PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

準・メルクル、大阪フィルの練習場に颯爽と登場!

     【神戸特別】チラシ

「神戸特別演奏会」が明日に迫って参りました。

IMG_7954.jpg

リハーサルは昨日から始まっています。
首席客演コンマス崔文洙のチューニングの様子をじっと見つめていたのが、大阪フィルと2度目の顔合わせとなる準・メルクル。

IMG_7955.jpg

そして、コンマス崔文洙、トップサイドの渡辺美穂とにこやかに握手を交わします。

IMG_7957.jpg

「皆さまよろしくお願いします。 ベートーヴェンからです。」 と話し・・・

IMG_7960.jpg

指揮棒を構え振り下ろすと、和音2発!
チェロが奏でる「英雄」のテー マから「エロイカ」の始まりです。

IMG_7977.jpg

小気味好いテンポで流れていく音楽。
うーん、いつもと何か違います。
1楽章始まってすぐに感じる「これは名演になるに違いない!」という直感。

IMG_7984.jpg

それは準・メルクルが練習場に入って来た時から感じました。
颯爽と登場したマエストロ、準・メルクル。
一瞬にして練習場の雰囲気が華やかになったのです。
そして楽しそうなメンバーの表情。
うーん、やはり違います。 
これは凄い演奏になるという確信のようなものを感じます。

IMG_7986.jpg

指揮している姿も画になるマエストロ。
コンマス崔の楽譜を覗き込む姿も、格好良いのです。
これは腹筋も相当鍛えておられますね(笑)。

IMG_7992.jpg

ベートーヴェン交響曲第3番「英雄」の楽器編成ですが、
フルート2、オーボエ2、クラリネット2、ファゴット2、トランペット2、ティンパニ1。
そして「エロイカ」と云えば・・・

IMG_7998_201407042351122ed.jpg

ホルンはベートーヴェンの時代としては変則的な3名。
3楽章のトリオでは、有名な三重奏がありますね。
ここは聴きどころです。

IMG_8000_20140704235115a11.jpg

弦五部は1stヴァイオリン16型。
朝比奈時代から十八番として来た大阪フィル伝統の「エロイカ」で、準・メルクルはどのようなサウンドを大阪フィルから引き出して見せるのか、楽しみですね。

IMG_8025.jpg

今回の「神戸特別演奏会」も、昨年と同様1曲目から目が離せません。
トロンボーンやチューバも加わり、ホルンそしてパーカッションも4名体制になって迫力のオーケストラサウンドをお届けする、サン=サーンスの交響詩「死の舞踏」。
この曲が、オープニングの曲です。

IMG_8009.jpg

この曲の聴きどころは、コンサートマスター崔のヴァイオリン独奏。
調弦の違う2台のヴァイオリンを使い分けます。
通常G, D, A, Eと調弦するところを、死神の弾くヴァイオリンソロではG, D, A, Esと調弦し、AとEsの不協和音が死神らしさを表現しています。
リハーサルでは練習番号によって頻繁に持ち替えが発生し、崔は大変そうでした。

IMG_8013.jpg

ヴァイオリンソロは、さすがです。
崔文洙のヴァイオリンの弾き分けに注目してください。

IMG_8016.jpg

思い出しました!
昨年2月の「第466回定期」でもマエストロ準・メルクルは、指揮台の端から端までを目いっぱい使って指揮をしていました。
今回も下手側の1stヴァイオリンに向き合う時はこのように指揮をし、

IMG_8017.jpg

チェロやヴィオラに指示を出す時には、ここまで指揮台の端に立ちます。
足元を見ている訳ではないのに、凄いですね。

IMG_8071.jpg

この日のリハーサル最後は、2曲目に演奏するサン=サーンスのピアノ協奏曲第2番。

IMG_8046.jpg

ピアノ独奏は、パリ在住の児玉桃さんです。

IMG_8064.jpg

サン=サーンスのピアノ協奏曲を演奏するなら・・・ということで、マエストロ準・メルクルが指名したのが児玉桃さんでした。
大阪フィルとの共演は、昨年9月の井上道義指揮「トゥランガリラ交響曲」(第473回定期)以来となります。

IMG_8068.jpg

児玉さんのこのところのご活躍は目覚ましいものがあります。
海外での活躍はもちろん素晴らしいのですが、関西のオーケストラでもこの1年ほどの間に、ほぼすべてのオケの定期に招かれておられるはず。
どこのオーケストラとも上手く合わせられる確かなピアノスキル、素敵ですね。

IMG_8056.jpg

準・メルクルさんとは日本の細川俊夫の作品などを通して共演もされており、すっかり互いに認め合われている感じでした。
サン=サーンスのピアノ協奏曲といえば、先日の定期でチッコリーニに衝撃を受けた5番「エジプト風」がありますが、今回演奏するピアノ協奏曲2番は、それよりは演奏機会の多い曲です。
チッコリーニに衝撃を受けられた皆さま、ぜひとも聴き比べをお願いします。

もう1日リハーサルはございます。
メルクルと大阪フィル、そして児玉桃さんの演奏は益々進化を遂げて行きます。

コンサートは、日曜日の15時に神戸三宮(三ノ宮)駅前の神戸国際会館こくさいホールです。
大阪、京都からでも余裕でお越し頂ける距離です。
終演は17時ですので、オシャレな神戸でアフターコンサートにお食事なんていかがでしょうか。
まだまだじゅうぶん明るい時間ですよ。
会場で皆さまのお越しをお待ちしております。

(広報:H.I)

「神戸特別演奏会」  
日 時:7月6日(日)15:00開演
会 場:神戸国際会館こくさいホール
指 揮:準・メルクル  
独 奏:児玉桃(ピアノ)
曲 目:サン=サーンス/交響詩「死の舞踏」作品40
    サン=サーンス/ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品22
     ベートーヴェン/交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」
料金:A席5,000円 B席4,000円 C席3,000円  
※当日券は14時からすべての席種を販売致します。

※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
神戸国際会館プレイガイド   078-230-3300

スポンサーサイト

| 演奏会 | 08:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT