PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

若きマエストロが「展覧会の絵」でザ・シンフォニーホールデビュー!

「ソワレ・シンフォニーVol.5」は盛況のうちに終了しました。

若きマエストロ垣内悠希は、爽やかにザ・シンフォニーホールデビュー!
これぞオーケストラサウンド!
弦楽器も管楽器も打楽器も大活躍し、個人技でもアンサンブルでもお客さまを魅了した「展覧会の絵」は、若きマエストロの熱き思いにオーケストラが応える形で生まれた極彩色の絵巻物のようでした。

そしてショパンのピアノ協奏曲第2番は、
ソリストを務めた若き実力派、ピアニスト山本貴志さんとマエストロが共に作りだしたショパン初恋の調べ。
第2楽章の美しさは特筆ものでした。

IMG_8301.jpg

コンチェルト終了後の二人の表情は、とても晴れ晴れとしたもの。
記念撮影にも気さくに応じて下さいました。

山本貴志さんはショパンコンクール入賞後、ザ・シンフォニーホールで演奏される機会が多いピアニスト。
垣内悠希さんも今後、このホールの指揮台に立つ機会は増える事でしょう。
この日の演奏はしっかりと記憶に留めておきたい!
皆さまに大変心地良い音楽をお届けする事が出来たと思います。

いつもより少し遅めに始まる「ソワレ・シンフォニー」。
働き盛りのビジネスマンやOLの皆さまに余裕を持って聴いて頂きたいと設定した開演時間が19時半。
コンサートの中身も、フレッシュな指揮者とソリストで、名曲をお届けしていこう!
予定していた通り、当日券もたくさん出ました。

次回の「ソワレ・シンフォニーVol.6」は、11月にこのお二人でお届けします。

    【ソワレ⑥】チラシ表

三ツ橋敬子さんの指揮、木嶋真優さんのヴァイオリンで、
ロッシーニ歌劇「ウイリアムテル」序曲、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲、ストラヴィンスキー「火の鳥」(1919年版)を演奏します。
今回もバリバリの名曲を皆さまにお聴きいただきます。

チケットは現在好評発売中です。 良い席はお早めにお買い求めください!

(広報:H.I)

大阪フィル×ザ・シンフォニーホール<ソワレ・シンフォニー>Vol.6

日 時:11月17日(火)19:30開演(18:30開場)
会 場:ザ・シンフォニーホール
指 揮:三ツ橋敬子
独 奏:木嶋真優(ヴァイオリン)
曲 目:ロッシーニ/歌劇「ウィリアム・テル」序曲
    メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
    ストラヴィンスキー/バレエ組曲「火の鳥」(1919年版)
料 金:3,500円(均一指定・税込)

※未就学のお子さまのご入場はお断りさせていただきます。

チケット販売所
大阪フィル・チケットセンター 06-6656-4890
ザ・シンフォニー チケットセンター 06-6453-2333
チケットぴあ 0570-02-9999【Pコード:251-002】
ローソンチケット 0570-000-407【Lコード:58016】


スポンサーサイト

| 演奏会 | 10:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT