PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「ソワレ・シンフォニー」で共演する外山雄三さんにお聞きしました!

大阪フィルとザ・シンフォニーホールとの共催企画「ソワレ・シンフォニー」の3回目は、今月15日に開催いたします。

このシリーズは今年から始まりましたが、最初ということもあり4回の演奏会すべて、作曲家の第1交響曲をお聴きいただく事になっています。
1回目が高関健さんでマーラー交響曲第1番「巨人」、2回目が尾高忠明さんでエルガー交響曲第1番をお聴き頂きました。
そして3回目となる今回は・・・

      【ソワレ③】チラシ表

外山雄三さんの指揮で、チャイコフスキー第1番「冬の日の幻想」。
今年83歳の外山雄三さんと大阪フィルのお付き合いは長く、とても深いものがあります。

今回、久し振りに指揮をしていただく外山さんに事前に大阪にお越し頂き、音楽記者の皆さまに取材をして頂きました。
その様子を当ブログでも少しご紹介しましょう。

040_2014100202363314e.jpg

「大阪フィルの専任指揮者をしていたのは1963年から67年まででしたが、随分共演させていただきました。  朝比奈先生がお元気な頃は、先生が指揮をされない現代音楽やポップス系のものを良く指揮しましたね。」

外山さんに大阪フィルの定期演奏会を指揮して頂いた回数は29回で、歴代第4位。
一番定期を指揮しているのは、もちろん朝比奈隆で220回、次いで秋山和慶さんが57回。 桂冠指揮者の大植英次は、先日のマーラー「悲劇的」が38回目。
外山さんで特筆すべきはベートーヴェン「第九」。
朝比奈隆の220回に次いで202回も指揮をしていただいています。

お話に出ている通り、近現代の大きな曲は外山さんに初めて指揮していただくケースが多かったのです。
メシアン/「トゥーランガリラ交響曲」、ストラヴィンスキー/「春の祭典」、「エディプス王」、オルフ/「カルミナ・ブラーナ」、バルトーク/「管弦楽のための協奏曲」、マーラー/交響曲第1番「巨人」、ショスタコーヴィチ/交響曲第10番、第15番、プロコフィエフ/交響曲第6番、第7番などなど・・・。

039_20141002023636f54.jpg

「今回、大阪フィルと久しぶりの演奏で、なんと10年振りだとか。 久し振りに親戚の家に行くような気分ですね。」

厳しいイメージの外山さんですが、ユーモアを交えて話す表情はご覧の通り。
この日の取材ではマエストロの豊富な経験談を交えて、とても楽しいものになりました。

038_20141002023635450.jpg

「ソワレ・シンフォニーという企画、プログラムは60分で料金は均一指定で3500円だそうですが、非常に意味のある事ですね。 こういう新しい試みはとにかく続ける事が大事。 お客さまも1時間ならダマされたと思って聴いてみても良いんじゃないですかね。」

「ソワレ・シンフォニー」のコンセプトにも共感して頂きました。

043_2014100202363710e.jpg


「今回のシリーズは「作曲家の原点を聴く最初の交響曲シリーズ」ですが、チャイコフスキーの交響曲第1番「冬の日の幻想」は、彼の個性のようなものが全部現れている作品。 円熟期の第4番以降を予感させる強烈な主張とさまざまな試みが共存した作品だと思います。 若書きのシンフォニーを演奏するのは、大阪フィルのような経験豊かなオーケストラが良いと思います。」
そして、
「チャイコフスキーって素敵でしょう!というのを提示するのが指揮者とオーケストラの仕事。 この日演奏する「白鳥の湖」なんかだと、大フィルなら指揮をしなくても出来るでしょうが、そこはね…(笑)。 今回、私の曲もお聴き頂きます。「前奏曲(2012)」という作品。 今では何かとベテランの扱いを受ける立場ですが、「いやいや、これで終わりにするなよ!」、「ここから新たに始まるんだ!」というメッセージを込めて作りました(笑)。 お聴き頂けるのは嬉しい限りです。」

厳しい表情と、時おり見せる笑顔が素敵な外山雄三さん。
リハーサルには妥協が無い事で有名ですが、久し振りの共演で、どのような音楽が生まれるのか楽しみです。

「ソワレ・シンフォニー」は、先ほども出ましたが通常のコンサートとは違います。
・いつもより遅めの19時半開演で、休憩なしの60分コンサート。
・小品と交響曲の組み合わせで、演奏時間は短かく満足度は高い。
・チケット代金は3500円と安く、しかも全席均一料金。

20時半過ぎには終演しますので、終演後にお食事などもゆっくり楽しめます。
軽い気持ちで、「ソワレ・シンフォニーVol.3」にお越し下さい。

ザ・シンフォニーホールに鳴り響く大フィルサウンドを、ぜひお聴きください!
お待ちしております。

(広報:H.I)

「大阪フィル×ザ・シンフォニーホール<ソワレ・シンフォニー>Vol.3」

日 時:10月15日(水)19:30開演(18:30開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:外山雄三
曲 目:
外山雄三/前奏曲(2012)
チャイコフスキー/バレエ組曲「白鳥の湖」より“情景”“四羽の白鳥”“チャルダッシュ”
チャイコフスキー/交響曲 第1番 ト短調 作品13 「冬の日の幻想」
料 金:均一指定:3,500円
※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。
※大阪フィル・会員価格の設定はございません。
チケット販売所
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
ザ・シンフォニー チケットセンター 06-6453-2333
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:233-351】
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:56293】
タワーレコード梅田大阪マルビル店 06-6343-4551
お問合せ
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 演奏会 | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT