≫ EDIT

第507回定期演奏会

DSC02245_convert_20170421193455.jpg 
 
 来週25日&26日は、2017/18 シーズン最初の定期演奏会です。先週も記念イベント第1弾として展示会を行いましたが、今年は大阪フィルにとって創立70周年、アニヴァーサリーイヤーにあたります。
 シーズン最初の演奏会、指揮は桂冠指揮者・大植英次。今回は「長きにわたり支えて下さった大阪市民のためのセレブレーション」「(戦後の)大阪に希望をもたらした創立者・朝比奈隆フェスティバルにしたい!」 と大変な意気込み。エネルギッシュなベートーヴェン7番、生命力あふれるカルミナ・ブラーナにご期待ください!

 定期演奏会2日目となる26日(水)は大阪フィルの前身、関西交響楽団第1回定期演奏会が開催された日。まだまだ物資不足で楽団員の服や靴の調達に直前まで奔走した、というエピソードが残っておりますが、そのような厳しい状況でも演奏会に足を運んでくださったお客さまに支えられ、演奏会を重ねていき、いよいよ創立70年の日を迎えます。

 これからの80周年、100周年に向けて、明るいスタートが切れるよう、そしてお客さまの記憶に残るような良い演奏となるよう練習を重ねてまいりますので、どうぞ25・26日、フェスティバルホールへお越しください!  
DSC02246_convert_20170421210929.jpg

| 未分類 | 21:18 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪フィル創立70周年記念展示会

 先週末、4月13~15日にかけて、大阪フィル創立70周年記念展示会「大阪フィルと朝比奈隆」を開催いたしました。
 会場は、大阪府立中之島図書館。明治37年(1904)開館の威風堂々とした建物です。
 DSC02204_convert_20170417135823.jpg


 中は朝比奈コーナーと大阪フィルコーナーに分かれており、朝比奈コーナーには朝比奈が自宅で使っていた机、本棚、オーディオセット等を展示。中之島図書館のレトロな雰囲気とよく合います。
 スコアの入っている本棚は、大型のスコアが入るようにあつらえた特注品です。小さい方の本棚には、外国訪問時に買い集めたと思われるポケットスコアがずらり、多彩なラインナップに驚かれた方もおられたのでは?
 
DSC02187_convert_20170412222008.jpg
  
 大阪フィルコーナーでは、大植英次(2003~2012.3、音楽監督)、井上道義(2014~2017.3、首席指揮者)、ふたりのマエストロのインパクトある姿も。
 DSC02189_convert_20170417150800.jpg   DSC02190_convert_20170417150822.jpg


 そのほか、指揮者・下野竜也さん、ジャーナリスト・岩野裕一さん、テノール歌手・林誠さん、大阪フィルOB・中谷満さんをお招きしてのトークイベント等も開催。最後は大阪フィル楽団員による弦楽四重奏で締めくくりました。3日間でお越しいただいた方の数は約1200名、大勢ご来場いただきありがとうございました。

| 未分類 | 15:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

4大オーケストラの響演2017


  今日は2017/18シーズン最初の練習日でした。角田鋼亮指揮で明後日(8日)、「4大オーケストラの饗演」のためのリハーサルです。在阪四つのオーケストラが一堂に会するこちらの演奏会。それぞれのオーケストラが各々の個性をアピールするため、どの作品を選ぶのかも興味深いところですが、今年の大阪フィルが選んだのはリヒャルト・シュトラウスの「ドン・ファン」。角田鋼亮の若いエネルギーと、大阪フィルの持つスケールの大きさの融合を、お届けいたします。
 
 3回目となるこちらの演奏会、ことしは開演30分前から金管楽器によるファンファーレ演奏、ホルンアンサンブルの演奏、4人の指揮者のプレトークなど盛りだくさん。さらに終演後にはお楽しみ抽選会も予定しております。チケットは残りわずか。当日券が出るかどうか、本日時点で未定という状況ですので、早めの確保をおすすめいたします。
お問い合わせはフェスティバルホール(06-6231-2221)へ。 

http://www.festivalhall.jp/program_information.html?id=1160

 

 
 また今月は大阪フィルにとってはじめての取り組みとなる 「ドラゴンクエストコンサート~Ⅳ導かれし者たち~」(指揮:角田鋼亮)や、創立からちょうど70年となる4月26日には「第507回定期演奏会」(指揮:大植英次)など様々な公演を予定しております。

 今シーズンもどうぞよろしくお願いいたします!
20170119111742_00001_convert_20170406170020.jpg 

| 未分類 | 17:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ザ・シンフォニーホール 特選コンサート

 本日は毎年恒例、小林研一郎さん指揮による「ザ・シンフォニーホール 特選コンサート」。今年はソリストに及川浩治さんを迎え、ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番&チャイコフスキー/交響曲第4番というプログラム。チケットは補助席も含め完売、立見のお客様も多数で熱気にあふれた演奏会となりました。


 下はリハ―サル風景。マエストロは来月喜寿(77歳)を迎えられますが、以前よりもエネルギッシュになられた様子。毎回、本番の時と変わらない熱のこもった練習です。
DSC02163_convert_20170325195516.jpg
 
 
 次回、マエストロが大阪フィルに来られるのは、8月、こちらも恒例になりました『三大交響曲の夕べ』。
 「未完成」「運命」「新世界」。交響曲の名曲中の名曲をまとめて味わっていただける人気公演(今年で26年目!)です。チケット発売日は4月25日。クラシックのコンサートは行ったことがない、という方にもおすすめの企画ですので、ぜひ皆さんお誘いあわせの上、お越しください!

20170324200730_00001_convert_20170325202717.jpg

| 未分類 | 20:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第40回岐阜定期演奏会

  先週末は毎年恒例、大阪フィル岐阜定期演奏会でした。昭和52(1977)年、岐阜市民会館を会場にはじまったこちらの演奏会。以後毎年途切れることなく、今回が第40回。1995年からはサラマンカホールで開催しています。
  こちらはサラマンカホールのロビーの様子。ご覧のとおり、扉にも見事な装飾。美しいホールです。
 
  DSC02107_convert_20170313205855.jpg

  ホールの中はこのような感じ。写真では見えづらいですが、パイプオルガンにも楽器を手にした天使が3人乗っかっています。現地を訪ねられた方はぜひご注目下さい。
DSC02108_convert_20170313213326.jpg 
  
  今回の指揮は岐阜定期23年ぶりの登場となった尾高忠明さん。偶然ですが、そのときの演目も同じチャイコフスキーの「悲愴」。ソプラノは小林沙羅さん。テノールは今回大阪フィルとは初共演・城 宏憲さんでした。
DSC02117_convert_20170313205524.jpg   

  岐阜公演が終わると春到来、新シーズンが近づいてきたという感がします。大阪フィルの今シーズン最後の定期演奏会はいよいよ今週末。岐阜公演に続き、尾高忠明氏を指揮に迎えます。シーズンを締めくくる定期演奏会でもあり、4月よりミュージック・アドヴァイザー、来春より音楽監督に就任予定のマエストロ・尾高との新たなスタートとなる定期演奏会でもあります。どうぞ、今週金曜&土曜日、フェスティバルホールへお越しください!

| 未分類 | 22:05 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT