PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

明日は「マチネ・シンフォニー」。 皆さま、お越しください!

「マチネ・シンフォニー」のリハーサル2日目も無事終了しました。
いよいよ明日は、「平日午後の名曲セレクション~マチネ・シンフォニーVOL.11」。
本日のリハーサルの様子をリポートいたしました。 どうぞご覧ください!

おっと、その前に・・・
本日、首席指揮者・井上道義の病気療養に伴う演奏活動休止期間の延長をする旨、発表をいたしました。
これは、今後の治療およびリハビリの方針について主治医と協議した結果を受けてのものです。
主治医のお話では、体力の回復に時間は要するため、演奏活動休止期間は延長するものの、癌自体の治療は十分可能とのことです。
この主治医のコメントで、ちょっと安心しました。

井上道義演奏活動休止期間の延長の件は、コチラからご覧ください。


001_20140520203209272.jpg

「マチネ・シンフォニー」のコンサートマスターは首席コンマスの田野倉雅秋。
彼のチューニングからリハーサルはスタートしました。

002_20140520203229f30.jpg

本日のリハーサルはプログラム順で、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲から。
ヴァイオリン独奏のオリヴィエ・シャルリエ、にこやかにコンマス田野倉と握手を交わします。

005_20140520203309736.jpg

今日も元気な桂冠指揮者の大植英次マエストロ。
初顔合わせのお二人ですが、昨日のリハーサルからとてもフレンドリーな雰囲気です。

014_201405202033557db.jpg

いきなり3楽章からリハーサルが始まりました。
この曲、1楽章は独奏ヴァイオリンが登場するまで相当時間を要しますが、3楽章はいきなり独奏ヴァイオリンから始まり、少々勘が狂います(笑)。
同じ旋律が異なる旋律を挟みながら何度も繰り返されるロンド形式の第3楽章。

013_2014052020354371a.jpg

ロンド主題をヴァイオリンが提示し、それをオーケストラが繰り返します。
聴きどころは、メランコリックな第2副主題のメロディー。
ヴァイオリンがこの感傷的なメロディを奏で・・・

012_20140520212927322.jpg

それをファゴットが引き継ぎます。
その際、ヴァイオリンが裏で装飾音を奏でるのですが、この辺りのやり取りはたまりません。
ファゴットの1番を吹くのは久住雅人です。

011_2014052020342365b.jpg

終始和やかな感じでコンチェルトは終了しました。

010_20140520203456d09.jpg

井上道義が「現在最高のベートーヴェン弾き!」と絶賛するオリヴィエ・シャルリエ。
1747年製の名器カルロ・ベルゴンツィが奏でる魅惑のヴァイオリンサウンド。
強く大きな音も魅力ですが、2楽章の小さな音に注目下さい。
ため息が出るほど美しいですよ。 どうぞライブでお楽しみください。

016_2014052020362901f.jpg

後半に演奏するのは、ブラームスの交響曲第2番。
21年がかりで完成させた交響曲第1番の後、わずか数か月で完成させた曲です。

027_20140520204039e30.jpg

避暑地で作曲した為か、第1楽章の牧歌的な響きから「ブラームスの田園交響曲」と呼ばれています。

029_20140520203913b9e.jpg

2010年の「ブラームス交響曲全曲演奏会VOL.2」以来となる大植マエストロと大阪フィルによるブラームス交響曲2番。
その演奏の模様はCDになっていますが、評論家の白石知雄さんはライナーノーツに
「1番の演奏とは一転して、透明度が高い響きが会場に広がったのをよく覚えている。この曲だけではないが、ブラームスを謹厳実直だと決めつけないで、特に緩徐楽章には、あられもなく、と言いたくなるほど感情をたっぷりと注ぎ込む。」と書かれていました。

あれから4年、大植マエストロのブラームス2番は、どのような響きを持って皆さまの前に現れるのでしょうか。
どうぞライブでお楽しみください。

022_20140520203800f10.jpg

楽器編成、管楽器はフルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、トランペット2、トロンボーン3、チューバ1
打楽器はティンパニ1。

020_20140520203832285.jpg

前の写真に写っていなかったホルンは4本。

033_20140520204524604.jpg

弦五部は16型の対向配置となっております。

明日は「マチネ・シンフォニー」。
お昼の14時からの開演ですので、お間違い無きようご注意ください。
それと、会場はザ・シンフォニーホール。フェスティバルホールではございません!
こちらもよろしくお願いいたします。
たっぷり2時間コンサートを聴いていただいても、終演時間は16時。
お日さまはまだまだ高く、会社に帰って仕事するも良し、グランフロントの方に出てお買いものするも良し、そのまま飲みに行くのも良し(羨ましいデスネ!)

ゆったりと時間がながれていく「マチネ・シンフォニー」。
チケットをたくさんご用意して、皆さまのご来場をお待ちしております。
当日券は13時から販売いたします!
皆さまお誘いあわせの上お越しくださいませ。

(広報:H.I)

「マチネ・シンフォニーVol.11」
日 時:5月21日(水)14:00開演(13:00開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール

※当初指揮を予定しておりました首席指揮者 井上道義は病気療養のため桂冠指揮者 大植英次に変更となりました。詳しくは当ホームページの「ニュースページ」をご覧いただき、ご理解賜りますようお願い申し上げます。
指 揮:大植英次
独 奏:オリヴィエ・シャルリエ(ヴァイオリン)
曲 目:ベートーヴェン/ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品61
    ブラームス/交響曲 第2番 ニ長調 作品73
料 金:A席4000円  B席3000円
当日券は13時から販売いたします。
※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890



スポンサーサイト

| 演奏会 | 22:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT