FC2ブログ

≫ EDIT

第517回定期演奏会~尾高忠明就任披露演奏会~(2)

   「第516回定期演奏会」、無事終了いたしました。遠方からも大勢、お越しいただいていたようでありがとうございました。レアプログラムということもあり、この曲目が取り上げられるのを何年も待っていた!という方々から熱いコメントもいただきました。
 
 17/18シーズンの定期演奏会は、こちらが最後。いよいよ来月からは、新たなシーズンがスタートします。そして、次回「第517回定期演奏会」といえば、尾高忠明音楽監督就任披露演奏会。大阪フィルにとって、新たな歴史の扉を開く、重要な演奏会です。

 
 一昨年11月に就任発表以来、1年余しの時間をかけて、音楽監督就任への準備をしてきたマエストロ。「ミュージックアドヴァイザーとしての1年間は婚約期間のようなもの。4月からいよいよ結婚という感じ」と、大阪フィルとのこれまでとこれからの関係の違いを話すマエストロ。「4月からいいスタートが切れるのでは、と楽しみにしている」と語ります。

 マエストロは神奈川県出身ですが、朝比奈/大阪フィルという存在については子どもの頃から見聞きしていて、当時日本ではマイナーな存在だったブルックナー作品にくりかえし挑んでいく姿に強い印象を抱いていたとのこと。就任披露演奏会も、大阪フィルのトレードマーク、ブルックナー8番で臨みます。

 すでに大阪にマンションを借り、ひとりで地下鉄で移動をしながら、大阪の街や人との出会いを楽しんでいるマエストロ尾高。「ひとつの指揮者とひとつのオーケストラが、じっくりと腰を据えてひとつのものを作り上げていく、という原点に立ち帰りたい」と抱負を語ります。

 大阪フィルの新たな出発となる「第517回定期演奏会」へどうぞお越しください!
517_convert_20180214120441.jpg

| 未分類 | 14:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第516回定期演奏会

 このたび大阪フィルは「平成29年度大阪文化祭賞」を受賞いたしました。
 こちらの賞は、昨年2月の「第505回定期演奏会」(指揮:井上道義、ショスタコーヴィチ/交響曲第11番・第12番)と昨年7月の「バーンスタイン/ミサ」(指揮・総監督:井上道義) の二公演が高く評価されての受賞となりました。すでに発表されております「音楽クリティック・クラブ賞」「大阪文化賞」(後者は代表してマエストロが受賞)に続いての受賞。私たちにとっても忘れがたい経験となったふたつの演奏会での受賞、大変光栄に思っています。

 ショスタコーヴィチといえば、今週末の「第516回定期演奏会」で再び、マエストロ道義と取り組みます。

516縲€莠穂ク企%鄒ゥ_convert_20180305184045 

 2014年の首席指揮者就任以後、4番⇒7番⇒11・12番 と取り組んできましたが、今回は2番と3番。作品番号14と20という数字の示す通り、ショスタコーヴィチ若き日の作品です。それぞれ30分弱の短い作品ですが、そこにギュッといろいろなアイディアが濃縮された意欲作です。2番(1927年初演)の「十月革命」は12番(1961年初演)「1917年」と同じ出来事を描いていますが、ずいぶん印象が異なります。昨年の演奏会を聴かれた方はさまざまな感慨とともに楽しんでいただけることと存じますが、聴いていない方も若いショスタコーヴィチのエネルギーを感じていただければ、と思います。美しさだけではなく、作品に潜む凶暴さ、冷酷さも鋭く描き出す道義のショスタコーヴィチ、ぜひ会場でお聴き下さい!

DSC04008_convert_20180305183513.jpg 
2月8日に行われた「大阪文化賞」受賞式の模様。

| 未分類 | 20:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

学生券のご案内

  先週の「第515回定期演奏会」には、きびしい寒さの中大勢ご来場いただきありがとうございました。特にこちらの演奏会、若いお客様の数が非常に多く、2日間あわせて400名を超える学生の方にご来場いただきました。吹奏楽アレンジが有名な「ローマの祭り」や「松」、オリジナルの感想はいかがでしたでしょうか?また、バンダを用いた立体的な響き、会場が固唾をのんで見守る弱音の緊張感など、ライブならではの味わいもお楽しみいただけたのでは、と思います。

 これからの演奏会で、学生券の設定があるものをまとめてご紹介いたします。

★まずは次回の定期演奏会。マエストロ井上道義によるショスタコプログラムです(3月9日・10日)!大阪フィルの定期演奏会は3階席を学生券1000円(25歳以下の学生の方。当日学生証の提示が必要)で販売しています。今回演奏する第2番&第3番はショスタコーヴィチ初期の作品。最後の部分だけ合唱が入ったり、突然サイレンのような音がなったり、色々なアイディアが盛り込まれており、若い勢いを感じます。

516縲€莠穂ク企%鄒ゥ_convert_20180221211151 

 ★三田市・郷の音ホール開館10周年記念コンサート(3月4日)。こちらは高校生以下の方は1000円でご鑑賞いただけます。昨夏の「バーンスタイン/ミサ」、大詰めの場面で素晴らしいソロを披露した込山直樹くんも特別ゲストとして出演。お問い合わせは郷の音ホールまで。

荳臥伐_convert_20180221211910


 


★つづいて高槻現代劇場での「みんなで聴こう☆オーケストラ」(5月13日)。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲とチャイコフスキー「悲愴」という本格的なプログラム、学生の方は1000円で楽しめます!住宅地の中にあるホール、近隣の方はぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

鬮俶ァサ_convert_20180221211231



★最後に、「大阪フィルのメンバーによる弦楽合奏の愉しみ」(4月13日吹田メイシアター、14日大阪フィルハーモニー会館)。こちらも25歳以下の学生の方は、1000円でご鑑賞いただけます。曲はヴィヴァルディ「四季」とメンデルスゾーン「八重奏曲」。指揮者なし、コンサートマスターを中心とした濃密なアンサンブルをお楽しみ下さい!

蜀咏悄・・・蛾」ッ蟲カ髫・convert_20180221210942 (C)飯島隆 


 また、4月以降の定期演奏会につきましては、学生定期会員制度http://www.osaka-phil.com/news/detail.php?d=20180131 も開設しました。 ぜひこれからも気軽に演奏会に足を運んでみて下さい!

| 未分類 | 22:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第517回定期演奏会~尾高忠明音楽監督就任披露演奏会~

1月末に2018/19シーズン定期演奏会・1回券発売。今週からは5月スタートの「ベートーヴェン交響曲全曲演奏会」の5回セット券が発売になるなど、新シーズンスタートに向けての準備が着々と進んでいます。

517_convert_20180214120441.jpg  beethoven_convert_20180214120518.jpg


すでに発表しているとおり、4月から大阪フィルは尾高忠明氏を音楽監督に迎えた新時代に入ります。注目の就任披露演奏会の曲目として選ばれたのは、ブルックナーでした。
ブルックナーの作品の中では演奏時間80分に及ぶ最も大きな作品8番。「とても立派で、大きな山に登るような感覚」とマエストロは語ります。

もちろん大阪フィルにとって、ブルックナーというのは創立者朝比奈隆とくり返し演奏をし、楽団の名を高めた重要なレパートリー。この作品で第一歩を踏み出すというところに大きな覚悟を感じます。

前半は三善晃氏の「ノエシス」。英国で長年活動されてきたマエストロは、日本のオーケストラとして母国の作品を大切にするのは大切なこと、と語ります。この「ノエシス」はかつてマエストロが東京フィルと初演を行い、以後くり返し海外でも取り上げている曲とのこと。先週、武満徹氏の映画音楽を演奏会でまとめて取り上げたところ日本的な静謐な美しさが好評でしたが、今回三善作品が大阪のお客様にどのように受け止められるかもとても楽しみです。

これから新聞、ラジオ等、演奏会以外でも尾高忠明を見かける機会が増えることと思います。
どうぞよろしくお願いいたします!

BR8A4873_convert_20180214110348.jpg 
撮影:飯島隆

| 未分類 | 12:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中学生のための音楽会@静岡

 厳しい寒波が到来する中、オーケストラは5年ぶりに静岡・グランシップへ。

 「グランシップ 中学生のための音楽会」はその名の通り、中学生を対象としたオーケストラコンサート。静岡県文化財団の主催で県全域から中学生がやって来ます。「中学卒業までにどの子も一度はホールでオーケストラを聴く機会を」ということで続けられてきたこちらの演奏会。住んでいる地域によって演奏会が開催される数が異なりますし、また都市部に住んでいたとしても、小中学生の時期は家庭環境などによっても体験機会に偏りが出ますので、学校行事の一環としてどのこも均等に機会を持てるのは素晴らしいことですね。また少し余った席は一般に販売しているのも、大変合理的ですし、県の取り組みを知っていただく点でもとてもいいことではと思います。今回は4公演すべてが満席に!(第1公演は残念なことに大雪の影響で来られなかった学校がありました)

 曲目も、いわゆる “子ども向け” の内容ではなく、しっかりとした本格的なものを、ということで、ビゼー「子供の遊び」&プロコフィエフ「シンデレラ」を演奏。二作品のテーマは中学生の皆さんにも親しみやすいものだと思います。一方、近現代の作品は授業や普通の音楽鑑賞会では取り上げられる機会が少ないですが、プロコフィエフの音楽は若い人たちの耳にどのように響いたのでしょうか。「シンデレラ」は楽器の種類も多く、カラフルな印象の作品。有名な12時の時計が鳴る場面で効果的に使われてるチャイムやウッドブロック、チェレスタやハープのメルヘンな響きなど各楽器が効果的に使われているのも注目ポイントです。
 あと2公演、また聴いてみたい、と思えるような演奏会になるよう頑張ります!
  
DSC03956_convert_20180124030423.jpg 

 
DSC03951_convert_20180123115615.jpg

 ホールの入居しているビル・10階から撮影した富士山🗻。楽屋口からもきれいに見えました。

| 未分類 | 02:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT