PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」リハーサル開始!

桜満開の中、4月です。
大阪フィルにとって特別なシーズンが始まりました。
この日は「第477回定期演奏会」のリハーサル初日。
「第477回定期」というより、「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」と言った方がピン!と来るかもしれません。

017_20140402025618726.jpg

4月1日、シーズン最初の日が「首席指揮者就任披露演奏会」のリハーサル初日というのは、出来過ぎな感じもしますね。

楽団員も事務局スタッフも、心地よい緊張感を持ちながらこの日を迎えた事と思います。
そして、井上道義マエストロもそうだったのではないでしょうか。

026_20140402025619cdd.jpg

「ショスタコの4番はいちばん好きな曲なんです。この曲で皆さんと新しい関係を持てることがとても嬉しい!」

井上マエストロがリハーサル冒頭、語り始めました。

「この曲は正真正銘大傑作です。これを書いた後に、ショスタコーヴィチがもし亡くなっていたとしても、永遠に名前を残していたと思います。この4番はそれほどの曲です。」

019_20140402025620c6b.jpg

マエストロの思いをひとしきり語った後、リハーサルが始まりました。

普段は簡単な挨拶のあと、いきなり指揮棒をおろされるマエストロ、
この日は色々と話をされた事で、マエストロのこの演奏会に向けた特別な思いはメンバー全員に伝わりました。

045_20140402030000bef.jpg

「よし、やってやろう!」そんな思いを持って、リハーサルが始まりました。

ショスタコーヴィチの交響曲第4番、1楽章冒頭から超ド級!、度肝を抜かれる曲です。
ご覧のように大編成を要する曲なのです。

033_2014040203000281e.jpg

マエストロはこの曲を「ヘビメタシンフォニー」と呼ばれます。
ポップスを意識して書かれた部分もあるのでしょうが、
「クラシックは上品でおとなしい感じ。」なんてうそぶく人たちに教えてあげたい、
PA無しで聴かせる、とびきり迫力の骨太サウンドなのです。

オーケストラサウンドの醍醐味を堪能して頂けると思います・

034_20140402030003ae5.jpg

この曲に触れる時、やはりまず楽器編成の大きさに触れるべきなのでしょう。
この写真に写っている楽器でいうと、
木管楽器のフルート4、ピッコロ2、クラリネット4、小クラリネット1、バスクラリネット1
金管楽器はトランペット4 (クラリネット1番の金井とトランペット1番の秋月は次の写真に写っています。)

035_2014040203075955b.jpg

こちらの写真では、
木管楽器は、オーボエ4(4番はイングリッシュホルン持ち替え)、ファゴット3、コントラファゴット1
金管楽器は、トロンボーン3、チューバ2
打楽器は、ティンパニ2、シンバル、トライアングル、大太鼓、小太鼓、シロフォン、タムタム、グトッケンシュピール、チェレスタ、カスタネット、ウッドブロック(前の写真と、次の写真の後ろにも楽器が並んでいます)
そしてハープ2

036_20140402030800215.jpg

こちらの写真は、金管楽器のホルン8。ホルンの1番は高橋将純が担当。
それに弦五部が入ります。

032_20140402030801ada.jpg

ショスタコーヴィチ4番の木管とトランペット、トロンボーンの1番奏者は、
フルート野津貴臣博、オーボエ浅井和宏、クラリネット金井信之、ファゴット久住雅人、トランペット秋月孝之、トロンボーン ロイド・タカモトが務めます。

029_20140402030447809.jpg

このように楽器編成的にも大きく多くの人数を要する曲ですが、技術的にも相当難易度の高く、管楽器にはソリスト級の技術を求められる曲でもあります。

第1楽章のフーガの場面では、弦楽器も驚異的な速弾きが求められるなど、すべての楽器に聴かせどころが満載の曲。

初演が急きょ中止になり、その後25年間もお蔵入りとなったり、謎の多い隠れた名曲として取り上げられるくらいで、ショスタコーヴィチの作品的には圧倒的に交響曲5番の陰に隠れる感じですが、魅力満載の曲です。

そのあたりについては、リハーサル2日目のレポートでお知らせします。

最後に「井上道義 首席指揮者就任記念演奏会」に向けてオリジナルのグッズを作りました。

053_20140402031014c48.jpg

3色ボールペン(500円)とクリアファイル(200円)、そしてステッカー(150円)です。
井上道義が燕尾服で手を広げている姿をデザインしています。

3色ボールペンは滑らかな書き味でお馴染み、三菱uniのジェットストリーム。
これに、Tシャツ(1500円 白、黒、青)が加わります。

すべて個数限定、売切れ次第終了となるレアものです。
4日と5日、フェスティバルホール5階のメインホワイエで販売いたします。
両日で残った分は、後日Tシャツ以外はホームページからもお買い求めいただけます。

どうぞよろしくお願いします。

チケットは、B席とC席になりますが、まだお買い求めいただけます。
記念すべき「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」にお越しくださいませ。

フェスティバルホールでお待ちしております。

(C)飯島隆


    【♯477】チラシ

井上道義 首席指揮者就任披露演奏会
「第477回定期演奏会」 
日 時:2014年4月4日(金)19:00開演・4月5日(土) 15:00開演
場 所:フェスティバルホール
指 揮:井上道義 
独 奏:神尾真由子(ヴァイオリン)
曲 目:チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 
    ショスタコーヴィチ/交響曲 第4番 ハ短調 作品43
料 金:A席6,000円 B席5,000円 C席4,000円 
    学生席(3階席)1,000円 BOX席7,000円
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。
※プレトーク・サロンを開演30分前より2階ホワイエで行います。お立ち寄りください。

チケット販売所:
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
大阪フィル・ホームページ http://www.osaka-phil.com/
フェスティバルホール チケットセンター 06-6231-2221
             http://www.festivalhall.jp/(要事前登録)
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:218-936】

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 14:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT