PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新年度スタート

本日より新年度がスタートしました♪
大植監督と大阪フィルのファイナルシーズンいよいよ幕開けです

ところで皆さま、2011/2012パンフレットはもうご覧いただけましたでしょうか?

年間パンフレットをごらんいただいて何かお気づきになりましたか?

・・・そうです、定期演奏会1回1回のフォントがバラバラなんです↓
  しかもフォントが切れてます

そして大植監督の写真の周りには謎のぐるぐるが・・・↓
   年間B2ポスター
「静かに燃えている炎のようですね」とおっしゃるお客様もいらっしゃいました

   ちなみにチラシもぐるぐる

お気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが・・・このぐるぐるの正体は、実はそれぞれの定期演奏会のフォントで「Oue & Osaka Phil」の「O」10回分を重ねた「O」なんです。
この幾重もの「O」は、大植監督と大阪フィルの分厚いサウンド、歴史、響きを表しています

“なにこのぐるぐる・・・”と思っていらっしゃる皆さま、一度「協調性のあるO」と思って見てみてください。見え方が変わってくるかもしれません

本年も大阪フィルは静かに‥いや激しく燃えます!宜しくお願いいたします

| 日常 | 19:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「東日本大震災チャリティコンサート」記者会見

本日『東日本大震災チャリティコンサート』の記者会見 が行われました。
冒頭から大植監督「これは皆さまに向けたお願いだから座って話すわけにはいかない」と直立不動の姿勢で始まった記者会見、やはりそれは大植節全開の熱い熱いものでした。
立ったまましゃべる

そして今回のコンサートは祈りのコンサートです。 みんなで一緒に祈って、すこしづつ硬い表情が柔らぎ笑顔も見られ楽しくなって、未来へ、新たなる世界へ向かって頑張ろう!というコンサートなんです」と。

今度は座ってしゃべる

それをカタチにしたのが今回のプログラム。 
「1曲目のバーバー/アダージョでみんなで一緒に祈りたい。 次のモーツァルト21番のピアノコンチェルトは楽しんでもらいたいから今回弾き振りをします。ドイツでもこの曲を弾いたのですが、1回間違えたら千円募金します、みたいなルールで弾いて、最後に4回間違えたので4千円募金します!って。思わずみんな笑顔なんですね。それがいいんだと。そんなカンジで聴いてもらいたいですね。 マーラー/アダージェットではとにかく曲の美しさに浸って欲しいです。 そしてドヴォルザーク/新世界。 新たなる世界に向かってみんなで力を合わせて頑張るぞ! と最後は元気の出るプログラムです」

監督は明日いったんドイツに戻ります。4日にシュトゥットガルトでドイツ在住日本人音楽家主催のチャリティコンサートを指揮するために。 そして翌日一番の飛行機でとんぼ返り。 自分のすべてを投げ出して人のために奔走する大植監督。 
「“音楽家”である前に“人間”だから・・・」 という大植監督と一緒に私たちは7日に『東日本大震災チャリティコンサート』を開催します。  チケットは明日発売です。 コンサートは1週間後・・・。
皆さまよろしくおねがいします

『東日本チャリティコンサート』
日 時:平成23年4月7日(木) 午後7時00分開演
会 場:ザ・シンフォニーホール
指揮・ピアノ:大植英次
管弦楽:大阪フィルハーモニー交響楽団
曲 目:バーバー/弦楽のためのアダージョ作品11
    モーツァルト/ピアノ協奏曲第21番 ハ長調K467番より第2楽章
    マーラー/交響曲第5番 嬰ハ短調より第4楽章“アダージェット”
    ドヴォルザーク交響曲第9番 ホ短調「新世界より」 ほか
料 金:全席指定2,000円
発売日:3月31日(木)
販売所:大阪フィルチケットセンター・・・06?6656?4890
     ABCチケットセンター(ザ・シンフォニーホール内)06?6453?6000
     電子チケットぴあ・・・0570?02?9999 (Pコード136?052)
     ローソンチケット・・・0570?000?407 (Lコード54168)


今回のコンサート、伝説のコンサートになることは間違いなしです。そしてもちろん名演の予感が。
まだまだこのコンサートの存在自体、知られていません。 ブログの読者の皆さま!どうかクチコミで広めていただけるとありがたいです。 クチコミ関連で最後にひとつ。 「大阪フィル公式ツイッターをいよいよ始めます!」 こちらは様子を見つつ、ボチボチ運用方法を決めていこうと考えています。 読者の皆さまの熱い思いに負けないように事務局スタッフも頑張りますので、フォローのほうをよろしくお願いします。 

| 日常 | 20:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

はじめましてオーケストラ練習日

大阪市内の中学生が大阪フィルと共演する毎年恒例の「はじめましてオーケストラ」。
今年は3月6日(日)に開催いたします。本日はその練習日でした!

練習風景↓
はじオケ練習風景

総勢267名の吹奏楽部員たちが大阪フィルハーモニー会館で合同練習をしました。
全員で合奏すると大迫力!来週の本番が楽しみです!

| 日常 | 18:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

明日はスペシャルライブ♪

明日はいよいよスペシャルライブ、本番です♪
本日も引き続き練習を行っております。

今回のスペシャルライブを締めくくる曲は「シバの女王ベルキス」
レスピーギならではのダイナミックで重厚なサウンドはまるで音の洪水です!

そんなベルキスに出てくるのが、コチラ↓
孤独のラッパ吹き
トランペットバンダの篠です。
出番の4楽章までそわそわしながらながら待ち続けています
このバンダのトランペット・ソロは元々はテノール歌手のソロだそうで、他の楽員から「歌わなきゃ?」といじられていました。
彼も中学生からトランペットを始めた、いわゆるブラス小僧で、ベルキスについて聞いてみると「福工大や野田高の名演がっ??」と、想い入れも熱いようでした!
本番では、美しいソロにぜひご注目ください♪

練習終了後の1枚。中川英二郎さん、丸谷先生、下野さんです↓
中川さん、丸谷先生、下野さん
御三方とも常に笑顔で、とっても楽しそうです!明日の演奏会も120%お楽しみいただける内容となっておりますので、ぜひ西宮の芸術文化センターまで足をお運びくださいませ★
ご来場お待ちしております!

| 日常 | 21:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

記者会見

本日、大植英次 音楽監督による来シーズンに向けた記者会見を行いました。
エイジ オブ エイジ The Final Season と銘打った2011年度のシーズン。これが大植監督の最後のシーズンとなります。大植監督は、これまで自分と大阪フィルを支えていただいたファンの皆さまへの感謝の言葉に続き、今年のプログラムに対する熱い想いを語りました!
監督の抱負や意気込みは順次、新聞や専門誌などで報道されると思いますので、そちらを楽しみに待ちたいと思います。

スケジュールの点では既に年間パンフなどで定期演奏会の曲目やチャイコフスキー・セレクションの内容は発表していますのでご承知の方も多いと思いますが、本日新たに・・・「シーズン最終日にあたる3月31日にザ・シンフォニーホールで大植監督指揮により特別演奏会を開催する。(曲目未定)」ことを発表いたしました!

自慢の作曲者自らの手による直筆譜を片手に、終始穏やかな口調で語る監督。
笑顔で語ります→嬉しそうに語ります!

次回の来日は新シーズン開幕の定期演奏会と京都特別演奏会に合わせた4月。ジャズピアニストの小曽根真さんとの黄金デュオ復活に今から期待が高まります!

第447回定期演奏会
日時:4/14(木)、15(金)19時開演(18時開場)
場所:ザ・シンフォニーホール
指揮:大植英次 ピアノ:小曽根真
〈プログラム〉 
 バーンスタイン/交響曲第2番「不安の時代」
 シベリウス/交響曲第2番ニ長調作品43
料金:A席6000円 B席5000円 C席4000円
※未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

京都特別演奏会?大植英次スペシャル?
日時:4/19(火)19時開演(18時開場)
場所:京都コンサートホール大ホール
指揮:大植英次 ピアノ:小曽根真
〈プログラム〉 
 モーツァルト/ピアノ協奏曲第9番変ホ長調“ジュノム”K.271
 マーラー/交響曲第1番ニ長調「巨人」
 料金:S席5000円 A席4000円 B席3000円
※未就学児童の入場はお断りさせていただきます。

ご来場お待ちしてます!記者会見


お買い求めは大阪フィル・チケットセンターまで↓
06?6656?4890 平日10時?18時 土曜10時?13時
ホームページhttp://www.osaka-phil.com/ 

| 日常 | 17:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT