PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「第477回定期演奏会」初日、本日19時開演です!

ザ・シンフォニーホールで定期演奏会を行うのは、本日と明日開催する「第476回定期演奏会」が最後となります。

2003年、大植英次が第2代音楽監督になったタイミングで定期の会場はザ・シンフォニーホールへと移動しておりましたが、4月より本拠地をフェスティバルホールに戻すからです。

画像 18989

今回の定期、メンバーにとっても特別な演奏会となります。
感傷的な意味ではなく、ホール特性を意識しながら楽器を鳴らすのがプロの奏者。
ザ・シンフォニーホールとフェスティバルホールでは響きが全く違います。
次回からはフェスティバルホールが基準になります。

画像 18981

「定期の会場が変わっても、色々な演奏会をザ・シンフォニーホールで出来るのは良いですね」
尾高忠明マエストロは仰います。

「はい!」(笑)
マエストロには今年から始める新しいシリーズ「ソワレ・シンフォニー」のVOL.2(7/31)にも登場願い、シベリウスと並んでお得意のエルガー交響曲第1番を指揮して頂きます。

画像 18988

そして、びわ湖ホールで行う「ラ・フォル・ジュルネびわ湖2014」でも2ステージご一緒させて頂きます(4/27)。
今年はマエストロに指揮をして頂く機会が多いのです。
前にも書きましたが、日本中のオーケストラがマエストロに指揮をして欲しい!と願っているだけに、有難い事でございます。

画像 18986

色々とハナシをしている間に、リハーサル3日目は始まってしまいました。
この日もシベリウスからの練習です。
初日に通した演奏は、すっかり変わっております。
何と言っても、この寒い季節に聴くシベリウスはこれまた格別です(笑)。

画像 18987

細かくアーティキュレーションや強弱記号のチェックを受けたメンバーが、指示通り上手く演奏すると、

画像 18983

マエストロからはgood!のサインが飛び出します。
本番中にも思わずマエストロがgood!を出す演奏が出来ますでしょうか。
楽器は違いますが同じメロディから始まり、同じようにピッツィカートで終わる1楽章と4楽章。 抒情的な2楽章にスケルツォの3楽章。
2番の交響曲の影に隠れている1番ですが、良い曲ですよ!
ぜひライブでお聴き頂きたい曲です。

画像 18996

リハーサル後半は、ベートーヴェンのピアノ協奏曲「皇帝」です。
実は今回のプログラム、チケット発売前のタイミングではありましたが、曲目変更がありました。
当初、ショパンのピアノ協奏曲第1番を演奏予定だったのですが、ネルソン・フレイレの強い希望で「皇帝」に変更となったのです。
尾高マエストロとは、「ショパンのコンチェルトをやるのなら、同じポーランドの作曲家パヌフニクが生誕100年に当たる事から、パヌフニクの「カティンの墓碑銘」を演奏しましょう!」と一度は決めたのですが、ショパンが無くなるなら演奏するのもどうかということになり、結果「皇帝」とシベリウス1番の2曲プログラムになりました。
どうぞお間違いありませんように、あらためてご案内申し上げます。

画像 19000

2曲プログラムになりましたが、「皇帝」は演奏会の前半を覆い尽くすほどの大曲です。
ベートーヴェンの5曲のピアノ協奏曲の中では、演奏時間、編成ともに最大規模。
ピアノ独奏以外は、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ1、弦五部という編成。
演奏時間は約40分となっています。

画像 18992

今回のソリストは巨匠ネルソン・フレイレ。
世界規模で演奏活動をされているビッグネームですね。
1975年のヨーロッパ公演以来、約40年振りの共演なので、初めてみたいなものです。
なので、共演をたいへん楽しみにしていました。

画像 18993

ネルソン・フレイレのピアノは、ブラジル人特有のリズムを感じるところがあります。
ラテン系というのでしょうか、とにかくアグレッシブ。
この日のリハーサルでも、マエストロとのちょっとした駆け引きが見られました。

画像 18998

尾高マエストロは何があってもオーケストラをまとめ上げれる事を確認したネルソン・フレイレ、本番では疾風怒濤のごとき大迫力の「皇帝」が聴けるかもしれません。
いずれにしてもスリリングな「皇帝」をどうぞお楽しみください。

大阪フィルの定期をザ・シンフォニーホールで聴ける最後の機会です。
ぜひお越しください!

本日の公演、チケットに余裕がございます。
今シーズン限りとなる「学生・シニア当日券」は、18時半より販売致します。
25歳以下の学生の皆さまと60歳以上のシニアの皆さまは、身分証をお持ちになってお越しください。
お席は選んでいただけませんが、1000円でご入場いただけます。
この制度も今回の定期演奏会までの実施となりました。
寒いのでどうぞ18時半を目指してお越しください。

ザ・シンフォニーホールでお待ちしております。

(広報:H.I)

   3月定期チラシ

「第476回定期演奏会」

日 時:3月13日(木)、14日(金)19時開演(18時開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:尾高忠明
独 奏:ネルソン・フレイレ(ピアノ)
曲 目:ベートーヴェン/ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73 「皇帝」
    シベリウス/交響曲 第1番 ホ短調 作品39
料 金:A席:6,000円 B席:5,000円 C席:4,000円 D席、S席は完売
※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。
※当日券は開演の1時間半前から販売いします。
※プレトーク・サロンを開演30分前より2階ホワイエで行います。お立ち寄りください。
※学生・シニア当日券を1000円で販売致します。 25歳以下の学生と、60歳以上のお客様は開演30分前の時点で当日券がある場合、お1人様1000円で入場頂けます。 ご入場の際、学生の方は学生証を、60歳以上の方は年齢を証明出来るものをご提示いただきます。 なお、座席はお選び頂けませんのであらかじめご了承願います。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 12:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT