PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

學校唱歌が胸に沁みた「ニューイヤーコンサート」、素敵でした!

大阪フィルのOBでもある指揮者・泉庄右衛門さんの指揮で演奏する「ニューイヤーコンサート」が、先日行われました。

画像 18491

泉庄右衛門さんが主催する「唱歌の学校」の生徒による「心のうた」合唱団などが出演する「ニューイヤーコンサートおおさか」。
毎年1月に行われるコンサートとして定着していますが、昨年は9月にフェスティバルホールでヴェルディ生誕200年を記念した「歌劇王ヴェルディの肖像」というコンサートも行われました。

コンサート「歌劇王ヴェルディの肖像」はコチラをご覧ください。


画像 18497

指揮の泉庄右衛門さんは大阪フィルのOBでもあり、指揮を朝比奈隆・創立名誉指揮者や外山雄三さんに師事されています。

画像 18495

「唱歌の学校」は、泉庄右衛門さんが阪神淡路大震災の心のケア―になればと平成8年に開校されました。
2年半で「小學唱歌集」全162曲を歌って卒業。
生徒の皆さんは、卒業した後も合唱を歌い、現在約300名が月3回の練習に通われています。
そんな皆さんの発表の場「ニューイヤーコンサート」もすっかり恒例となりました。

画像 18498

残響2秒の素晴らしい音響で有名なザ・シンフォニーホール。
アリーナ形式のシューボックス型のホールは、どこで聴いてもバッチリです。
今回は合唱団が多く、オルガン前のクワイア席と上手下手側のRAからRC、LAからLCまでを合唱団が占めました。
2階バルコニー、下手側のLBあたりからステージを見るとこんな感じに見えます。
オーケストラを横から見るというのは珍しいですね。
目の前の奏者の演奏している様子も良く見えます。

画像 18499

LAとクワイア席の間からステージを見ると指揮者の表情はよくわかります。
合唱団もオーケストラも後ろから見る形になります。
こちら側から見たザ・シンフォニーホールのステージの映像、余り見る機会がないですよね。

画像 18505

この日のプログラム、前半は・・・
宮川彬良バージョンの《唱歌アルバム》で、・どこかで春が ・花 ・朧月夜 ・こいのぼり ・夏は来ぬ ・われは海の子・秋はしずかに ・もみじ ・赤とんぼ ・村祭り ・たき火 ・冬景色 ・スキー ・故郷を聴いていただき、 
引き続き、小林秀雄:“落葉松”、佐藤 眞“大地讃頌”と、合唱曲をたっぷりと聴いていただきました。

画像 18502

後半は、オーケストラがウェーバー/円舞曲「舞踏への勧誘」を演奏した後、
ソプラノ:福田祥子さん、メゾ・ソプラノ:泉 規子さんが登場。
プッチーニの曲から、歌劇「トゥーランドット」より リューのアリア、歌劇「マノン=レスコー」間奏曲、歌劇「蝶々夫人」より ある晴れた日に、プッチーニ/歌劇「蝶々夫人」より 花の二重唱を熱唱されました。
最後はニューイヤーらしく、J.シュトラウスⅡ世/シャンペン・ポルカと、ワルツ「美しく青きドナウ」を演奏して本編は終了。

画像 18507

そしてアンコールは、元気いっぱいに“ラデツキー”!ではなく、
レスピーギの“シシリアーナ”でしっとり演奏し、“ふるさと”の大合唱でコンサートは終了しました。

オーケストラの魅力はもちろん、唱歌の魅力、合唱の魅力を堪能して頂けたのではなかったでしょうか。

お客さまには寒い中、ご来場いただきまして有難うございました。
泉庄右衛門さん始め、関係者の皆さま。お疲れさまでした。
来年もよろしくお願い申し上げます。


今回のコンサートでもザ・シンフォニーホールの音響の良さが際立ちました。
そのザ・シンフォニーホールに鳴り響く大フィルサウンドをご堪能頂けるコンサートをご案内いたします。

ソワレ・シンフォニーVOL.1

これまでにも何度かご紹介をしている「ソワレ・シンフォニー」です。
ザ・シンフォニーホールと大阪フィルがタッグを組んで開催するこのシリーズ企画・・・

開演時間はいつもより遅めの19時半で、休憩を挟まない60分コンサート。
プログラムはメインの交響曲(初年度はすべて第1番)とオープニングの曲で構成。
チケットはすべて全席3500円均一指定。
開演10分前より、ステージ上でマエストロによるプレトークを実施。
ざっとこんなコンサートです。

第1回目は4月16日に開催。
高関健さんに指揮をしていただきます。
プログラムは、ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲とマーラー/交響曲第1番「巨人」と、
高関マエストロお得意のプログラムです。

こちらのコンサート、チケットは既に今月21日より発売しております。
すべての席が3500円。定期演奏会ならS席7000円の席も3500円です!
どうぞお早めのチケット入手をおススメいたします。

VOL.2以降のオープニングの曲が決まりましたのでお知らせいたします。
赤字が新たに決まった曲です。


大阪フィル×ザ・シンフォニーホール〈ソワレ・シンフォニー〉Vol.1
日時:2014年4月16日(水) 19:30開演
会場:ザ・シンフォニーホール
指揮:高関健
曲目:ウェーバー/歌劇「魔弾の射手」序曲
マーラー/交響曲 第1番 ニ長調 「巨人」  
料金:全席指定3,500円  発売日:2014年1月21日(火)

大阪フィル×ザ・シンフォニーホール〈ソワレ・シンフォニー〉Vol.2
日時:2014年7月31日(木) 19:30開演
会場:ザ・シンフォニーホール
指揮:尾高忠明
曲目:エルガー/行進曲「威風堂々」第1番ニ長調 作品39-1
エルガー/交響曲 第1番 変イ長調 作品55  他
料金:全席指定3,500円  発売日:2014年4月22日(火)

大阪フィル×ザ・シンフォニーホール〈ソワレ・シンフォニー〉Vol.3
日時:2014年10月15日(水) 19:30開演
会場:ザ・シンフォニーホール
会場指揮:外山雄三
曲目:外山雄三/前奏曲(2012)
チャイコフスキー/バレエ組曲「白鳥の湖」より“情景”、“四羽の白鳥”“チャルダッシュ”

チャイコフスキー/交響曲 第1番 ト短調 作品13 「冬の日の幻想」  他
料金:全席指定3,500円  発売日:2014年7月22日(火)

大阪フィル×ザ・シンフォニーホール〈ソワレ・シンフォニー〉Vol.4
日時:2015年1月15日(木) 19:30開演
会場:ザ・シンフォニーホール
指揮:大山平一郎
曲目:ブラームス/大学祝典序曲 ハ短調 作品80   
ブラームス/交響曲 第1番 ハ短調 作品68  他
料金:全席指定3,500円  発売日:2014年10月21日(火)


そしてもうひとつ、「ソワレ」に対して「マチネ」です。

コチラは6年目に突入する「マチネ・シンフォニー」。

マチネ・シンフォニー” border=

「なかなか夜のコンサートは出難くて・・・」と言われる皆さまに対してお贈りするコンサートです。
昼間のコンサートですが、よくある「ランチタイムコンサート」と言われるソフトなものではなく、「マチネ定期演奏会」と言えるほどのしっかりした重量級コンサートです。
第1回目から井上道義マエストロに指揮をお願いしています。

これまでに、「惑星」全曲やマーラー交響曲第1番「巨人」、サン=サーンス/交響曲第3番「オルガン付き」などを演奏してきました。

来シーズン開催する2本のコンサートは、協奏曲と交響曲で構成されたプログラム。

コチラはチケットがA席4000円とB席3000円。
2公演セット券を購入するとA席6000円、B席4000円と随分お安くなります。
2公演セット券は今月21日から発売しております。

良い席はお早めにゲットしてください。 

(広報:H.I)

「マチネ・シンフォニーVol.11」 
日時:5月21日(水)14:00開演
会場:ザ・シンフォニーホール 
指揮:井上道義 独奏:オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)
曲目:ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
   ブラームス/交響曲 第2番 二長調 作品73

「マチネ・シンフォニーVol.12」 
日時:11月13日(木)14:00開演
会場:ザ・シンフォニーホール 
指揮:井上道義 独奏:マリオ・ブルネロ(チェロ)
曲目:ドヴォルザーク/チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
   ベートーヴェン/交響曲 第5番 ハ短調 作品67 「運命」

料金:セット券 A席6,000円 B席4,000円
     1回券 A席4,000円 B席3,000円
発売日:2公演セット:2014年1月21日(火)
      Vol.11 :2014年2月25日(火) Vol.12:2014年7月22日(火)


スポンサーサイト

| 演奏会 | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT