUN第九」の合唱団は300人ほどの大合唱でした。

画像 18319

決して人数は多くないもののしっかり声が出ていて、シラー、ベートーヴェンが語る人類愛をお聴き頂けると思います。

画像 18326

スター級のソリストたちともしっかり渡り合っていた合唱団。
通算216回、217回目の合唱団の「第9」をご堪能いただきたいと思います。

画像 18323

本番のフェスティバルホールのステージで、オーケストラ、合唱、ソリストの音のバランスをどうとるか。
マエストロの腕の見せ所ですね。

画像 18314

今年の「第9シンフォニーの夕べ」は、大阪フィルハーモニー合唱団創立40周年記念と銘打って行います。
当日お配りするプログラムには、合唱団の歴史が写真入りで紹介してあります。
大フィル合唱団の歴史は、大阪フィルの歴史。
日本初のオーケストラ専属合唱団として40年の歳月を歩んできた大フィル合唱団。
先月はブリテンの「戦争レクイエム」で悪戦苦闘していた合唱団。
来年にはヴィンシャーマンとの「マタイ受難曲」も決まっています。
どうぞこの機会にチェックしてみてください。

  20130918161202_00001_20131011202624840.jpg

本日の「第9シンフォニーの夕べ」はチケット完売しています。
当日券はございません。
あす30日のチケットは少しだけ残っております。

大阪フィル・チケットセンターの年内の営業は終了しておりますので、
フェスティバルホールチケットセンター06ー6231ー2221へお問い合わせください。
直接フェスティバルホールの窓口でもお買い求めいただけます。

では、フェスティバルホールでお待ちしています。

(広報:H.I)

「第9シンフォニーの夕べ」
日 時:12月29日(日)、30日(月)19:00開演 
会 場:フェスティバルホール
指 揮:井上道義
独 唱:小林沙羅(ソプラノ)
    小川明子(アルト)
    福井 敬(テノール)
    青山 貴(バリトン)
合 唱:大阪フィルハーモニー合唱団
曲 目:ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調「合唱付」 作品125
 
※29日は完売! 
 残りは30日のみ数枚。
料 金:A席:6000円のみ残券あり B席、C席、D席、Box席:は完売
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。

<ご予約・お問い合わせ>
フェスティバルホールチケットセンター:06-6341-2221


スポンサーサイト

| 演奏会 | 08:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT