PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フェスティバルホールに鳴り響いた大フィル伝統のブルックナー!

「第480回定期演奏会」は大盛況のうちに終了。
フェスティバルホールに大阪フィル伝統のブルックナーが鳴り響きました!

感動的な定期2日目の模様を振り返る前に・・・
まずこちらをご覧ください。 ↓

    20140724203651_00001_20140725005949e61.jpg

今回の定期演奏会で配布したプログラムに、病気療養中の首席指揮者・井上道義から届いたメッセージを掲載いたしました。
表立った活動は出来ない井上マエストロですが、大阪フィルの定期演奏会にメッセージは必ず贈ってくれます。
若い頃から知り合いだった井上マエストロが、スダーンさんに送ったエールですね。

今回も首席指揮者・井上道義の思いに包まれて、定期演奏会が行われました。
定期2日目の様子を、カメラマン飯島隆さんの写真で振り返ってみましょう

!cid_2CD0589D-2BD8-4BA4-AA3C-5806DF6321D0.jpg
(C)飯島隆

コンサートマスターは4月に首席コンマスに就任した田野倉雅秋。
実は首席コンマスに就任後、定期に乗るのは今回が初めて。
大阪フィル伝統のブルックナーが首席コンマスのお披露目定期となりました。

!cid_4585CF52-F23E-4544-8139-0F9E11CDB56E.jpg
(C)飯島隆

指揮は2度目の顔合わせとなるマエストロ・ユベール・スダーン。
3日間、徹底的にマエストロの音楽をメンバーに浸透させる、中身の濃いリハーサルが行われました。

!cid_06E5CB20-61AA-41BE-96FB-880BEB8CAC95.jpg
(C)飯島隆

弦10型のコンパクトサイズ故に、指揮台を使わず室内楽のように指揮するマエストロ。
瑞々しいフランツ!19歳のシンフォニーが、爽やかに駆け抜けていきました。

!cid_106CAEF0-97AB-4053-A4AF-94DBEFE54152.jpg
(C)飯島隆

休憩をはさんで、メインのブルックナー交響曲第4番「ロマンティック」が始まります。
マエストロがにこやかに入場して来ました。

!cid_310859C2-FEB4-44FA-8087-D6F070A5C5F8.jpg
(C)飯島隆

手を動かすと、弦楽器がトレモロを刻み始めます。
マエストロが合図を送ると・・・

!cid_107EBE8D-63D1-4F9C-A664-31576F57A800_20140721010411f63.jpg
(C)飯島隆

ホルントップ奏者・高橋将純のソロがピタッと決まりました!
ヨッシャ、行ける! メンバーの気持ちが一つになったのがわかりました。

!cid_E1B8A2C0-EA7F-4755-A5DB-515A04CD0D56.jpg
(C)飯島隆

マエストロ・スダーンのブルックナーは、朝比奈隆のように大音量で鳴らすことを要求し、ドッシリと梃子でも動かない!という重量感はありませんが、存在感は残したまま見通しの良いすっきりした音楽です。

!cid_F36FD898-0B42-4DC3-943C-6724097F96F6.jpg
(C)飯島隆

新しくなったフェスティバルホールに鳴り響く大阪フィルのブルックナーサウンド。
ホールの隅々まで音が鳴り渡りました。

!cid_1420AE7B-AB1C-4693-B896-969FDCE511E1.jpg
(C)飯島隆

やはり、フェスティバルホールは凄いですね。
ホールは楽器だと言われますが、大阪フィルの奏でたオーケストラの調べを、完全に鳴り響かせてくれました。

!cid_0F7B3D91-DBD9-4887-B270-A3401B86A45F.jpg
(C)飯島隆

今回使用の「1878/80・ノヴァーク版」には書かれていないシンバルもマエストロのアイデアで採用され、高らかに鳴り響きました!

!cid_16FAF37C-DBC0-45A2-B107-6E0C661F87AE.jpg
(C)飯島隆

第4楽章の前半の盛り上がりのピークでシンバルを叩いたのは久保田善則。
ひたすらずっと出番を待って、シンバルが登場するのはただの1か所だけ。
シンバルを叩く直前に久保田善則の気合が入り、周囲の空気が変わりました。
そしてドンピシャのタイミングで、ジャーン!

!cid_F60E6C37-6497-4EED-B9E8-5678BD6FBF82.jpg
(C)飯島隆

ホルンのソロに導かれるように、管楽器も弦楽器もティンパニも、
そしてシンバルも決まり・・・
後世語り継がれるであろう新たな「ロマンティック」の名演が誕生しました!

!cid_1CB074D8-B3F0-44BE-B841-529EB6C95FA9_2014072101084247a.jpg
(C)飯島隆

第4楽章最後の音が鳴った瞬間のオーケストラがコチラ ↑ 。
この後一呼吸置いて、拍手喝采、ブラヴォーの嵐ご起こりました。

!cid_9FDD2C4C-B619-45FF-948D-86D609405D30.jpg
(C)飯島隆

初日同様、マエストロは指揮台を降りる前にホルンの高橋将純を指名。
お客さまからもメンバーからも温かい拍手が起きていました。

!cid_7F7EA0B7-43FA-4A8D-903D-EAD07363DFCA.jpg
(C)飯島隆

そしてコンサートマスター田野倉雅秋とガッチリ握手。
今回、マエストロのイメージするブルックナーを演奏するにはコンマス田野倉の存在は欠かせませんでした。

!cid_69A33348-2A95-4424-A303-C5FA350BB14A.jpg
(C)飯島隆

マエストロ・スダーンは大阪フィルの事をとても気に入っていただいたようです。
また、今回の演奏はとても気に入っていただいたようで、初日終了後から、
 「マイ ベスト ブルックナー!」 と言っていただきました。

!cid_A71E0636-1E32-4F9E-97A7-51F73AA02E76.jpg
(C)飯島隆

マエストロ渾身のブルックナーは、お客さまのハートに必ずや届いたはず!
終演後のホワイエでは、「ブルックナーって素敵な音楽ですね!」 「スダーンさん、また呼んでね!」といったいつもの気さくなお声掛けの他に・・・
「親方のブルックナーには負けるが、こんなアプローチも有っても良いかも!」 「フェスティバルホールはブルックナーが似合うね!」といった声など、いつになくお客さまも我々スタッフに話しかけたくなる定期演奏会だったようです。

長いカーテンコールの後、マエストロは改めてお客さまにご挨拶をされました。

!cid_78BF0322-69A3-4EA7-BBF1-A0BB4FB8B57F.jpg
(C)飯島隆

「皆さま、またお会いしましょう!」 とマエストロ。 

既に、今年の年末の「第9シンフォニーの夕べ」はマエストロにお願いすることが決まっています。
年内にもう一度マエストロと濃密な音楽づくりが出来るなんて、嬉しいじゃないですか。

「フェスティバルホールに鳴り響く、大フィル伝統のブルックナー」は、とても実りの多いものとなりました。

ご来場いただきましたお客さまには、この場を借りて御礼申し上げます。

「第9シンフォニーの夕べ」は以下のスケジュールで開催します。

「第9シンフォニーの夕べ 」

日 時:12月29日(月)、30日(火)19時開演(18時開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:ユベール・スダーン
独 唱:秦茂子(ソプラノ)、福原寿美枝(アルト)、
    福井敬(テノール)、河野克典(バリトン)
合 唱:大阪フィルハーモニー合唱団

曲 目:ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付」

料 金:A席:6,000円、B席:4,500円、C席:3,000円、BOX席:7,000円

※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。

チケット発売日/10月7日(火)

お問合せ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890



次回の定期演奏会は、9月に開催します。
9月と言えば・・・「大阪クラシック」ですね。
「大阪クラシック」と言えば、もちろん我らが桂冠指揮者、大植英次。

9月は大植マエストロと過ごす「大阪クラシック」、そして「第481回定期」と・・・
久し振りの「夏の大植祭り」の様相です。

すでに毎日が真夏!ではありますが、
「大阪クラシック」に賭ける大植マエストロの思いはもっと熱いのです!
そして、その勢いそのままになだれ込む「第481回定期」は、
熱い熱いマーラー交響曲第6番「悲劇的」です。

フェスティバルホールに打ち鳴らされる、運命のハンマー!
どうぞ大植英次の「悲劇的」にご期待ください。

(広報:H.I)

      【♯481】チラシ

「第481回定期演奏会」

日 時:9月25日(木)、26日(金)19時開演(18時開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:大植英次
曲 目:マーラー/交響曲 第6番 イ短調 「悲劇的」
料 金:A席:6,000円、B席:5,000円、C席:4,000円
    学生席(3階席):1,000円、BOX席:7,000円

※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。

[学生席について]
・2014年度より3階を学生席(25歳以下)として前売り販売いたします。
・ご予約は、一般発売日より大阪フィル公式HPでお申込みください(インターネット販売のみ)。
 引換券を発行いたします。
・当日、窓口にて学生証を提示の上、引換券を座席券に交換してください。
・整理券の番号順に良い座席をご用意させていただきます。
・尚、ご入場後も係員がお座席にて学生証の提示をお願いする場合がございます。

・チケット販売所
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
フェスティバルホール チケットセンター 06-6231-2221
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:218-941】

・お問合せ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 08:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT