PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「第483回定期」は大盛況のうちに終了しました!

94歳の巨匠ヴィンシャーマンの「マタイ受難曲」は、とてもドラマチック!
そしてとても温もりのあるバッハでした。
何と言っても94歳の現役最高齢指揮者です。
年齢的な問題もあり饒舌なタクト、という訳ではありません。
それだけに、マエストロのイメージを少しでも理解しようと奏者やソリスト、合唱のメンバーも凄い集中力で臨んで、あのパフォーマンスが生まれました。

!cid_53944EDA-1432-47EA-A449-92976E0B7BF2.jpg
(C)飯島隆

リハーサルからツイッターでは、リアルタイムに状況報告をさせていただいて来ました。
ツイッターで呟いた中から、本番の写真を何枚かご覧ください。

「マタイ受難曲」カーテンコールの様子はコチラをご覧ください。


カーテンコールのソリストの皆さまの写真はコチラをご覧ください。 (C)飯島隆


ヴィンシャーマンの指揮姿はコチラをご覧ください。 (C)飯島隆


終演後の記念写真はコチラをご覧ください。


      IMG_2893.jpg

マエストロ・ヴィンシャーマンのラストショットが、合唱団主催の打ち上げで挨拶をされるこの写真。
「この日の演奏は、これまでの演奏と比較しても大変満足のいくものだった!」
マエストロよりお褒めの言葉をいただき、出演者、事務局スタッフ一同、大喜び(笑)。

笑いと喜びに溢れた打ち上げでしたが、最後はなんとなくしんみり。
「もう一度ヴィンシャーマンと音楽作りがしたい!」
皆の願いが叶うのかどうか、現時点では判りません。
しかし、94歳でマタイ全曲を指揮する巨匠ヴィンシャーマンに不可能はありません。

「マエストロ、またお会いしましょう!」とお別れしました。

今回の定期演奏会にはたくさんの方にお越しいただきました。
特に二日目は、コチラが驚くほど当日券が出ました。
ご来場いただきました皆様に、この場を借りて御礼申し上げます。

いよいよ12月、「第九」シーズンに突入です!
どうぞ引き続き、大阪フィルをよろしくお願い申し上げます。

(広報:H.I)

スポンサーサイト

| 定期演奏会 | 12:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT