PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マエストロ・スダーンお得意のシューベルトにもご期待ください!

「第480回定期演奏会」リハーサル2日目は終了しました。
リハーサルの様子を、駆け足ご覧いただきましょう。

001_20140716151751038.jpg

この日も首席コンマスの田野倉雅秋のチューニングでリハーサルは始まりました。

002_201407161517524ea.jpg

マエストロはにこやかに練習場に現れ、コンマス田野倉と渡辺美穂と握手を交わし、
「ロマンティック」3楽章からリハーサルが始まりました。

011_20140716151755bcf.jpg

ブルックナーの「ロマンティック」については、昨日のブログでご紹介しましたので、本日はシューベルトの交響曲第5番について紹介します。

012_20140716151754280.jpg

シューベルトの交響曲第5番が出来たのが1816年10月で、交響曲第4番「悲劇的」から半年ほど後の事。
アマチュアオーケストラのために書かれた作品で、シューベルト自身が楽な気持ちで曲を書いたのが結果的に軽快でとても爽やかな、青春の息吹きほとばしるような作品に仕上がっています。

008_20140716152117e71.jpg

クラリネット、トランペット、トロンボーン、チューバ、ティンパニを使っていない交響曲ですが、古典的な香りがします。

大阪フィルが定期でこの曲を演奏するのは、2011年の11月「第453回定期」で、大植英次がマーラーの交響曲「大地の歌」の前プロで演奏して以来となります。
その前はと言うと、1977年9月「第142回定期」で秋山和慶指揮で演奏。
この時はメインがストラヴィンスキー「火の鳥」、他にはラフマニノフのピアノ協奏曲第3番を演奏いたしました。

009_20140716152120fe8.jpg

マエストロ・スダーンは、音楽監督を務めておられた東京交響楽団の2008/2009シーズンで「シューベルト・チクルス」を展開。
その演奏は音楽専門誌でも高く評価され、第21回ミュージック・ペンクラブ音楽賞を受賞。
名実ともに‘スダーンのシューベルト’として一つのブランドとして認識されています。
スダーンのシューベルトの魅力は、2012年の「ウィーン音楽祭」の交響曲第8番「グレイト」で共演した事で、オーケストラも十分わかっています。

036_201407161904234ee.jpg

今回は、久し振りのフェスティバルホールでのブルックナー「ロマンティック」に話題が集中していますが、スダーン指揮のシューベルトの交響曲第5番にもどうぞご期待ください。

033_20140716163124012.jpg

楽器編成ですが、管楽器はフルート1、オーボエ2、ファゴット2、ホルン2といたってシンプルなもの。

032_20140716163121cd4.jpg

弦五部は、1stヴァイオリン10型で、10-8-6-6-4と小さい編成。
特に対向配置にするとか、ピリオド奏法にこだわるといったことはありません。
とても爽やかな、駆け抜けるようなシューベルトです。

この曲聴いた後にブルックナーの「ロマンティック」!
プログラムとして素晴らしい組合せだと思います。

今回の定期は、開演時間が金曜の19時と土曜の15時開演と、いつもに比べると選択の幅が広がります。
会場も、地下鉄の肥後橋駅、京阪の渡邊橋駅直結と、アクセス便利なフェスティバルホール。
皆さまのお越しをお待ちしています。

(広報:H.I)

     【♯480】チラシ

「第480回定期演奏会」

日 時:7月18日(金)19時開演(18時開場)
      19日(土)15時開演(14時開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:ユベール・スダーン
曲 目:シューベルト/交響曲 第5番 変ロ長調 D.485
    ブルックナー/交響曲 第4番 変ホ長調 「ロマンティック」
料 金:A席:6,000円、B席:5,000円、C席:4,000円
    学生席(3階席):1,000円、BOX席:7,000円

※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。
※当日券は17時半より、全ての席種を販売いたします。

[学生席について]
・2014年度より3階を学生席(25歳以下)として前売り販売いたします。
・当日、窓口にて学生証を提示の上、お買い求めください。
・お席はお選びいただけません。
・入場後も係員がお座席にて学生証の提示をお願いする場合がございます。

お問い合わせ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890 


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 12:15 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT