PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弦楽合奏の魅力を、ライブでお楽しみください!

大阪府たかいし市民文化会館アプラホールの「弦楽コンサート」は、明日開催です。
台風も過ぎ去り、良いお天気の中で行われそうですね!

     062_20140703132845e1f.jpg

先日の取材で、コンマス崔文洙は快くこんな写真を撮らせてくれました。

「今回はヴィヴァルディの「四季」とチャイコフスキーの弦楽セレナードと言う名曲を演奏いたします。 これらの曲は単に人気があるというだけではなく、本当に素晴らしい作品で、弾いていて背筋の伸びる曲。 ぜひ多くのお客さまに聴いていただきたいですね!」

009_201407111622194e6.jpg

その言葉を裏付けるように、少し前に行われたリハーサルでは、全ての時間を使ってチャイコフスキーの弦楽セレナードを徹底的にやっておりました。
本日は、まずヴィヴァルディ「四季」からリハーサルが行われています。

007_201407111622217dd.jpg

指揮者を置かない今回のコンサート、アンサンブルをリードするのは、「四季」でソリストも務めるコンマス崔文洙。

005_2014071116222226a.jpg

良くない弾き方を真似てみせて、「こうならないように!」などと、判りやすい指示が飛んでいました。

013_20140711162440390.jpg

奏者にすれば、これまで何度も演奏してきた「四季」とチャイコフスキーの弦楽セレナード。
指示されたアーティキュレーションに細心の注意を図り演奏すると、弾き始めと全く違う演奏に変わっていきます。

020_20140711162225b2e.jpg

今回のヴィヴァルディ「四季」、各弦楽器のトップは、1stヴァイオリン渡辺美穂、2ndヴァイオリン田中美奈、ヴィオラ小野眞優美、チェロ花崎薫、コントラバス新眞二が務めます。
それぞれ、ソロを担当する場面もあり、その組み合わせも聴きどころ。

010_20140703132250fab.jpg

ちなみに上の写真は、前回のリハーサルの風景ですが、チャイコフスキー/弦楽セレナードの奏者は「四季」より人数が多く、9-9-8-8-6でお届けいたします。
そしてこの曲では、崔文洙がコンマスに入り、渡辺美穂がトップサイドに入ります。

003_20140711162223d01.jpg

大阪フィルの弦楽コンサートはたいへん珍しい事。
ぜひこの機会に大阪フィル自慢の弦楽器の調べに酔いしれてください。

会場のたかいしアプラホールまでは・・・
なんばから約20分。 梅田からでも40分ほど。
南海本線「高石駅」下車 東へ徒歩1分と駅からすぐ!

当日券、ございます! ぜひお越しくださいませ。

(広報:H.I)

【アプラ】チラシ

「大阪フィルハーモニー交響楽団 弦楽コンサート」

7月12日(土)14:30開演(14:00開場)

会 場:たかいし市民文化会館アプラホール大ホール

独 奏:コンサートマスター崔 文洙
曲 目:ヴィヴァルディ/協奏曲集「四季」作品8-1~4
    チャイコフスキー/弦楽セレナード ハ長調 作品48
料 金:全席指定 一般:3,000円 高校生以下:2,000円
ご予約・お問い合わせ:たかいし市民文化会館アプラホール 072-267-0018

※大阪フィル・チケットセンターでのチケットのお取扱いはございません。


スポンサーサイト

| 演奏会 | 17:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT