PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「大阪クラシック」の有料公演、本日から発売開始です!

本日8月2日は、大植英次プロデュース「大阪クラシック~街にあふれる音楽~」の有料公演チケット発売日です。

全国のチケットぴあとローソンチケットで、本日10:00より発売となります。
公演の内容や発売方法については、「大阪クラシック」特設サイトをご覧ください。

「大阪クラシック」の特設サイトはコチラからご覧ください。


     20140711121551_00001.jpg

「大阪クラシック」って何?と言われる方のために簡単に説明を。

「大阪クラシック」は、大阪クラシック実行委員会(構成:大阪市、公益社団法人大阪フィルハーモニー協会、御堂筋まちづくりネットワーク)が中心となり、9月7日(日曜日)~9月13日(土曜日)の1週間、御堂筋や中之島界隈のオフィスビルやホテル、音楽ホールで開催する音楽祭のことです。

この期間、大阪のメインストリートである御堂筋、および水都大阪を象徴する中之島界隈はクラシック音楽が溢れます。
平成18年度から始まった「大阪クラシック」も、今年で9回目。
今年は、「究極」をテーマとしたプログラムが展開されます。

この音楽祭のプロデューサーはこの方。

IMG_4357.jpg
(C)飯島隆

大阪フィルの桂冠指揮者でもある大植英次マエストロです。

今年の「大阪クラシック」、出演は、大阪フィルのほか、関西フィル、大阪交響楽団、日本センチュリー、大阪市音楽団の5団体。
開催場所は、全28か所、32会場で、公演数は81公演。
その内、本日チケットを発売する有料公演は22公演となります。
(あいおいニッセイ同和損保ザ・フェニックスホールのチケットセンターのみ、8月4日よりの発売。 こちらでは同会場での公演のみの取扱い。)

有料公演中、注目の大阪フィルによるオーケストラ公演は全部で3回。
今年から有料公演となった第1公演は、大阪市中央公会堂 大集会室で開催。
チャイコフスキーの序曲「1812年」、他を演奏します。

ザ・シンフォニーホールでのオーケストラ公演、6日目の第68公演では・・・
既に発表済みのマーラー/交響曲第9番より第4楽章の他に、ブルックナーの交響曲第9番第2楽章を発表致しました。
それにしても、ブルックナーとマーラーの9番を一緒に演奏するなんて、ちょっと聞いた事はありません。
他にも演奏する予定ですが、詳細は当日のお楽しみ。
しかし、第9回の「大阪クラシック」で9番のシンフォニー。
何となくその辺りにヒントがありそうですね(笑)。

(2012年7月「第460回定期」でマーラー交響曲第9番のカーテンコールの模様)
IMG_4223.jpg
 (C)飯島隆

最終の第81公演は、大阪市中央公会堂 大集会室で開催します。
曲目はマーラー交響曲第2番「復活」より第4楽章、エルガー「謎」より‘ニムロッド’他と言う発表を致しました。
「復活」に‘ニムロッド’・・・どちらも思い出の曲ですね。
「復活」のアルト独唱は、日本を代表する福原寿美枝さんにお願いしました。
もちろん他にも色々と演奏致します。

このあたりの大阪フィルによるオーケストラコンサートは、すぐに売り切れそうな予感ですね。
チケットはチケットぴあとローソンチケットで本日より販売します。
販売方法などの詳細は、特設サイトでご覧ください。

「大阪クラシック」の特設サイトはコチラからご覧ください。


6日目第61公演は、昼14時からザ・シンフォニーホールで大植英次、甲斐史郎、他によるピアノの演奏会。
コチラ、バーンスタイン「キャンディード」組曲、他を演奏予定。
昨年大植英次、他でのピアノ演奏は、大変な話題となりました。

(2013年「大阪クラシック」、ピアノ3台による「運命」演奏風景)
IMG_9098.jpg
(C)飯島隆

ピアノ3台によるベートーヴェンの「運命」、なんと‘世界初演’だったとか。
今年は何が飛び出しますか、本当に我々も楽しみです(笑)。

それ以外にも注目コンサートが目白押し。
首席コンマス田野倉雅秋とヴィオラトップ小野眞優美の独奏によるミニオーケストラ(第6公演)や、ボブ佐久間指揮の大阪市音楽団の映画音楽特集(第71公演)や、コンマス、奏者によるリサイタル、珍しい楽器編成による演奏など、聴きどころ満載の有料公演。

(昨年の「大阪クラシック」有料公演の第73公演より)
IMG_3448.jpg
(C)飯島隆 

ザ・シンフォニーホール公演は、昼、夜1回ずつの2公演。(夜2500円、昼1000円)
大阪市中央公会堂 大集会室は、第1公演と最終の第81公演を含み全5公演。
チケット代は1000円~2500円までございます。(特設サイトでご確認ください)

大阪市中央公会堂 中集会室は、全10公演。チケットは1000円。
あいおいニッセイ同和損保 フェニックスホールは5公演。こちらもチケットは1000円です。

大阪フィルハーモニー会館でも、既に「大阪クラシック」の練習が始まっています。
「第9回大阪クラシック」は、もうすぐです!
まずは、皆さまお気に入りの公演のチケットを確保してください!

「大阪クラシック」の会場で皆さまをお待ちしております。

(広報:H.I)

スポンサーサイト

| イベント | 07:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT