PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「マチネ」を指揮する桂冠指揮者・大植英次に聞きました!

「マチネ・シンフォニーVOL.11」~平日午後の名曲セレクション~は、来週水曜日5月21日に迫ってまいりました。

2009年の第2回目からこのコンサートを定着させようとこだわって指揮を続けているのは、首席指揮者の井上道義。
しかしながら、皆さまご存知のように井上が病気療養中につき、今回の「マチネ・シンフォニー」の指揮者は桂冠指揮者の大植英次に替わることになりました。
楽しみにされていた皆さま、申し訳ございません。

「マチネ・シンフォニー」の指揮者変更に関する大フィルからのメッセージはコチラをご覧ください。


今回、井上マエストロの代わりに指揮する大阪フィル桂冠指揮者の大植英次は、4月末の「第52回大阪国際フェスティバル」で得意の「アルペンシンフォニー」を指揮して、満員のお客さまから拍手喝采を頂いたばかりです。

110_20140515153629e85.jpg
「第52回大阪国際フェスティバル」より‘アルペンシンフォニー’を指揮する大植英次

その後、日本での仕事をこなし、先日ドイツに戻っておりましたが、井上道義降板の報を受け、すべての予定を変更し大阪に戻り代役として指揮する事となりました。

ドイツにいる大植マエストロにそのあたりの事を聞いてみました。

井上道義マエストロに代わり、「マチネ・シンフォニー」を指揮していただくことになりましたが、お気持ちを聞かせてください。

「私は一生大フィルファミリーの一員。大フィルに何かあった時に指揮を引き受けるのは、当然のことです。 また、「マチネ・シンフォニー」は、夜のコンサートに足を運び辛い皆さまに、音楽の空間芸術を楽しんで頂くとても大切なコンサート。一生懸命指揮させていただきます。」

今回のベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲とブラームスの交響曲第2番は、大植さんにとってどのような曲ですか。 そして、今回のソリスト、オリヴィエ・シャルリエのことはご存知ですか?

「歴史にLudwig van BeethovenとJohannes Brahmsが存在していなかったら、プロフェッショナルの交響楽団が有ったでしょうか。そういう意味でも特別な存在、特別な曲です。 ソリストのオリヴィエ・シャルリエさんは今回が初共演。大変楽しみにしております。」

お客さまにメッセージをお願いします。

「私の心は一生大阪人です。大阪にいる時間はちょっと短くなりましたが、何処にいても今まで以上にしっかりと大阪を見つめています。大阪フィルハーモニー交響楽団に惚れ、大阪にあこがれ、今は完全に大阪が私の故郷であり、大阪の皆さまは私の家族です。一刻も早く帰郷し、家族団らんを楽しみにしています。たくさんの皆さまにお会いしたいので、ぜひ大フィル圧巻の演奏を聴きに、そして私に会いにザ・シンフォニーホールにお越しくださいませ。」

IMG_4142_2014051701250055b.jpg
(C)飯島隆

「大フィルの一大事には、いざ鎌倉!の心境で駆け付けます。」と言う大植マエストロ。
首席指揮者のピンチを桂冠指揮者が救うという、理想的な形で迎える「マチネ・シンフォニー」は、大阪フィルの歴史上久しぶりに実現した複数指揮者体制が上手く機能いたしました。
こういう時は得てして名演が生まれるものです(イヤ、ホントです)。

今年の「マチネ・シンフォニー」は、前半がコンチェルト、後半シンフォニーというオーソドックスなスタイル。
前半のベートーヴェンのヴァイオリンコンチェルトを弾くのが、日本でもN響、読売日響、アンサンブル金沢、仙台フィルなどと共演し、すっかりお馴染みのオリヴィエ・シャルリエ。

     オリヴィエ・シャルリエ

パリ国立高等音楽院のヴァイオリン科教授を務め、ロン=ティボー国際コンクールの審査員も務めておられます。
井上道義マエストロとの共演実績は豊富。
残念ながら大阪フィルで、井上マエストロとオリヴィエ・シャルリエの共演は叶いませんでしたが、コンチェルトを指揮させると右に出るものがいないと言われる大植マエストロが共演を楽しみにしているそうで・・・
曲目も、オリヴィエ・シャルリエ得意のベートーヴェンのコンチェルト。
これはやはり、いきなりの名演誕生の予感が・・・。
ぜひライブでお楽しみください!

大植マエストロが日本に戻ってくるのは「マチネ・シンフォニー」リハーサル初日の朝。
リハーサルの模様はまたブログでお伝えいたします。
「マチネ・シンフォニー」のチケットは、現在好評発売中です!

平日の昼間でお仕事の方も多いとは思いますが、
「無理してでも聴いとけば良かった!」と云う事が無いように、
ぜひお越しくださいませ!

(広報:H.I)

「マチネ・シンフォニーVol.11」
日 時:5月21日(水)14:00開演(13:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール

※当初指揮を予定しておりました首席指揮者 井上道義は病気療養のため桂冠指揮者 大植英次に変更となりました。詳しくは当ホームページの「ニュースページ」をご覧いただき、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
指 揮:大植英次
独 奏:オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)
曲 目:ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
    ブラームス/交響曲 第2番 ニ長調 作品73
料 金:2公演セット券(VOL.11&12):A席6000円 B席4000円
    1回券:A席4000円 B席3000円

※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 未分類 | 00:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT