PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

兵庫県立芸文センターに鳴り響いた井上道義のブルックナー!

兵庫県立芸術文化センター特別展「大ブルックナー展Vol.1」は先週の土曜日、大盛況のうちに終了しました。
ご来場いただきましたお客さまにはこの場を借りて感謝申し上げます。

首席指揮者・井上道義がブルックナーを指揮するのは、1985年の民音シンフォニーシリーズの交響曲第1番、2000年の朝日放送50周年記念のガラコンサートの交響曲第8番の4楽章についで3度目。
以前、2000年の第8番4楽章だけとお知らせしましたが、お詫びの上訂正いたします。

客席数2000席、4層構造の大きなホールいっぱいに、荘厳にして華やかなブルックナーサウンドが鳴り響きました。

!cid_7883082C-91A0-4688-B3B9-ED8CBDACE001.jpg
(C)飯島隆

井上道義のブルックナーは、ゆったり堂々と流れて行きます。
そして、オーケストラが奏でるトゥッティの響きはまさに音の大伽藍!
朝比奈隆、大植英次とも違う、新たな井上道義のブルックナー伝説が始まりました。

いつものように、本番の写真を付けて呟いたツイッターをご覧ください。
本番の様子が良くわかると思います。

「大ブルックナー展」本番に関するツィートはコチラをご覧ください。


「大ブルックナー展」本番に関するツィートはコチラもご覧ください。


「大ブルックナー展」本番に関するツィートはコチラもご覧ください。


「大ブルックナー展」本番に関するツィートはコチラもご覧ください。


「大ブルックナー展」はこの後も続きます。
次回は6月27日(土)に交響曲第7番を。
そして12月5日(土)には交響曲第4番「ロマンティック」を、他1曲とともに演奏します。
出し惜しみなし、人気の曲から演奏していく井上道義と大阪フィルのブルックナー・シリーズにご期待ください!

このシリーズは兵庫県立芸術文化センターの皆さまの手で企画・運営されています。
ゲネラルパウゼの間も音がしっかり響き、大ホールはブルックナーを演奏するにはうってつけの会場。
ご一緒させていただけて大変光栄です。
公演中も大変お世話になり有難うございました。 

それでは皆さま、コンサートホールでお待ちしております。

(広報:H.I)

兵庫県立芸術文化センター特別演奏会
「大ブルックナー展」Vol.2

日 時:6月27日(土)15:00開演(14:15開場)
会 場:兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
指 揮:井上道義
独 奏:関本昌平
曲 目:モーツァルト/ピアノ協奏曲 第23番
    ブルックナー/交響曲 第7番 ホ長調
料 金:A席:5,000円、B席:4,000円、C席:3,000円、D席:2,000円
※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。
※チケットは好評発売中! 


スポンサーサイト

| 演奏会 | 13:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT