PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リハーサル2日目、マエストロ イオン・マリンにお聞きしました。

リハーサル2日目のリポートは、まずこの写真から。

030_20140527000621aa4.jpg

リハーサル終了後にマエストロにお話をうかがいました。

今回が3度目の大フィル定期となりますが、これまでと印象が違うところはありますか?
「前回と随分メンバーが入れ替わっているように感じました。 大阪フィルは上手くジェネレーションチェンジをされていますね。 メンバーが入れ替わる過程で、新しい人が古いから人からオーケストラの個性を学び、受け継いでいくことはとても大切なことだと思います。 また大阪フィルは、パノラマチックな特徴があるように思います。 カラフルで見通しの良いオーケストラと言えばいいのでしょうか。 そして、大阪フィルは、大阪の街や人の精神性を受け継いでいるオーケストラなのでしょう。 大阪の象徴として存在し、みんなから愛されるオーケストラだと思いますし、より一層そうなるよう務めていく事も大切だと思います。」

街とオーケストラが一体となって存在しているヨーロッパで活躍されているマエストロからそのように言って頂き、大変光栄です。
街とオーケストラの関係については、桂冠指揮者・大植英次もこだわってきたところですし、首席指揮者の井上道義もいつも言っていることですね。
大阪フィルのレーゾンデートルと言っても過言ではありません。

今回の定期演奏会を楽しみにされているお客さまにメッセージをお願いします。
「音楽はステージの上だけで生まれるのではありません。 ステージと客席が一体となって生まれるもので、共同作業が必要です。 皆さまの声援がオーケストラにチカラを与え、オーケストラの奏でる音楽が皆様に癒しや活力を与えます。 両者の気持ちが溶け合って成立する芸術なのです。 皆さまの街のオーケストラが奏でる音楽を聴きに来てください。 お待ちしています!」

マエストロ、ありがとうございます!

まず、このメッセージをご覧頂いたところで、
「5月定期演奏会」のリハーサル2日目を駆け足でリポートいたしましょう。

002_20140526141932fcd.jpg

今回のコンサートマスターは渡邊美穂が務めます。
彼女が定期のコンマスを務めるのは、下野竜也指揮「第473回定期」の“戦争レクイエム”以来のこと。
渡辺のチューニングでリハーサルがスタートです。

004_201405261419445dc.jpg

イオン・マリンが練習場に入って来ました。
コンマス渡辺美穂と握手を交わすと、マエストロは昨日同様に上着を脱ぎ・・・

007_20140526142058209.jpg

ワイシャツ姿になりリハーサルが始まりました。
この日もブラームス交響曲第4番からリハーサルは始まりましたが、後半のベートーヴェン交響曲第2番の様子をお伝えしましょう。

015_20140526142013240.jpg

「5月定期」のプログラムは、ベートーヴェンとブラームスの交響曲2曲を演奏。
協奏曲がございません。
ソリストがいないという事は、リハーサルの光景を写真に撮っても、マエストロの姿とオーケストラの全体写真だと、昨日の模様と変わり映えしないのが難ですね。
初日と二日目のリハーサル、ダンディなマエストロは白いワイシャツに紺のジャケット。
これが本当に良くお似合いです。

008_20140526142049f4b.jpg

昨日のブログと画的には変化が有りませんが、2日目に撮影したものです(笑)。
マエストロの緻密なリハーサルは、ベートーヴェン2番でも同じです。
マエストロの作り出したいベートーヴェンの音楽を、メンバーに徹底的に伝え、イメージさせていくのです。

013_20140526142113d94.jpg

繰り返し演奏することで、ベートーヴェンの音楽がマエストロの目指す音楽へと変わって行きました。
大切なのは、変わった音楽をオーケストラのメンバーも「なるほど、いいじゃない!」と納得出来るかどうかですが、それは皆さまの目と耳で確認していただければ幸いです。
マエストロの音楽は、この手によって紡ぎだされて行くのです。

016_2014052616591174e.jpg

オーケストラの楽器配置ですが、弦五部は1stヴァイオリン14型で通常配置。
コンサートマスター渡辺美穂が向き合うのは、ヴィオラのトップ竹内晴夫です。

025_2014052700061656c.jpg

管楽器は、フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、ホルン2、トランペット2、ティンパニ1と、2管編成です。

堂々とした序奏から始まるベートーヴェンの交響曲第2番は、「3楽章で交響曲に初めて「スケルツォ」形式を取り入れるなど音楽史的にも意味のある交響曲!」といった事ではなく、とてもスケールが大きく気持ちが高揚する音楽だ!という事が判ります。
残念ながらベートーヴェンの交響曲の中で最も演奏機会の少ない曲ということで、皆さまもこれまであまり聴く機会が無かったかもしれませんが、そこは「楽聖」の作品です。
しかも有名な交響曲第3番「英雄」に直接繋がる交響曲なのです。

ぜひこの機会にお聴き下さいませ。
前売りチケットは、本日18時まで大阪フィルチケットセンターで受け付けております。
本番当日は、17時半から当日券を販売いたします。
皆さま、フェスティバルホールにお越しくださいませ。

(広報:H.I)

「第478回定期演奏会」

日 時:5月28日(水)19:00開演、5月29日(木)19:00開演
会 場:フェスティバルホール
指 揮:イオン・マリン
曲 目:ベートーヴェン/交響曲 第2番 ニ長調 作品36
    ブラームス/交響曲 第4番 ホ短調 作品98

※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。

[学生席について]
・今年度より3階を学生席(25歳以下)として前売り販売しております。
・ご予約は、一般発売日より大阪フィル公式HPでお申込みください(インターネット販売のみ)。
 引換券を発行いたします。
・当日、窓口にて学生証を提示の上、引換券を座席券に交換してください。
・整理券の番号順に良い座席をご用意させていただきます。
・尚、ご入場後も係員がお座席にて学生証の提示をお願いする場合がございます。

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890



スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 08:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT