PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」は、本日もございます!

「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」初日は、満員のフェスティバルホールで大盛況のうちに終了致しました。

ご来場頂きましたお客さまには、この場を借りて御礼申し上げます。
残念ながら行けなかったけど応援していたよと言ってくださる皆さま、感謝申し上げます。

この日を象徴する写真としてまずこの写真からご覧頂きましょう!

    064_20140405035846f68.jpg

本番を終えた井上マエストロと神尾真由子さんの2ショット写真です。
納得の演奏が出来たという誇りと満足感が、お二人の表情から見てとれると思います。

この後マエストロはショスタコーヴィチ交響曲4番の圧倒的な演奏を指揮する訳です。
本当に凄いパワーですね。

凄いパワーと言えば・・・
実は、首席指揮者就任のこの日、主役の井上道義は朝から大忙しでした。

007_20140405035848baf.jpg

朝からNHKラジオ第一放送「関西ラジオワイド」にゲスト出演。
この番組、関西の今を伝えるラジオの人気番組です。
ツイッターで番組の事を呟いたので、聴いて下さった方、きっとおられるはず。
楽しいひと時を過ごしました。
パーソナリティの大山武人さん、石倉美佳さんと、記念のショットです。

012_20140405035850db8.jpg

朝日カルチャーセンター主催、第1回「大フィル定期演奏会 満喫講座」にも出演。
90名ほどの受講生の皆さまに、大阪フィル首席指揮者としての抱負や、演奏曲目の聴きどころなどを語りました。

この講座、会場はフェスティバルホールの1階席後方メインホワイエに椅子を並べて行いました。
フェスのメインホワイエで講座開催、とっても贅沢ですね。
受講されている皆さまは、その後ホールでゲネプロ前半部分を聴いていただきました。

026_20140405035851902.jpg

マエストロは暫しの休憩の後、ゲネプロに臨みました。
曲順はプログラムとは逆で、ショスタコーヴィチの交響曲第4番からスタート。

015_20140405040248e1f.jpg

この3日間、かなり細かく練習をやって来ました。
しかし、練習場とは根本的に響きが違い過ぎます。
本番のホールで音の響き具合、バランスを調整するマエストロ。

020_20140405040248c56.jpg

「この部分、練習場では大きすぎると思っていたけど、もっと出して構わないよ!」
「そこ、もっとはっきりください!」
マエストロの声が響きます。

033_20140405040250e30.jpg

総勢120名の気持ちをキュッとまとめるためには、コンサートマスター崔文洙との関係がとても大切になります。
マエストロと崔文洙は、数々の演奏会を共に経験してきたいわば戦友。
井上道義 首席指揮者就任披露演奏会にコンマス崔が燃えない訳はありません。

029_20140405040251ae7.jpg

メンバーにとっても特別な日という意味では同じ。
新シーズンの定期初日は、言わばプロ野球のペナントレース開幕と同じ気持ち。
おまけに新しくなったホームグランドがゴージャスなフェスティバルホール。
モチベーションも上がりますし、数々のコンサートを一緒してきている井上マエストロが新しく首席指揮者になるのですから、ここは一丁やってやろう!という気持ちになりますよね。

マエストロの渾身の指揮、メンバーの凄まじい集中力、お客さまの温かい声援、そして特筆すべきは会場がフェスティバルホールである事!

これらが一つになって、本番では名演が生まれたと思います。

042_201404050402531c1.jpg

ゲネプロの順番は逆になっています。
チャイコフスキーのソリスト神尾真由子さんと大フィルは、これまで7度共演しています。
チャイコフスキー以外では、ヴュータン、ドヴォルザーク、モーツァルト、ベートーヴェンを演奏。

井上マエストロとは2002年にモーツァルトの協奏曲4番を演奏されています。
神尾さんの14、5歳の頃からお付き合いのあるお二人。
先ほどの写真でも、信頼関係が出来ているのがわかります。

055_201404050407078c7.jpg

「チャイコフスキーを弾かせたら、彼女は一番上手いよ!」
ずっとマエストロはそう言われて来ました。

さあ、本番が始まりました!

ショスタコーヴィチもチャイコフスキーも、後日改めてカメラマン飯島隆さんの本番写真で振り返りますが、とっても息の合った素晴らしい演奏だったので、ゲネプロの写真に替え少しだけ本番の写真を見ていただきましょう。

054_20140405040702f10.jpg

技術的な事はもちろん素晴らしいのですが、雰囲気をお持ちですね。
現在サンクトペテルブルクにお住まいの神尾さん。
「私はチャイコフスキーと一緒に暮らしている!」そんな思いが身体に沁み込んでいるのを感じました。

059_2014040504070379e.jpg

演奏終了と同時、マエストロがお客さまの方を「どんなもんだ」とばかりに向いたのがとても印象的でした。

060_20140405040704d38.jpg

握手を交わすお二人を、メンバーが温かく拍手します。
そして、お客さまの拍手、ブラヴォーをたくさん頂きました。
神尾さんの人気、あらためて実感致しました。凄いですね。

ステージ袖に戻ってきたお二人に記念写真をお願いしました。

063_20140405035847b72.jpg

そして、最初の写真に戻ります。


「井上道義 首席指揮者就任披露演奏会」は本日もございます。
会場はもちろんフェスティバルホールで、15時開演。
13時半から当日券を販売致します。

1階席、2階席はほとんどありませんが、当日券はB席5000円を中心に数十席ございます。
当日になって来られない関係者の席を開演間際に整理するなどして、あと数席お出し出来るかもしれません。

学生席も販売致しますが、残りわずかとなっています。
25歳以下の学生の方は、学生証を持参でお越しください。
3階席になりますが、1000円でご入場頂けます。

「大切なコンサートはことごとく雨が降るんだ。俺は嵐を呼ぶ男!」
そんなふうに言っている井上マエストロですが、どうやら本日は快晴の予感!

気持ちの良い土曜日のお昼、
中之島あたりを散策ついでに。ぜひフェスティバルホールにお越しください。

皆さまのお越しをお待ちしております。

(広報:H.I)

    【♯477】チラシ

井上道義 首席指揮者就任披露演奏会
「第477回定期演奏会」 
日 時:4月5日(土) 15:00開演(14:00開場)
場 所:フェスティバルホール
指 揮:井上道義 
独 奏:神尾真由子(ヴァイオリン)
曲 目:チャイコフスキー/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 
    ショスタコーヴィチ/交響曲 第4番 ハ短調 作品43
料 金:B席5,000円 C席4,000円、学生席(3階席)1,000円 
     A席、BOX席は完売
※当日券は13時半より販売致します。
※未就学のお子様のご入場はお断りさせていただきます。
※プレトーク・サロンを開演30分前より1階席後方メインホワイエで行います。お立ち寄りください。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 07:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT