PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明日10時、来シーズン定期演奏会前期分のチケット発売です!

2014年ー2015年シーズンの定期演奏会 前期分のチケット発売がいよいよ明日10時から始まります。

首席指揮者に井上道義氏を迎え、会場をフェスティバルホールに移して行う来年度の定期演奏会。
迫力溢れるの大フィルサウンドをゴージャスなフェスティバルホールでお楽しみください!

    20131219213517_00001.jpg

今回発売するのは4月の「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」にあたる「第477回定期演奏会」を含む9月までの5公演。
既に受付けを開始している新規定期会員の状況がとても好調なのは、井上道義氏を首席指揮者に迎える事に加え、フェスティバルホールに本拠地を移したことも影響しているのでしょうか。
実際にフェスティバルホールに移り、金曜と土曜の開催が随分増えることで、行きやすくなったという声を多く頂いております。

出来たばかりのチラシを見ていただきながら、各回定期の聴きどころを紹介いたしましょう。

来シーズンのチラシは、フェスティバルホールの象徴!とも言える大階段をバックにデザインしました。
階段に限らず、ステージ、ホワイエ、客席とどこも絵になるフェスティバルホールですが、
やはりまず目に入るのが大階段ですからね。

来シーズンはこの公演から始まります。

「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」!

   【♯477】チラシ

会場をフェスティバルホールに移して行う今シーズンの定期演奏会。
就任披露の曲は、人気と実力を兼ね備えたスターヴァイオリニスト 神尾真由子さんがソリストを務めるチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲と、井上道義マエストロ得意のショスタコーヴィチ/交響曲第4番!
大掛かりな楽器編成と、全楽器において高い技術が求められるショスタコーヴィチ4番は、マエストロと大阪フィルならではのダイナミックなサウンドを思う存分堪能して頂ける大作です。

大空間のフェスティバルホールに広がる大阪フィルの新たな響きにご期待ください。

そして、井上道義マエストロの首席指揮者就任を、皆さんで祝福していただけるなら、
これほど嬉しいことはございません。
ご当地、大阪出身の神尾真由子さん、昨日の「情熱大陸」をご覧になられた方もたくさんいらっしゃるでしょう。
世界の神尾真由子さんが「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」に華を添えてくださいます!
チケット、お急ぎください。

   【♯478】チラシ

5月の「第478回定期」は、定期3度目の登場となるイオン・マリンです。

ベルリンフィルをはじめ世界の主要オーケストラと共演を重ね、大忙しのイオン・マリン。
3度目の定期でマエストロが取り上げる曲は、ベートーヴェンの交響曲第2番とブラームスの交響曲第4番いうドイツ音楽の王道プログラム。
大阪フィルにとっても朝比奈時代から繰り返し演奏してきた大切なレパートリーです。
ウィーン国立歌劇場の常任指揮者時代、音楽監督を務めていたのは先日亡くなったアバド。
彼の下でオペラを学び、以来メトロポリタン歌劇場、ミラノ・スカラ座、バイエルン国立歌劇場、ドレスデン国立歌劇場、フェニーチェ歌劇場、パリ・オペラ座などを指揮し、オペラ指揮者として知られるイオン・マリン。
マエストロがこの2作をどのようなアプローチで聴かせてくれるか。
ぜひともライブでお聴きください。

   【♯479】チラシ

「第479回定期」はとても興味深い組み合わせでお楽しみください。
今年88歳になるピアノの巨匠アルド・チッコリーニが、大阪フィル定期に初登場!
ひとたびピアノの前に座るや、年齢を感じさせない情熱的なピアノ演奏を繰り広げるチッコリーニ。
しかもフランス音楽の大家であるチッコリーニのサン=サーンス/ピアノ協奏曲第5番「エジプト風」がライブで聴けるまたとないチャンスです。

指揮は毎回バラエティに富んだ選曲で大阪フィルの魅力を引き出してくださる下野達也さん。
今回はマエストロが好んで取り上げるヒンデミットの交響曲「画家マチス」をメインに、ラヴェルの「古風なメヌエット」、演奏機会の少ないブルックナーの序曲ト短調などを演奏。
盛りだくさんなプログラムを一夜で聴ける贅沢な定期です。

   【♯480】チラシ

大阪フィル伝統のブルックナー交響曲を今年定期で指揮するのは、2度目の共演となるユベール・スダーン。
大阪フィルとの初共演は、一昨年のいずみホールでのシューベルト交響曲第8番「グレイト」でしたが、リハーサル初日から細部にこだわったマエストロの丁寧な練習と流れのある音楽作りにメンバー全員が引き込まれていました。

今回はマエストロが得意とするシューベルト交響曲第5番とブルックナー交響曲第4番。
朝比奈時代から幾多の名演を生んできた「ロマンチック」に、新たな名演が加わる予感がします。
この演奏は聴き逃せませんね!

   【♯481】チラシ

桂冠指揮者の大植英次マエストロは、師バーンスタイン譲りの得意とするマーラー/交響曲第6番「悲劇的」で登場です。
この力の入ったマエストロをご覧ください。
このチラシ、裏をめくるとマエストロの満面の笑みが登場いたします。
この豊かな表情はマエストロの指揮とは切り離せないものですね。

監督就任2年目の「第386回定期」以来となる大植マエストロの「悲劇的」。
当時の演奏はフォンテックレーベルよりCDにもなり、推進力を生かした畳み掛けるような演奏で大変話題となりました。
今回、ファンの皆さまのご要望にお応えして、9年ぶりの再演が決定!
壮絶なフィナーレは、マーラーの全交響曲中唯一短調で終わることから「悲劇的」と名づけられたことでも知られる大変ドラマチックな作品です。
多種多様な打楽器が登場し、終楽章では運命の一撃がハンマーで強烈に打ち鳴らされます。
まさに大空間のフェスティバルホールにぴったりのダイナミックなシンフォニーを、どうぞライブでお楽しみください。


ご覧のように、聴き所満載の大阪フィル来シーズンの「定期演奏会」。
いよいよ明日4日、10時よりチケットが発売となります。

発売に当たって、ぜひご紹介しておきたいことがございます。

まずは、「学生券」のことです。

大阪フィルでは4月から定期演奏会の会場をフェスティバルホールに移すにあたり、増加する客席数を活用して将来の音楽文化の担い手、学生の皆さまに大阪フィルの音楽に触れていただこうと新たに「学生席」制度を設けます。
「学生席」は25歳以下の学生を対象に、3階席に限り、一律1000円で販売致します。
こちらはインターネットのみの取扱いで、整理番号付き引換券を当日学生証を持参の上、チケットと交換していただくシステムとなります。
大阪フィルホームページのトップ画面「チケットのご購入」より手順に沿って学生席をご購入ください。
整理番号順に良いお席をご用意させていただきます。(当日先着順ではありません)
学生証は当日必ずお持ちください。入場後も係員が提示をお願いする場合がございます。


そしてもう一つ、「学生席」の販売方法でも触れましたが・・・
明日より一般の方に向けて、チケットの販売方法が増えます。
フェスティバルホールとザ・シンフォニーホールのチケットが、インターネットより購入出来るようになります。
もちろん席が選べてセブンイレブンやファミリーマートでの引取りが可能。
もちろんクレジット決済や郵送も出来ます。
このサービス利用に際して面倒な事前会員登録は不要。即時お取引が可能です。
気になるコンビに発券手数料は、170円と他社に比べても安めの設定です!


どうぞ大フィルHPトップ画面からアクセスしてください。

明日発売する「定期演奏会」前期分のラインナップはコチラです。
良い席は、早めのアクセスをオススメします。

(広報:H.I)

【大阪フィルハーモニー交響楽団 2014年度 定期演奏会】
会場:フェスティバルホール

「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」
第477回 2014年4月4日(金)19:00開演・4月5日(土) 15:00開演
指揮:井上道義 独奏:神尾真由子(ヴァイオリン)
曲目:チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 
   ショスタコーヴィチ/交響曲 第4番 ハ短調 作品43

第478回 2014年5月28日(水)19:00開演・5月29日(木)19:00開演
指揮:イオン・マリン
曲目:ベートーヴェン/交響曲 第2番 ニ長調 作品36
   ブラームス/交響曲 第4番 ホ短調 作品98

第479回 2014年6月26日(木)19:00開演・6月27日(金)19:00開演
指揮:下野竜也 独奏:アルド・チッコリーニ(ピアノ)
曲目:ラヴェル/古風なメヌエット
   サン=サーンス/ピアノ協奏曲 第5番 ヘ長調 作品103 「エジプト風」
   ブルックナー/序曲 ト短調
   ヒンデミット/交響曲 「画家マティス」

第480回 2014年7月18日(金)19:00開演・7月19日(土)15:00開演
指揮:ユベール・スダーン
曲目:シューベルト/交響曲 第5番 変ロ長調 D.485
   ブルックナー/交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」

第481回 2014年9月25日(木)19:00開演・9月26日(金)19:00開演
指揮:大植英次
曲目:マーラー/交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」

料金:A席6,000円 B席5,000円 C席4,000円 
   学生席(3階席)1,000円 BOX席7,000円

発売日:前期1回券(一般)2014年2月4日(火)
     
スポンサーサイト

| お知らせ | 22:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT