PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「第9シンフォニーの夕べ」は、本日19時もございます!

大阪フィル伝統の「第9シンフォニーの夕べ」初日が終了しました。

昨日はちょうど創立名誉指揮者・朝比奈隆の命日です。
朝比奈が亡くなったのが2001年の12月29日なので、13年が経過しました。
その間、大阪フィルは大植英次の時代を経て、井上道義の時代に入っています。

シェフを変えながら、本拠地を変えながらも、音楽に対する情熱だけは変わることなく胸に秘め、大阪フィルはここまで頑張って来ました。
色々なことがあった2014年も、本日の「第9シンフォニーの夕べ」2日目で終了です。

5K5A6733.jpg
(C)飯島隆

今回の指揮者は、3度目の顔合わせとなるユベール・スダーン。
スダーンの第9は・・・
当初、快速テンポで疾風怒涛のごとく駆け抜けていく颯爽とした印象でしたが、リハーサルを重ねマエストロの意図がオーケストラに浸透し始めると、歌わせるところはしっかり歌わせ、メリハリの付いた心地良い音楽だと個人的には感じました。

今年、まだ「第9」を聴いていないという皆さま。
「第9」聴いたけど、あまり印象に残っていない、と言われる皆さま。
スダーンと大阪フィルの「第9」を、ぜひお聴き頂きたいと思います。

大阪フィルの「第9」は見どころ、聴きどころが満載です。
今朝から連続ツィートしていたツイッターの記事をコチラでご紹介いたしましょう。

スダーンの登場と演奏終了の瞬間の光景はコチラのツィートをご覧ください。


ソリストの皆さまの歌唱シーンはコチラのツィートをご覧ください。


今回が最後のステージとなるコンマス渡辺美穂の勇姿はコチラのツィートをご覧ください。


「第9シンフォニーの夕べ」恒例の演出はコチラのツィートをご覧ください。


どうぞ今からでも大阪中之島のフェスティバルホールにお越し下さい。
スダーンと大阪フィルそして豪華ソリスト、合唱団による「第9」を聴けるラストチャンスです!
当日券は18時より、フェスティバルホール正面入り口で販売いたします。

(広報:H.I)

「第9シンフォニーの夕べ 」

日 時:12月30日(火)19時開演(18時開場)
会 場:フェスティバルホール
指 揮:ユベール・スダーン
独 唱:秦茂子(ソプラノ)、福原寿美枝(アルト)、福井敬(テノール)、河野克典(バリトン)
合 唱:大阪フィルハーモニー合唱団
曲 目:ベートーヴェン/交響曲 第9番 ニ短調 作品125 「合唱付」
料 金:A席:6,000円、B席:4,500円、C席:3,000円、BOX席は完売
※当日券は18時より販売致します。
※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。
問い合わせ:大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890


スポンサーサイト

| 演奏会 | 15:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT