PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーケストラで楽しむ「ある愛の物語」。

大阪市主催「Enjoy! オーケストラ」は、大盛況のうちに終了しました。
ご来場頂きましたお客様には、この場を借りて御礼申し上げます。

古今東西、さまざまな愛の物語があるように、とてもバラエティに富んだプログラムでお贈りした「Enjoy!オーケストラ」。本番当日の模様を、駆け足でリポートいたしましょう。

IMG_9591.jpg

会場のザ・シンフォニーホールでは、ゲネラル・プローヴェが始まりました。

IMG_9583.jpg

躍動感のあるダイナミックな指揮が魅力の金聖響さん。

IMG_9584.jpg

そして金聖響さんの指揮は恰好良いのです。
奏者に入りのきっかけを送り、終わるタイミングを合わせる、そしてバランスを聞き曲をまとめ上げることが指揮の基本ですが、常に第三者の目に晒されるのが指揮者。
指揮姿は格好良いにこしたことはありません。
しかしこればかりは狙って出来るものではなく、センスなのかもしれませんね。

IMG_9603.jpg

「キャンディード」序曲で始まって、「トリスタンとイゾルデ」第1幕前奏曲、そしてプロコフィエフの「ロメオとジュリエット」より3曲演奏して前半終了。
後半は、「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲から「ばらの騎士」組曲。

公演タイトルの通り、オーケストラを楽しんで頂ける素敵なプログラムになりました。
本番が楽しみです!

IMG_9593.jpg

コンサートは元NHKの好本恵さんと金聖響さんとの掛け合いで進行していきます。
ゲネプロは本番に即し、そういった段取りもすべてチェックする場なのです。

5K5A8318.jpg
(C)飯島隆

あっという間に本番が始まりました。
「キャンディード」序曲はこういったコンサートのオープニングにはぴったり。
何と言っても気持ちが高揚し、盛り上がります。

IMG_1549.jpg
(C)飯島隆

祈るような表情の金聖響さん。
「キャンディード」序曲から一転、「トリスタンとイゾルデ」では官能的で甘美な愛のメロディーをオーケストラから引き出します。

IMG_1534.jpg
(C)飯島隆

「テレビのCMなどで皆さまお聴きになった事があるはずです」と紹介されて始まった、プロコフィエフの傑作、バレエ組曲「ロメオとジュリエット」より“モンタギュー家とキャプレット家”。
冒頭、からしばらく聴いていても 「?」 という客席の雰囲気が・・・
しばらくすると「知ってる!」と、ザワザワとなって・・・、皆さま正直ですね(笑)。
それにしてもスケールの大きな曲です。
大音量でホールに鳴り響きました!

IMG_1494.jpg
(C)飯島隆

後半はお馴染みのコーナーから始まります。
青少年の皆さんにステージの上で1曲聴いてもらおうというものです。

5K5A8338.jpg
(C)飯島隆

ホールは楽器です。
奏者が奏でる音楽は、壁や床を振るわせ、ホールの空気が振動させて、私たちの心を震わせます。
ステージ上で聴くオーケストラは格別。
それを若い皆さまに特別に聴いてもらおうという試みを、このシリーズでは毎回行っています。

5K5A8348.jpg
(C)飯島隆

このコンサートが8月最後の日曜日の昼間という事もあり、吹奏楽部や管弦楽部などクラブ活動をしている中高生にとって夏休み最後の練習で、「今回は残念なが行けません!」という方が多かったようですね。
なので、毎回ステージから溢れるほどの青少年が集まっていましたが、今回は見た目にもちょうど良い感じ。

5K5A8363.jpg
(C)飯島隆

演奏する曲は、マスカーニの「カヴァレリア・ルスティカーナ」間奏曲。
弦楽器が美しいメロディを奏でる曲ですが、指揮者やコンマスの周りを取り囲んだちびっ子たちは、「床が震えて、凄かった!」と興奮気味に話してくれました。

5K5A8379.jpg
(C)飯島隆

ちびっ子からも質問が有りました。
「ヴァイオリンを習っていますが、どうしたら美しい音色で弾けるようになりますか」

首席客演コンマスの崔文洙は「美しい音のイメージを持って、その音に近づけるように毎日少しずつでもいいので練習を続けてください。」とアドバイスをしていました。

5K5A8277.jpg
(C)飯島隆

最後の曲は、リヒャルト・シュトラウスの歌劇「ばらの騎士」組曲です。

5K5A8387.jpg
(C)飯島隆

オーケストラサウンドを堪能するにはうってつけの曲。
コンマスのヴァイオリンソロを含め、弦楽器の美しい音色も・・・

5K5A8390.jpg
(C)飯島隆

木管楽器の繊細で温かな響きも、金管楽器の咆哮する迫力に満ちた響きも・・・
文字通りエンジョイ!出来る曲なのです。

5K5A8392.jpg
(C)飯島隆

もちろん打楽器も聴かせどころ十分! ビジュアル的にも Good! でした。

5K5A8396.jpg
(C)飯島隆

「ばらの騎士」は楽器編成も大掛かりな曲で、ハープ2台にチェレスタも大活躍。

最後の音がホールに消えても、暫くは拍手が起こりませんでした。
指揮者が動き出してはじめて盛大な拍手喝采が。
この日のお客さまは、ちびっ子や青少年の方も多かったのですが、とても集中して聴いてくださいました。

5K5A8430.jpg
(C)飯島隆

マエストロ金聖響は、オーケストラからスケールの大きな音楽を引き出すのに成功!
それには、コンサートマスター崔文洙の役割が大きかったのは言うまでもありません。
マエストロは真っ先にコンマス崔文洙に握手を求めました。

5K5A8425.jpg
(C)飯島隆

数回のカーテンコールの後、アンコールで演奏した曲はエルガー「エニグマ変奏曲」の第9変奏曲“ニムロッド”。
エルガーが親友を想って作った曲ですが、友情も愛の形ですよね。
美しいメロディーがホールに鳴り響き、コンサートは終了しました。

「皆さま、「Enjoy! オーケストラ」に足をお運びくださいまして有難うございました。
またお会いしましょう!」

IMG_9624.jpg

とても楽しいコンサートでした!
笑顔で楽屋に戻って来た出演者の撮影に成功です。
左からマエストロ金聖響さん、渡辺美穂、司会の好本恵さん、コンマス崔文洙。

「皆さま、お疲れさまでした!」

いよいよ7日から大阪クラシックが始まります!
皆さま、大阪クラシックの各会場でお会い致しましょう。

(広報:H.I)

スポンサーサイト

| 演奏会 | 11:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT