PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「マチネ・シンフォニー」のリハーサルが始まりました!

井上道義復帰第2弾となる「マチネ・シンフォニー」のリハーサルが始まりました。

「皆さま、ご苦労さま!」と井上道義マエストロが事務局所に入って来ました。
途端に、雰囲気が明るくなります!
さすが、光り輝くオーラをお持ちのマエストロ、スタッフの表情に笑顔がこぼれます。
今日も井上道義マエストロは元気です!

007_20141111180309131.jpg

今回の「マチネ・シンフォニー」、ドヴォルザークのチェロ協奏曲とベートーヴェンの交響曲第5番「運命」というバリバリの名曲プログラム。

リハーサルの前半はベートーヴェンの「運命」から。
タタタ・タンというリズムと3度のハーモニーという、いたってシンプルな素材で構築された奇跡のシンフォニー。
咽頭癌に打ち勝ち’運命の扉’を自ら開いた井上道義が指揮する「運命」。
ぜひライブでお聴きください。

そして、リハーサル後半には、世界屈指のチェロ奏者マリオ・ブルネロの登場です。
先週は京都でアントニオ・パッパーノ指揮、サンタ・チェチーリア国立管弦楽団をバックに、やはりドヴォルザークの協奏曲を演奏したばかりのマリオ・ブルネロ。

第1楽章のホルンソロの美しいメロディがバッチリ決まった瞬間、ブルネロの闘志に火が付いた気がしました。
1600年代製の「マッジーニ」から紡ぎだされるチェロの調べは、繊細にして豊潤。
このサウンドはCDでは伝わらないと思います。
やはり、ライブでお聴き頂くしか手はありません。

平日の昼間ではありますが、ぜひお越しくださいませ。

「マチネ・シンフォニーVol.12」の詳細についてはコチラをご覧ください。


皆さまのご来場をお待ちしております。

(広報:H.I)

スポンサーサイト

| 演奏会 | 20:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT